神戸学院大学

大学紹介

水本 有香

(ミズモト ユカ)
水本 有香(ミズモト ユカ)
所属
現代社会学部 社会防災学科
職名
准教授

学歴・取得学位

  • 1994年 関西外国語大学短期大学部英米語学科 卒業
  • 1997年 関西大学法学部法律学科 卒業
  • 1999年 神戸大学大学院国際協力研究科地域協力政策専攻博士課程前期課程 修了
  • 2005年 神戸大学大学院国際協力研究科地域協力政策専攻博士課程後期課程 修了
  • 博士(学術)〔2005年3月(神戸大学)〕

主な職歴

  • 2002-2004 阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター 資料室
  • 2006-2014 神戸学院大学 学際教育機構防災・社会貢献ユニット 非常勤講師
  • 2006-2012 伊丹市資料修史等専門委員会 調査員
  • 2006-2014 国際復興支援プラットフォーム事務局 アシスタント・リサーチャー
  • 2012-2014 神戸大学大学院人文学研究科 学術研究員
  • 2014-    神戸学院大学現代社会学部 准教授

所属学会

社会政策学会、社会貢献学会、記録管理学会

主な研究分野

国際協力学、法学、アーカイブズ学(キーワード:アジア法、社会保障、震災資料)

主な研究課題

  • アジア諸国の社会保障法制度に関する研究
  • 阪神・淡路大震災、東日本大震災の資料の収集・保存・整理・活用に関する研究
  • 復興過程における災害リスク軽減のための国際協力

主な研究業績

  • 論文 2016年3月 中国のコミュニティにおける減災ボランティア活動 単著 『現代社会研究』 第2号、p.138-146
  • 論文 2016年3月 フィリピン共和国イフガオ州における海外研修の成果と課題 単著 天理大学地域文化研究センター報告書 p.68-79
  • 論文 2014年9月 シリーズ 311からの歴史学史料と展示 東日本大震災に関する資料の現状 単著 『歴史学研究』 第922号、p32-35
  • 論文 2013年11月 阪神・淡路大震災から東日本大震災へ-大震災その後に関する調査 共著 『レコード・マネジメント』、記録管理学会 第65号、p134-143
  • 論文 2013年4月 中国における自然災害の被災者救済法制度-四川大地震後の変化- 単著 『国際貢献ジャーナル』 第2巻1号・(p33-46)
  • 論文 2013年3月 フィリピン・イフガオ州における伝統的農業および土地相続に関する一考察 単著 『NGO活動研究』、NGO活動教育研究センター 第11巻1号(通巻14号)(p49-61)
  • 論文 2012年12月 阪神・淡路大震災から東日本大震災へ-東日本大震災による被災資料の現状と回復の動きに関する調査- 共著 『レコード・マネジメント』、記録管理学会 第63号、p101-109
  • 著書 2015年3月 『阪神・淡路大震災資料集Ⅰ住吉の記録「住中と水」』 共著 住吉学園・住吉歴史資料館 9-17、24-28、34-35
  • 著書 2013年5月 『途上国研究-法と開発、ガバナンス、市民社会』 単著 晃洋書房

審議会・委員会活動

国際復興支援プラネットフォーム 非常勤研究員 2015年4月1日~2016年3月31日

講演会実績

  • 2015年10月 天理大学地域文化研究センター 共同研究会「大学ができる国際協力の総合的研究」フィリピン共和国イフガオ州における海外研修の成果と課題
  • 2013年11月 熊本県立大学 セミナー「国際協力と災害復興支援」東日本大震災と国際協力について

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • アジア諸国における社会保障法制度

担当科目

  • 開発途上国論Ⅰ・Ⅱ
  • アジア地域学研究