1. 神戸学院大学
  2. 文部科学省採択プログラム
  3. 大学教育・学生支援推進事業(学生支援推進プログラム)
  4. 趣旨・目的・達成目標

趣旨・目的・達成目標

(1)全体

<趣旨・目的>

本学学生を採用した企業の視点から本学の教育力の強み・弱みを検証し、正課及び正課外の教育プログラムを改善していく。あわせて、学生の就職活動をさまざまに支援していくことにより、就職活動を通して学生の自律的成長を促し、卒業後の進路に対する不安がなく、学業に打ち込める環境を整えることを本取組の趣旨・目的とする。

<達成目標>

本取組では、企業アンケートによる本学学生採用企業の満足度が本プログラム終了最終年度に開始年度比で10%以上、中期目標である5年後に20%以上向上することを最終目標とする。さらに、毎年の達成目標として進路支援体制の強化を通して進路内定状況把握率の前年比10%以上向上・本学学生の就職内定率が4年制大学の全国平均値に対して5%以上上回ることを目標とする。

(2)本年度

本補助事業の本年度の目的は、上記の趣旨・目的を達成するために、昨年度に引き続き、中期的な取組として本学学生採用企業にアンケートを実施し、企業の視点を正課や正課外の教育プログラムにフィードバックする。同時に即効性のある取組として、企業への募集継続状況調査、未内定学生に対する早期指導体制の確立、企業訪問の強化、相談体制強化のための進路相談員体制の継続等を行い、学生の就職活動支援体制の強化を図ることである。

ページトップへ