医学的な視点から栄養学を学べる。これは神戸学院大学の
栄養学部の大きな特色です。初代学長の森茂樹が体質改善による
健康科学を研究・教育するために設立した本学部では、
医療系を意識した科目を中心に栄養学教育を行ってきました。
本学部は現在までに約4000人の管理栄養士と
約800人の臨床検査技師を輩出しており、
病院や施設などで多くの卒業生が活躍しています。

  1. HOME
  2. 学びの特色

「食」と「医」の両分野に精通したプロフェッショナルへ。

神戸学院大学栄養学部では、「管理栄養学専攻」「生命栄養学専攻」の2専攻を設置します。
それぞれのカリキュラムを融合することにより、臨床検査結果を理解できる管理栄養士や栄養分野に強い臨床検査技師など、
医療の現場で活躍できる独自性のあるプロフェッショナルを育成することをめざします。

神戸学院大学 栄養学部 5つの強み

  1. 1神戸学院大学創設者の意思を受け継ぐ学部

    まだ対症療法が医療の主流であった1966年、体質医学の権威である森茂樹博士は、予防医療の時代の到来を予見し、我が国初となる男女共学の栄養学部栄養学科の単科大学を開きました。それ以来約半世紀、本学部は創設者の思いを受け継いで教育を発展させてきました。

    創設者 森茂樹

  2. 22016年、改組により2専攻設置 より高い専門性を磨く

    超高齢時代のいま、医療の現場ではより専門的な知識を備えた管理栄養士・臨床検査技師の活躍が求められています。本学部では、より高い専門性を備えた人材を育むために、2016年度から2専攻を設け、各領域をより深く学修しながら互いの分野も学べるカリキュラムを提供していきます。
    • 管理栄養学専攻 95名
    • 生命栄養学専攻 65名
  3. 3国家試験受験資格をはじめ、複数の資格を取得できる

    管理栄養学専攻では「管理栄養士」をはじめ「栄養士」、「栄養教諭」の資格を取得することができます。生命栄養学専攻では「臨床検査技師」の資格を取得することができ、さらに神戸総合医療専門学校との提携により、卒業後1年で「臨床工学技士」の資格を取得することも可能です。また、両専攻とも食品衛生法に基づく「食品衛生監視員」、「食品衛生管理者」の任用資格を取得することができます。

    • ★受験資格が得られる資格
    • ◆実務に就いた場合に得られる任用資格

    [管理栄養学専攻]

    • 管理栄養士★
    • 栄養士
    • 栄養教諭一種免許
    • 食品衛生監視員◆
    • 食品衛生管理者◆

    [生命栄養学専攻]

    • 臨床検査技師★
    • 臨床工学技士(卒業後1年)★
    • 食品衛生監視員◆
    • 食品衛生管理者◆
  4. 4医療系のほか、スポーツ系、一般企業など進路は多様

    近年、「医療」や「食」への社会の関心が高まると共に、卒業生の活躍のフィールドはさらなる広がりをみせています。医療系の施設で専門職として活躍するほか、食品メーカー、医薬品メーカー、スポーツ産業、外食産業、あるいは教育現場や公務員など、さまざまな進路が実現可能です。