神戸学院大学

国際交流

「新入留学生歓迎会」を開催しました

2017/11/01

佐藤学長の挨拶で歓迎会が始まりました
佐藤学長の挨拶で歓迎会が始まりました
みんなで乾杯!食事を楽しみながら交流を深めました
みんなで乾杯!食事を楽しみながら交流を深めました
笑顔の新入留学生2人と佐藤学長
笑顔の新入留学生2人と佐藤学長
参加者の集合写真
参加者の集合写真

今秋イギリスのリーズ大学より交換留学生2人を新たに迎え、新入留学生歓迎会を10月30日の午後、ポートアイランドキャンパスのクルーズカフェで開催しました。
留学生15人、スチューデントアシスタント(※)21人、その他来賓や関係者など57人が参加し、和やかな雰囲気でのスタートとなりました。
司会は溝脇三麗さん(経営学部4年次生)と平松隆壱さん(経済学部4年次生)が務めました。
冒頭、佐藤雅美学長が、自身のリーズ大学での経験や、両校の交流継続を歓迎する内容の挨拶を述べ、異文化交流グループ「子午線インターナショナル」の岩崎三彌太さんの発声で乾杯し留学生2人を大きな拍手で迎えました。その後、スチューデントアシスタントや留学生会の学生が、それぞれの活動の魅力を発表。美味しい食事を楽しみながら年齢や国籍の垣根なく交流し、会場は大いに盛り上がりました。また、2人を中心にたくさんの学生が集まっている光景は、とても楽しげでした。
最後に、津田裕子国際交流センター所長が挨拶をし、写真撮影が行われ、歓迎会は名残惜しく終わりました。
ご参加いただいた留学生、スチューデントアシスタントの皆さん、ご来賓・関係者の皆さまありがとうございました。
子午線インターナショナルは、本学留学生のホストファミリーとして日本のお父さん、お母さんのように接していただき、日ごろより大変お世話になっている団体です。

(※) 本学には約90人(10月1日現在)の留学生が在籍しており、留学生の大学生活をサポートする役割として、日本人学生によるスチューデントアシスタントを随時募集しています。
また、本学ではスチューデントアシスタント制度に加え、バディ制度も導入しています。バディ制度とは、1人の留学生に対して、最大で2人の日本人学生がパートナーとなり日本での生活のサポートをする「学生ボランティア」です。
スチューデントアシスタント制度やバディ制度に興味のある方は、ポートアイランドキャンパスD号館1階の国際交流支援事務室、または有瀬キャンパス3号館1階 学生支援事務室 国際交流関係窓口までお越しください。