神戸学院大学

南京町で学生が獅子舞を披露しました

2018/03/07

にぎやかな春節祭
にぎやかな春節祭
優雅な花架拳
優雅な花架拳
勇ましい龍舞
勇ましい龍舞
トリを飾る獅子舞
トリを飾る獅子舞

  旧正月を祝う春節祭が南京町(神戸市中央区元町)で2月11日に開幕し、16日にはイベント広場で、舞師団の長井孝一さんと谷川愛理さん(ともにグローバル・コミュニケーション学部2年次生)が、神戸市立兵庫商業高等学校舞獅団のメンバーとともに華やかな獅子舞を披露しました。そのほか、東京中国歌舞団、神戸華僑幼稚園、神戸中華同文学校舞獅隊、神戸華僑総会太極拳協会、神戸市立兵庫商業高等学校舞獅団、神戸華僑総会舞獅隊などが次々と変臉・雑技、歌、太極拳、獅子舞、龍舞を披露し、観客の拍手を浴びました。イベント広場は、大勢の人でにぎわい、華やいだ雰囲気に包まれました。長井さんは「大阪中秋名月祭や学内行事に何回も出場しましたが、南京町の春節祭は2回目です。中国文化への理解が深まり、すばらしい体験ができてよかったです」と嬉しそうに話しました。
 18日に閉幕した今年の春節祭の期間中に、約20万人の日本人観光客と外国人観光客が南京町を訪れ、中国の民俗文化を体験し、文化交流の楽しさを味わいました。                           
 南京町では1987年に初めての春節祭が催され、1997年に南京町春節祭は神戸市の地域無形民俗文化財に指定されました。日本三大中華街の1つである南京町は、今年生誕150周年を迎えました。