• 神戸学院大学 総合リハビリテーション学部の“イチオシ”はここ!
  • 4年間、どんなふうに学んでいくの?
  • 将来はどんな進路に進めるの?
  • ポートアイランドキャンパスについて
  • オープンキャンパスで学びを体験

健康運動実践指導者は、健康づくりのための運動指導をする専門家。
一般にはスポーツインストラクターや地域のスポーツ指導者といった進路が考えられますが、理学療法士がこの資格を持つことで、通所リハ(病院などに通い体の機能の維持向上を目指してリハビリテーションを行う介護サービス)や健康増進施設などで、大勢の人たちを前に転倒予防教室や運動指導などをする際に役立つスキルを身につけることが可能。就職活動を有利に進めることができます。
またテーピング実習などもあり、スポーツ分野に関心がある学生にとっても役立つ知識を学ぶことができます。

理学療法士、健康運動実践指導者とも、毎年全国平均を上回る高い合格率を実現しています。
特に、健康運動実践指導者は、毎年100%の合格率を実現しています。

本学科では総合リハビリテーション学部の開設以来、就職希望学生はすべて就職しており、就職率100%を継続しています。
作業療法学科と合同で「マナー講習会」や「就職セミナー」といった独自の就職セミナーを開催しているほか、就職担当の教員やゼミの担当教員も就職に対するアドバイスを行い、就職活動のサポートをしています。

近年、主治医一人ではできない多角的で高度な医療サービスを提供できるシステムとして「チーム医療」が普及してきています。
本学では、学科を超えたカリキュラムを実施。「作業療法学科」や社会福祉士・精神保健福祉士を養成する「社会リハビリテーション学科」の学生と課題に協力して取り組むことによって、現場での連携、チームワークの大切さを理解し、専門スタッフとしての問題対応力・実践力を身につけます。

本学は9学部を擁し、学生数1万人を超える総合大学であり、理学療法士養成校としては全国トップクラスの規模を誇ります。
専門教育に加えて学部を超えた学びや部活、サークルといった課外活動を通した4年間は、人間性豊かな理学療法士になるためのかけがえのない「財産」となるでしょう。

理学療法士は、「座る」「立つ」「歩く」などの基本動作に障がいがある方に、運動機能や生活機能の回復を促すリハビリテーションを行うプロフェッショナル。医療施設や障がい者施設などでの活躍だけでなく、健常者の健康管理やスポーツ選手を対象としたスポーツ障がいなどにもニーズが拡大しています。

本学では、国内有数の最新設備と、現場や研究領域で活躍する教員をそろえ、万全の環境を整備。「何のために学ぶのか」を体験できる現場実習も早い年次から行い、少人数制の綿密な指導と徹底した学内実習、そして、それに続く学外の臨床実習による実践的教育を実現しています。

初年次から実習の機会を多く設け、現場を知り、講義で理論を学ぶことでチーム医療でリーダーの役割を担う人間性を養います。

チーム医療を進める上で、医師や看護師、その他の専門家と連携する必要があります。そのため隣接分野の学びも学修します。

運動療法や物理療法など、さまざまな疾患や障がいに対して最適な療法を学ぶことができるよう、最新の設備や機器が充実。

リハビリテーションの知識や技術を学ぶために専用の実習室や演習室を用意しています。また、人体のしくみや動き、状態などを測定・分析する最先端の設備・機器を設置。充実した環境で、将来社会に出たときに即戦力として活躍できる能力を育成します。

理学療法学の基礎、疾病の成り立ちと解決方法を医学的・科学的に学修。
さまざまなグループワークや臨床実習を通じて、現場で活用できる実践的な能力を培います。


さまざまな種類の義肢装具の使用法や調整法を学習。患者にとって最適な義肢・装具を見極めるために、適応や適合判定を行うことができる能力を身につけます。


障がいの原因を分析・評価する方法を、自身の目、耳、手など五感をフルに活用して身体で覚えます。また、最新の機器の利用法についても実地で学びます。


人体の構造やしくみを知ることはリハビリテーションの基本。人体標本を用いたり、学生同士で体表面から筋や骨を確認し合うことで、理解を深めていきます。

理学療法士には、さまざまな疾患や障がいに応じた治療法を提案する力が求められます。
本学科には、センサーやコンピュータを使って歩行分析を行う最新機器や、義肢装具の製作ができる実習室、運動療法のための機器や用具が充実。各種疾患に最適な理学療法について理解を深めることができます。

近年、ロボット工学の成果が医療や福祉分野に用いられています。
ロボットスーツHAL(CYBERDYNE社)は、筋活動電位、足底圧荷重、関節角度情報を基に、股・膝関節のモーターを駆動して歩行動作を制御する画期的な歩行支援ロボット。まったく新しい発想の理学療法支援技術としてHALを導入して、病気や障がいで失われた機能に対する効果について学生を交えて研究活動を行っています。

固定式動作解析システム、床反力計測装置、筋骨格モデル作成ソフトや移動式動作解析システムなど多彩な解析機器が充実。これらの機器を用いて、歩いたり、座ったりといった動作は、実際に身体をどのように動かしているかを解析します。

本学の特色である「理学療法士」と「健康運動実践指導者資格」のダブルライセンスにより、就職活動を有利に進めることが可能。
病院、障がい者支援施設をはじめ、スポーツ分野や教育・研究者など、活躍の場は多岐にわたります。

主な進路実績(過去3年間)

※医療リハビリテーション学科 理学療法学専攻の実績。2015年4月、理学療法学科に改組しました。

(社福)聖隷福祉事業団
総合病院岡山市立市民病院
(独)国立病院機構
特定医療法人沖縄徳洲会
(医社)順心会
(医社)蘇生会
(社福)兵庫県社会福祉事業団
(医)双葉会
社会医療法人大道会
地方独立行政法人静岡県立病院機構
(医社)六心会
IHI播磨病院
(医)榮昌会
(社福)恩賜財団済生会
(医財)神戸海星病院
(医社)菫会
(一財)神戸在宅ケア研究所
地方独立行政法人明石市立市民病院
(医社)甲友会
(医社)栄宏会
(医)康雄会
(医)仁寿会

卒業生からのメッセージ

スポーツに特化したリハビリを行っています。
学生時代は図書館に通い、経済学や経営学などさまざまなジャンルの本を読みました。また違う学部の友人もできたおかげで広い知識と視野が身につき、いろいろな患者様との会話に役立っています。総合大学の医療系学科出身ならではの強みだと実感しています。
※2013年度取材時

卒業生からのメッセージ

障がい児を支援する理学療法士との出会いからこの道へ。勤務先は子どもから大人まで幅広くリハビリを行う兵庫県域の中核施設。学科では発達障がい児の理学療法を研究するゼミに所属し、屋内環境を再現した施設などでの実践的な授業が現在も役立っています。
※2013年度取材時

もっと詳しく理学療法学科を知りたい方は…
お問い合わせ
学部ホームページ
神戸学院大学HOME