• 神戸学院大学心理学科の特長
  • 社会参加する心理学
  • 4年間、どんなふうに学んでいくの?
  • 将来はどんな進路に進めるの?

神戸学院大学 心理学部の特長
神戸学院大学 心理学部の特長

実践で「こころ」を総合的に理解し、社会で活躍できる人物を育成

2018年4月、神戸学院大学に10番目の学部となる心理学部が開設。
より専門性を高め社会に対応したカリキュラムで、「社会参加する心理学」は新たなステージへと踏み出します。

Point 1「こころ」を総合的・多面的に理解

「こころ」の理解には、それを支える身体の仕組みや社会との関わりを学ぶことが重要です。心理学科では、感情や認知、発達といった従来の心理学的科目に加えて、人に対する生物学的理解や社会文化的側面から多面的にアプローチ。「こころ」を総合的・多面的に理解します。

Point 2地域で「社会参加する心理学」を実践

心理学科には、「社会参加する心理学」を実践する実験実習やフィールドワークの機会が豊富。医療、福祉、教育、産業、司法の各分野の学外実習なども実施し、幅広い知識やスキルを修得します。

Point 3多様な社会で活躍できる人材を育成

心理学は、こころの働きや行動を研究対象とするため、大変実践的な学問です。心理学科では、総合大学としての利点を生かした多彩な科目の学修により、多様な社会で活躍できる人材を育成します。

Point 4心理系の専門職につながる学びを修得

大学および大学院で資格試験に対応した科目の履修をし、大学・大学院を終了すれば、国家資格である公認心理師試験の受験資格が与えられます。卒業後に必要な知識を付加することで、言語聴覚士や精神保健福祉士など心理学に関わりの深い専門職も目指せます。

社会参加する心理学
社会参加する心理学

多様化・複雑化する社会のために心理学にできること

多様化・複雑化する社会のために心理学にできること

心が発する「かすかな声」に耳を傾けるだけではなく、すべての「心」に語りかける「社会参加する心理学」。
心理学のフィールドは身の回りにあふれています。

カウンセリングの現場
子育て、学校の現場
高齢者医療の現場

幅広い「現場」に関わりながら、心理学のおもしろさを一緒に体験し、心理系の専門職をはじめ将来の進路を広げる学びを目指しています

  • 公認心理師受験資格を得られるカリキュラム
  • 1年次からゼミへ配属
  • 少人数クラスで先生との距離が近い
  • アクティブラーニング
  • 豊富な参加型実習
4年間、どんなふうに学んでいくの?
4年間、どんなふうに学んでいくの?

社会で活用できる、高い専門性と実践力を身につける

社会で活用できる、高い専門性と実践力を身につける

1年次から演習を行い、公認心理師資格に対応した専門的なカリキュラムを展開。
学内外でのフィールドワークやインターンシップに参加する機会を多く設けています。

4年間の学びの流れ

1年次 実習や演習での「体験」からの学びを重視

1年次から「心理」を考えるきっかけとなる体験中心の実習が豊富なカリキュラムが用意され、少人数の演習(ゼミ)で学びます。他者の話を聴くことで、他者と接する態度・姿勢の大切さを体験します。

2年次 心理学のさまざまな分野の基礎を修得

公認心理師資格に対応した実習「心理学基礎実験実習」がスタート。人体構造から感情、発達、社会といった心理学の各分野を広範囲に学ぶことで、専門知識の土台を築きます。

3年次 多様な領域を学び実践する豊富な経験

2年次で修得した心理学の知識をベースに、医療、福祉、教育、産業、司法の各分野の法律や制度に関する学びも含めて学修。学内・学外施設での実習を経験し、主体的な行動力を身につけます。

4年次 現場実習が豊富、学修の集大成として卒業論文を完成

演習や、医療・教育・福祉・産業・司法分野の学外施設実習を経験し、各専門分野の学びなど4年間の学修の集大成として卒業論文を完成させることが必修です。卒業後は、企業・公共機関への就職のほか、専門職を目指して大学院や専門学校への進学の道も開かれています。

箱庭

箱庭を通じてクライアントは自分自身と対話する。それをお手伝いするのがカウンセラーです。

脳の役割を理解する

脳のどの部分でいかなる働きがあるかを理解し、脳と心のつながりについて学びます。

病院実習

診療現場と神経心理学的検査の現場を見学し、実習を行います。

子育てサロン

1歳~4歳児とその保護者を対象にした地域住民参加型の活動。保護者同士の交流の場にもなっています。

資格取得サポート

資格取得

(取得できる資格 取得を応援する資格) 認定心理士
認定心理士(心理調査)
高等学校教諭一種免許(公民)
公認心理師(大学院修了後)

公認心理師

公認心理師法が2015年9月16日に公布されました。心理専門職初の国家資格である「公認心理師」は、これまで、臨床心理士、臨床発達心理士、学校心理士といった民間資格で活躍されてきた心理職に、医療、教育、司法や産業といったさらなる活躍のチャンスが拡がることが期待されます。
※受験の条件として、大学および大学院での国家資格試験に対応した科目の履修が必要です。

将来はどんな進路に進めるの?
将来はどんな進路に進めるの?

社会のさまざまな分野で活躍する卒業生

社会のさまざまな分野で活躍する卒業生

人間心理学科で育んだ強みを活かし、一般企業、公務員、専門分野など、さまざまな分野で活躍しています。

主な進路実績(平成29年3月卒業生就職実績)

※人文学部人間心理学科の実績。2018年4月、心理学部心理学科に改組。

  • 明治安田生命
  • 日新信用金庫
  • 伊丹産業設備
  • 生活協同組合コープこうべ
  • 但馬銀行
  • 日本郵便
  • 日建リース工業
  • 鳥取県生活協同組合
  • 高知銀行
  • 警視庁
  • 大東建託
  • 株式会社新保哲也アトリエ ワッフルケーキの店R.L
  • 伊予銀行
  • 山陰放送
  • 株式会社湖池屋
  • 但陽信用金庫
  • 船井総合研究所
  • UCCフーズ
  • 株式会社JINS など

心理学科は、『幅の広い「現場」に関わりながら心理学の面白さを体験し、自分の可能性を広げることのできる』学科です。

学報ネット フロントラインへ
もっと詳しく人間心理学科を知りたい方は…
学部ホームページ
お問い合わせ
神戸学院大学HOME