神戸学院大学

人文学部の学生が兵庫県立明石公園のイベントでアンケート調査を実施しました

2018/02/26

 人文学部人文学科の学生が、2月24日・25日に行われた兵庫県立明石公園のイベント「冬の味覚市」に参加し、卒業研究のテーマ「明石城と緑の景観に関する研究」に関するアンケート調査を行いました。
 明石城が平成31年に築城400年を迎えるため、兵庫県は明石城築城400年に伴う記念事業中のひとつとして、明石城と緑の景観づくりを行う取り組みを行っています。明石城の魅力は、2つの三階櫓と、東西約380mに連なる石垣ですが、石垣周辺の樹木が成長し、石垣が見えなくなってしまったり、木の根により石垣が崩壊しているため、城周辺の樹木の剪定・除伐が行われようとしています。
 「城と緑の調和」について、利用者の意見を公園管理に活かすことを目的として、明石城と緑の景観に関するアンケート調査を実施し、2日間で200人以上の方にアンケート協力してもらいました。卒業研究のためだけでなく、公園管理にも活かすことのできる貴重な意見を得ることができました。