神戸学院大学

国際交流

短期海外研修

短期海外研修では語学や薬学などの研修をうけることが可能

夏休みや春休みなどを利用して、2週間~1か月程度の期間、海外の大学などで語学や薬学などの研修を受けることができる「短期海外研修」を実施しています。語学はもちろん、専門分野を海外で学び、国際的な視野を広げることができます。

研修地 地図

研修地には上記に示した5種類があります。すべての研修が毎年実施されるわけではなく、いくつかの研修は隔年の実施となります。短期海外研修に参加して十分な成果を上げた場合、所定の手続きをとることで本学の単位として認定を申請することが可能です。また、「神戸学院大学 大学主催短期海外研修参加費補助金支給規定」により、参加費用の一部補助が受けられます。
募集説明会の日程や各研修の詳細については、学内情報誌「CAMPUS」や募集要項でご確認ください。

ジョン・アボット・カレッジ夏期語学研修(カナダ) アメリカ薬学研修(アメリカ) 中国研修セミナー(中国) アデレード大学春期研修 グリフィス大学夏期研修

研修地

ジョン・アボット・カレッジ夏期語学研修(カナダ)

ジョン・アボット・カレッジ夏期語学研修(カナダ)

国際交流センター企画

環境のよいモントリオール市郊外にあるジョン・アボット・カレッジで、3週間ホームステイをしながら、1日4.5時間実用英語を学びます。カナダの名所も訪問します。

2017年度の募集は終了しました

グリフィス大学夏期研修(オーストラリア)

グリフィス大学夏期研修(オーストラリア)

経営学部企画

オーストラリアのグリフィス大学附属語学学校(GELI)で、4週間の語学研修を行います。プログラムは英語の授業のほか、現地の自然や歴史、文化などに対する理解を深める企画や企業訪問もあります。

2017年度の募集は終了しました

中国研修セミナー(中国)

中国研修セミナー(中国)

人文学部企画

神戸の友好都市・天津市にある南開大学で、3週間の中国語研修を実施します。現地で生きた中国語を学ぶとともに、京劇・二胡・茶館などの伝統文化にも触れ、中国の文化への理解を深めます。

2017年度は実施しません。

アメリカ薬学研修(アメリカ)

アメリカ薬学研修(アメリカ)

薬学部企画

パシフィック大学やアリゾナ大学の薬学部、ロングビーチメモリアル病院などを見学し、アメリカ最新医療の現場から日本の薬剤師のあり方を考察。またデュケーン大学に滞在して薬学と英語を学ぶ研修や、カナダの医療機関を訪問する研修もあります。

2017年度は実施しません。

アデレード大学春期研修(オーストラリア)

アデレード大学春期研修(オーストラリア)

法学部企画

オーストラリアの家庭にホームステイしながら、英語と国際関係に関する講義を受講。カルガリー島を訪れたり、アボリジニ文化についても学ぶなど、幅広く異文化を体験できます。

2017年度(2月9日~3月4日)参加者募集中

Student's Voice

井川 慎也 経営学科 3年次生

初めての留学体験で人の温かさや仲間との助け合い、言語だけでなく人とのつながりの大切さを実感しました。

井川 慎也

自分にとって初めての海外での生活。日本を離れること、留学を通して学ぶことへの不安とワクワクを持って日本を飛び立ちました。オーストラリアでは、ホームステイ先・授業・買い物など全ての会話を英語でこなさなければなりませんでした。初めは身振り手振りでコミュニケーションを取り、何とか相手に言いたいことを伝えていましたが、相手が話す英語で重要な部分をピックアップして聞く工夫をしたり、相手に伝えたいことを工夫して伝えたり自分なりに試行錯誤しました。その結果、今回の留学では相手のことを考え、自分なりによりよくなるように努力する力がついたと思います。
そうしていくうちに、もっと相手の事を知りたいと思う意欲が湧いて、自然と会話ができるようになりました。
英語を話す上で、正確な文法を考えたりする必要はなく、思ったことをそのまま口から言葉にすることが大切なんだと気付きました。
留学中、時には日本が恋しくなることもありましたが、やはりオーストラリアでの生活は全てが新鮮で周りのものが輝いて見えました。留学を通して仲間と助け合い、ホームステイ先の人の温かさ、言葉だけではなく人と人のつながりの大切さを改めて感じることができたと思います。自分が身をもって感じたことや経験したことは生涯の自分の財産となります。これらを将来に役立てていきたいと思います。