神戸学院大学 > 国際交流 > 海外留学プログラム > 留学に関するQ&A

留学に関するQ&A

長期留学

留学時期・期間について

Q:何年次生でも留学できますか?

A:1年次生の長期留学は認めていません(ただし春期・夏期休暇に行われる短期海外研修への参加は可能です)。長期留学は2年次以降となります(応募は1年次より可能です)。何年次生で留学をするのが適切かは、指導教員と相談の上、卒業までの計画を十分に立てた上で挑戦してください。

Q:1年未満の留学は可能ですか?

A:可能です。半期の留学を認めている留学先もありますので、長期留学一覧や各大学の募集要項をご確認ください。

Q:留学しても4年間(学部によっては6年間)で卒業できますか?

A:4年間(または6年間)での卒業の可否は、所属する学部・学科や留学時期によって異なります。協定校への留学の場合、留学中の在学期間も修業年限に通算され、留学先で取得した単位は帰国後に本学の卒業所要単位に認定することが可能です。ただし単位認定は所属学部の教授会で適当と認められたものに限ります。

語学力について

Q:語学力に自信がないのですが大丈夫ですか?

A:出発の約6ヶ月前には各留学先が設定している語学要件を満たす必要があります。目標を持って早めに学習を開始し、継続することで、語学力は確実に向上します。なお、申込時には当要件を満たしている必要はありませんが、申込時点での語学力を証明する書類が必要ですので、各留学先の募集要項で確認してください。

Q:TOEICのスコアは留学に使えますか?

A:TOEICのスコアは留学には使用できません。留学に必要な語学試験は、英語圏ではIELTS (英国の場合はIELTS for UKVI Academic)またはTOEFL-iBT、韓国では韓国語能力試験またはハングル能力検定、中国では中国語検定またはHSK(漢語水平試験)です。自分が目指す留学に必要な試験を確認し、事前に受験しておきましょう。

選考について

Q:どのような基準で選考を行いますか?

A:留学先で授業を受け、海外で生活するために十分な語学力を持っているかどうか、留学するにあたり目的意識は明確かどうか等を、応募書類や学業成績、筆記試験、面接試験等から総合的に判断します。健康管理はもとより、なぜ自分は留学したいのか、何を学びたいのかという明確な目的意識を持つことが重要です。

授業について

Q:留学先の大学で、自分の専攻と異なる分野について勉強することは可能ですか?

A:主として専攻の科目を履修した上で、並行してそれ以外の科目を教養として受講することは可能です。

留学に関する相談・準備について

Q:留学に関しては誰に相談すればいいですか?

A:留学制度や申込み、その他手続き等についてはKPC国際交流支援事務室またはKAC学生支援事務室国際交流関係窓口にてご相談ください。留学時期や卒業所要単位の確認については各自の指導教員、KPC事務センター(教務)またはKAC教務事務室へご相談ください。

Q:留学前に学内で留学準備を行う場はありますか?

費用について

Q:費用はどれくらいかかりますか?

Q:留学に伴い、経済的な援助が必要です。利用できる奨学金はありますか?

Q:現在、日本学生支援機構奨学金(貸与型)を利用しています。留学する場合、奨学金の振込はどうなりますか?

A:留学期間中、所定の手続きを行うことにより振込は継続されます。必要な手続きは学生支援事務室にて留学前に対象者へご案内します。なお、民間財団・地方自治体奨学金や給付型奨学金を利用されている方については、学生支援事務室を通じて別途お問い合わせください。

就職活動について

Q:留学と就職活動を両立させることはできますか?

A:インターネット環境があれば、企業へのエントリーや情報収集等、留学と就職活動をある程度両立させることは可能です。多くの企業が自社サイトで採用情報を公開しています。自社サイト以外にも、リクナビ、マイナビ等の就職情報サイトを利用してエントリーすることもできます。ただし、長期留学は滞在期間が長く、留学先により帰国の時期が異なりますので、就職活動に関する最新の情報をキャリアセンターで収集し、計画的に就職活動を進めてください。留学先でどのようなことを経験し学んだかが、就職活動にも大きく影響することでしょう。

短期海外研修

Q:語学力に自信がないのですが、大丈夫ですか?

Q:選考はありますか?

A:応募書類や面接等により、参加者の選考を行います。

Q:参加費用はどの程度必要ですか?

Q:1年次生でも参加できますか?

A:1年次生から参加することができます。2年次や3年次での長期留学を見据えて、1年次に参加しておくのもよいでしょう。

Q:単位は得られますか?

A:研修先で十分な成果をあげた場合、交付された修了証書等の必要書類を所定の手続きに従って提出し、単位認定を申請することができます。認定される科目や単位は学部によって異なりますので、履修の手引きでご確認ください。

Q:引率者として教職員のどなたかが同行しますか?

A:現在実施している海外研修には引率者として教員が参加しています。ただし引率の有無については今後、変更する可能性がありますので、申込時に希望する研修の募集要項をご確認ください。

ページトップへ