• 神戸学院大学 経済学部の“イチオシ”はここ!
  • 4年間、どんなふうに学んでいくの?
  • 将来はどんな進路に進めるの?

一人ひとりが経済問題を見出し、対策を考察してプレゼンテーションすることができる、「自ら学び成長する経済人」を育成するカリキュラムを整備。
特に1年次から4年次まで設けられているゼミでは、少人数できめ細かく、密度の濃い学修を進めることで、専門知識を深め、コミュニケーション能力を高めることができます。

神戸市の「未来に向けた政策提案コンテスト」や神戸新聞社が主催する「課題解決ラボ」など、学外のコンペにゼミ単位で参加し、課題解決の政策を発信する機会を設けています。地元の企業、自治体が抱える問題について、実際に現場に赴き調査研究を行い、ゼミの専門性とチームワークを生かして課題解決に取り組むことで、実践力を鍛えます。
また、税理士、中小企業診断士、ファンドマネージャーなどの専門職や、元総理大臣、タレント、企業の方など実際に社会で活躍する講師を招いて講演会を実施。現場での事例を通し、政治経済から企業、職業を深く理解する機会を設けています。

学内はもちろん、他大学と連携したディベート交流会などの機会を設けて、学生たちのコミュニケーション能力強化を図っています。

経済学部では1年次から、単位認定されるキャリア関連科目を設け、学生のキャリアアップを支援。
民間企業などから専門の講師を招き、企業分析や就職試験・面接対策を実施するなど、進路選択や就職活動において、4年間を通じたサポートを行っています。
また、経済学の学びの深化やキャリア意識の向上のため、ファイナンシャル・プランナーや簿記をはじめとした各種資格取得に向けた講座や公務員試験対策講座を正課科目として設置。金融や公務員といった業界、また、営業や経理といった職業を志望する学生のために、進路と結びついた教育環境を整えています。

経済学はお金の動きを捉える学びと思われがちですが、最終的にはどのような社会のあり方が本当に「豊か」なのかを探る学問です。
経済学を学ぶには社会のルールも理解する必要があります。経済成長を考えながら、他方では社会のルールや働く人の権利、環境の問題なども理解していなければ、社会全体の動きを把握できません。そして、全体が見えなければ問題に対する解決策を見出すことができないのです。
また、経済社会は常に変化し成長しています。現在有効な経済学の知識も次の時代には古くなってしまい、役に立たなくなってしまいます。そのため、新しい時代に即した新しい知識や技能を自ら修得できるようになることが大切です。
本学経済学部では、問題を解決する能力を段階的に身につけられるカリキュラムを設けています。

民間企業の経済活動について学び、現代の企業社会で活躍するために必要な知識と技能を修得するコース。
将来の産業構造の変化や展望を学ぶことで、現代の企業社会、地域経済や国際的舞台で企業人として活躍する人材を育成します。

公的部門や金融部門で必要な知識、技能を修得するコース。
財政、社会保障、金融などの公的制度や公的政策のしくみを学び、国家・地方自治体、公益組織、金融機関などで住み良い社会を作るために活躍できる人材を育成します。

現代の経済社会は民間部門(企業や家計)と公的部門(政府系部門)から構成されています。このコースでは、その両者の活動と経済社会の動向を体系的に学修。
幅広い領域を学ぶことで、経済社会の多様な分野で活躍できる人材を育てます。

経済学は社会の課題に直結した学問です。
卒業生の進路も、民間企業から公的機関まで多種多様。さまざまな分野や業種で力を発揮することができます。

主な進路実績(過去3年間)はこちら

山口 貴大 さん 経済学科 2011年卒業
赤崎 真実 さん 経済学科 2010年卒業
萩原 悠太さん
もっと詳しく経済学科を知りたい方は…
お問い合わせ
学部ホームページ
神戸学院大学HOME