神戸学院大学

経営学部の柳ゼミ生がラグビー・トップリーグの試合を盛り上げました

2017/12/14

IMG_0869
IMG_0869

 経営学部の柳ゼミ生が9日、ラグビー・トップリーグ「神戸製鋼コベルコスティーラーズVS近鉄ライナーズ」の試合を盛り上げました。
 同 ゼミは、2019年に日本で開催されるラグビー・ワールドカップ(RWC)に向けて、ラグビーを盛り上げていこうというテーマのもと、神戸製鋼コベルコスティーラーズと連携し、ラグビーを盛り上げる方法を考えてきました。
 先日、会場でトップリーグの試合を観戦し、応援から良い雰囲気を作ることが必要と考え、当日は応援小旗の配布やチャリティスティックの販売、試合前の応援練習などを手伝いました。今回はゼミ以外の学生も募り、私設応援団とともに「KOBEコール」などで応援を盛り上げました。
 リーダーを務めた溝口達也さん(三年次生)は「RWC2019まで2年を切り、開催地の一つである神戸に住む学生の立場から大会を盛り上げたいと考え取り組みました」と話しています。