神戸学院大学

大学紹介

李 洪章

(リ ホンジャン)
所属
現代社会学部 現代社会学科
職名
准教授

学歴・取得学位

  • 2006年3月 京都工芸繊維大学 卒業
  • 2008年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程 修了
  • 2011年3月 京都大学大学院文学研究科博士課程 研究指導認定退学
  • 博士(文学 2012年9月 京都大学)

主な職歴

  • 2008~2010年 日本学術振興会特別研究員DC1(グローバルCOE)
  • 2010年    ソウル大学校比較文化研究所 客員研究員
  • 2010~2012年 京都大学文学部 非常勤講師
  • 2011~2013年 立命館大学文学部 非常勤講師
  • 2011~2013年 日本学術振興会特別研究員 PD
  • 2011~2013年 上智大学大学院グローバルスタディーズ研究科 客員研究員
  • 2014年~    神戸学院大学現代社会学部 講師

所属学会

関西社会学会、日本社会学会、社会学研究会(同人誌『ソシオロジ』)

主な研究分野

社会学(キーワード:エスニシティ論、アイデンティティ論、コリアン・ディアスポラ研究、共同性、対話、多文化共生)

主な研究課題

  • 現代における在日朝鮮人のエスニシティ
  • 現代社会におけるマイノリティをめぐる共同性
  • 異なる立場にある者どうしの対話の成立条件
  • サハリン韓人のナショナル・アイデンティティ

競争的資金・科学研究費補助金

  • 若手研究(B) 代表 在日朝鮮人のディアスポリックな経験とナショナル・アイデンティティに関する研究 2015年度~2018年度
  • 基盤研究(A) 分担 二〇世紀東アジアをめぐる人の移動と社会統合に関する総合的研究 2013-2017
  • 特別研究員奨励費 代表 コリアン・ディアスポラの生活戦略とアイデンティティに関する国際社会学的研究 2011-2013
  • 基盤研究(B) 協力 日本帝国崩壊後の人口移動と社会統合に関する国際社会学的研究 2008-2011
  • 特別研究員奨励費 代表 在日朝鮮人=日本人間接触領域における「異種混交性の戦略」に関する社会学的研究 2008-2010

共同・受託研究

  • 次世代ユニット研究 メンバー 在日朝鮮人社会における親密圏と公共圏の変容 京都大学GCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」 2008-2009

主な研究業績

  • 論文 2015/7/4 朝鮮籍在日朝鮮人の「共和国」をめぐる語り-ナショナル・アイデンティティ論の視角から- 単著 三田社会学 2015年夏号 22-37
  • 論文 2013/3/25 夜間中学独立運動にみる開かれた公共性の構築 ─『在日朝鮮人女性による「下位の対抗的な公共圏」の形成』を読む ─ 単著 コスモポリス 第7号 63-70
  • 論文 2010/10/1 在日朝鮮人を研究する<私>のポジショナリティ ─ 当事者性から個人的当事者性へ ─ 単著 オーラル・ヒストリー研究 第6号 57-64
  • 論文 2010/9/1 朝鮮籍在日朝鮮人青年のナショナル・アイデンティティと連帯戦略 単著 社会学評論 第61巻第2号 168-184
  • 論文 2009/5/1 「新しい在日朝鮮人運動」をめぐる対話形成の課題と可能性 ─ 「パラムの会」を事例として ─ 単著 ソシオロジ 第54巻第1号 87-103
  • 翻訳 2013/12/1 李淵植「朝鮮半島における日本人送還政策と実態」 蘭信三編著『帝国以後の人の移動 ─ ポストコロニアリズムとグローバリズムの交錯点』 第3章
  • 著書 2016/3/31 在日朝鮮人という民族経験 単著 生活書院
  • 著書 人種神話を解体する3血の政治学を越えて 共著 東京大学出版会 第9章を執筆
  • 著書 2013/8/1 コリアン・ディアスポラと東アジア社会 共著 京都大学学術出版会 第5章を執筆

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 多文化共生
  • 在日朝鮮人をはじめとした定住外国人問題

担当科目

  • 比較社会論
  • 多文化共生