1. 神戸学院大学
  2. 文部科学省採択プログラム
  3. 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業
  4. 本学の取組

本学の取組

本学の取組 (テーマU)

本学は、テーマU「人材のミスマッチの解消をめざす産官学地域協働」に参画して大学の課題や成果を連携取組へ提供し、各委員会において、産業界ニーズが反映されているかを産官学協働で検証・評価、改善策を検討し、その成果を本学のキャリアプログラムに反映します。また、地元産業界等との連携を図ることで、学生の就労意識を高め、産業界ニーズに合致した教育プログラムの改善・充実を進めていきます。

本学が推し進める就業力科目の進め方

  • 卒業後の社会的自立を目的としたキャリア教育を入学直後から開始することで、どんな仕事(業界・職種)に就いたとしても必要とされる社会人としての基礎力「就業力」 を全学的かつ体系的に育成していきます。
  • 社会ニーズを把握した上で、教育内容の充実・改善に繋げていきます。

  • 学生一人一人が、様々な場面で能力を発揮できるように、学生自身が立てた目標(PLAN) を自ら実践(DO)し、振り返り(CHECK)の後に自ら改善(ACTION)を繰り返し行う中で、就業力を醸成し、なりたい自分への成長を促せるような授業を展開します。

実践的な授業で身につく就業力

  • 将来の進路をイメージしながらキャリアアップをはかります。
    企業等で活躍する方から生の声を聴く機会や、実際の企業活動や課題の中から学ぶ機会を多く設けるなど、産官学地域協働の学びを展開します。

ページトップへ