1. 神戸学院大学
  2. 文部科学省採択プログラム
  3. 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業
  4. 平成26年度開講科目

平成26年度開講科目

本学全ての在学生が就業力を身につけられるように共通教育科目として5科目が開講

就業力科目

KPC/KAC開講(遠隔) 産業界等連携講座

仕事で得たもの、仕事への取組姿勢など、目線の違いを理解し、学生生活へ応用できることや今後の過ごし方について考えよう。

定員200名/クラス 3年次以上対象
※抽選希望登録による事前申込要
■テキスト
プリント等を適宜配布
■提出課題
レポート
講義概要
外部講師として社会で活躍する方を講師として招き、社会人としての立場から、その企業・業界等の現状や、仕事で得たもの、仕事への取組姿勢等について講演いただくことで、職業についての理解を深めるとともに、今後の行動計画や、就職活動を踏まえ、どのように過ごしていくのかを考えます。
講義スケジュール(予定)
  • 前期
  • 2単位
回数 主  題 内  容
1 オリエンテーション 導入としてプログラム全体の流れについて理解する。
2 働くことについて 卒業後の社会人生活への意識を高めるため、企業等における人・物・課題との関わりを考える。また、次回以降の授業における受講上の注意点と、どのような視点で取り組むかについて理解を深める。
3〜7 企業等からの講師講演 業態・職種における働く上での視点の違いへの理解を深め、職業観、勤労観を醸成する。
8 振り返り(中間) これまでの受講を振り返り、後半の講義で取り組むべき課題について考える。
9〜13 企業等からの講師講演 業態・職種における働く上での視点の違いへの理解を深め、職業観、勤労観を醸成する。
14 振り返り 今後の行動計画をまとめ、レポートを作成する。
15 総括 これからの就職活動を踏まえ、今後の過ごし方を考える。
受講者の声
  • 就職活動準備期に、様々な業種・職種の方の話を聴き、実際の企業活動や多くの情報を得ることができます。後輩にもおススメの授業です。
  • 幅広い視野を持って行動することの大切さを学んだ。
  • 「今やるべきこと」を考えさせてくれた。
授業の流れ

授業の流れ

講義内容
POINT
  • 業界・業種の紹介
  • 社会人としての成功体験の道のり
  • 社会人としての失敗談
  • 学生時代の活動経歴・思い出
  • 就職活動の体験
  • 社会人として後輩に伝えておきたい思い
  • その他
参加企業について(2014年度予定) ※順不同
企業名 業種 所在地
(株)ノーリツ 製造 神戸市中央区江戸町
キング醸造(株) 製造 兵庫県加古郡稲美町
(株)メディセオ 卸売 東京都中央区八重洲
(株)トーホービジネスサービス 卸売 神戸市東灘区向洋町西
(株)上組 流通 神戸市中央区浜辺通
(株)ジャヴァホールディングス サービス 神戸市中央区港島中町
(株)三井住友銀行 金融 東京都千代田区丸の内
(株)みなと銀行 金融 神戸市中央区三宮町
神戸市 行政 神戸市中央区加納町
明石市 行政 明石市中崎
ページトップへ