神戸学院大学

薬学部の山崎さんが最優秀発表賞を受賞しました

2018/04/06

 3月17日〜18日にパシフィコ横浜(神奈川)で開催された「日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018」で、薬学部5年次生(受賞当時)の山崎悠汰さん(臨床薬剤学研究室、指導教員:福島昭二教授)が最優秀発表賞を受賞しました。詳細は以下の通りです。

受賞演題:LC-MS/MSを用いたオシメルチニブの脳脊髄中濃度の測定法の構築

発表者:
山﨑 悠汰1、入江 慶1・2、南条 成輝3、泰 明登4、岡田 裕2、片上 信之4、福島 昭二1
 1:神戸学院大学 薬学部 臨床薬剤学研究室
 2:先端医療センター 薬剤科(現:神戸市立医療センター中央市民病院 薬剤部)
 3:先端医療センター 総合腫瘍科(現:カリフォルニア大学サンフランシスコ校 医学部)
 4:先端医療センター 総合腫瘍科(現:神戸市立医療センター中央市民病院 腫瘍内科)

所属:神戸学院大学 薬学部 臨床薬剤学研究室