1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 総合リハビリテーション学部
  6. 福元 喜啓

情報の公表 - 教員総覧(総合リハビリテーション学部)

福元 喜啓(フクモト ヨシヒロ)

福元 喜啓(フクモト ヨシヒロ)

1977年4月生まれ

所属
総合リハビリテーション学部
理学療法学科
職名
助教

学歴・取得学位

2001年 京都大学医療技術短期大学部理学療法学科 卒業
2009年 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 修士課程 修了
2014年 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 博士後期課程 修了
博士(人間健康科学) 2014年 京都大学

主な職歴

2001年-2009年 武田病院グループ
2010年-2012年 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2012年     神戸学院大学総合リハビリテーション学部 助教
2014年-2016年 京都大学大学院医学研究科 客員研究員

所属学会

日本理学療法士協会、日本体力医学会、日本股関節学会

主な研究分野

理学療法学(骨格筋、変形性股関節症、高齢者、超音波法)

主な研究課題

  • 骨格筋の機能解析,サルコペニアに関する臨床研究(主に超音波法を用いた研究)
  • 変形性股関節症の運動機能解析・三次元動作解析および運動療法に関する研究

競争的資金・科学研究費補助金

  • 若手研究(B) 代表 骨格筋超音波評価を用いた脳卒中者の要介護度進行の予測 2017年度〜2019年度
  • 基盤研究(C) 分担 体幹深部筋の働きと非特異的腰痛症との因果関係の解明 2015年度〜2017年度
  • 基盤研究(C) 分担 側方動作由来の歩容指標を用いた、高齢者の潜在的生活機能低下の評価 2015年度〜2017年度
  • 大阪ガスグループ福祉財団 調査・研究助成 代表 高齢者の生活機能低下を引き起こす形態的・機能的サルコペニア因子の解明 2014年度〜2015年度
  • 若手研究(B) 代表 超音波法を用いた新しいサルコぺニア判定法の確立 2013年度〜2016年度
  • 特別研究員奨励費 代表 変形性股関節症における身体機能基準値の確立に関する調査研究 2010年度〜2011年度

共同・受託研究

日本理学療法士協会研究助成 人工膝関節置換術患者における大腿四頭筋の量的・質的解析と在宅理学療法による介入効果の検証 日本理学療法士協会 2013年度

主な研究業績

  • 【総説】 2015年12月 骨格筋機能の評価と理学療法 共著 理学療法兵庫 21: 7-21
  • 【総説】 2015年2月 超音波画像診断装置を用いた骨格筋の量的・質的評価 共著 理学療法学 42(1): 65-71
  • 【論文】 2017年7月 Increase in echo intensity and extracellular to intracellular water ratio is associated with muscle weakness in elderly women. 共著 Eur J Appl Physiol  in press
  • 【論文】 2017年6月 Effects of High- and Low-Velocity Resistance Training on Gait Kinematics and Kinetics in Individuals with Hip Osteoarthritis: A Randomized Controlled Trial. 共著 Am J Phys Med Rehabil 96(6):417-423
  • 【論文】 2016年10月 Association between physical function and the load pattern during stepping-up motion in community-dwelling elderly women.  共著 Arch Gerontol Geriatr 66:205-10
  • 【論文】 2016年6月 Association of walking speed with sagittal spinal alignment, muscle thickness and echo intensity of lumbar back muscles in middle-aged and elderly women: A Cross-Sectional Study 共著 Aging Clin Exp Res 28(3):429-34
  • 【論文】 2015年11月 Age-Related Ultrasound Changes in Muscle Quantity and Quality in Women. 共著 Ultrasound Med Biol 41(11):3013-3017
  • 【論文】 2015年11月 Factors associated with restricted hip extension during gait in women after total hip arthroplasty 共著 Hip Int 25(6):543-8
  • 【論文】 2015年10月 Quantity and quality of the lower extremity muscles in women with knee osteoarthritis. 共著 Ultrasound Med Biol  41(10):2567-74
  • 【論文】 2015年9月 Association of sagittal spinal alignment with thickness and echo intensity of lumbar back muscles in middle-aged and elderly women. 共著 Arch Gerontol Geriatr  61(2):197-201
  • 【論文】 2014年12月 Functional performance of female patients more than 6 months after total hip arthroplasty shows greater improvement with weight-bearing exercise than with non-weight-bearing exercise: a randomized controlled trial. 共著 Eur J Phys Rehabil Med  50(6):665-75
  • 【論文】 2014年4月 Compensatory turning strategies while walking in patients with hip osteoarthritis. 共著 Gait Posture  39(4):1133-7
  • 【論文】 2014年1月 Effects of High-Velocity Resistance Training on Muscle Function, Muscle Properties, and Physical Performance in Individuals with Hip Osteoarthritis: A Randomized Controlled Trial 共著 Clin Rehabil 28(1): 48-58
  • 【論文】 2013年12月 Changes in hip and knee muscle strength in patients following total hip arthroplasty. 共著 J Jpn Phys Ther Assoc 16:22-27
  • 【論文】 2013年8月 Echo intensity obtained from ultrasonography images reflecting muscle strength in elderly men 共著 Clin Interv Aging  8:993-998
  • 【論文】 2013年1月 Pelvic instability and trunk and hip muscle recruitment patterns in patients with total hip arthroplasty. 共著 J Electromyogr Kinesiol. 23(1):151-158
  • 【論文】 2012年9月 Muscle mass and composition of the hip, thigh, and abdominal muscles in women with and without hip osteoarthritis. 共著 Ultrasound Med Biol 38(9):1540-1545
  • 【論文】 2012年4月 Skeletal muscle quality assessed from echo intensity is associated with muscle strength of middle-aged and elderly persons. 共著 Eur J Appl Physiol 112(4):1519-1525
  • 【論文】 2012年1月 Stepping exercises improve muscle strength in the early postoperative phase after total hip arthroplasty: a retrospective study. 共著 Am J Phys Med Rehabili  91(1): 43-52
  • 【論文】 2012年1月 Association between muscle stiffness and thickness with muscle strength in elderly women. 共著 Geriatr Gerontol Int 12(1): 86-92 
  • 【論文】 2011年6月 Dynamic hip joint stiffness in individuals with total hip arthroplasty: relationships between hip impairments and dynamics of the other joints. 共著 Clinical Biomechanics 26(6)598-604
  • 【論文】 2011年4月 Immediate effects of different ankle pushoff instructions during walking exercise on hip kinematics and kinetics in individuals with total hip arthroplasty. 共著 Gait Posture  33(4)609-614
  • 【論文】 2010年6月 大腿骨近位部骨折術後患者の退院時における下肢筋力、股関節可動域と歩行速度との関連 共著 PTジャーナル(学術雑誌)  44(6): 523-526
  • 【論文】 2009年11月 人工股関節全置換術後患者の術後早期における立ち上がり動作所要時間に影響を与える因子 共著 運動・物理療法 20(3): 229-235
  • 【著書】 2016年5月 理学療法評価学 −障害別・関節別評価のポイントと実際− 共著 文光堂 39-43
  • 【著書】 2012年5月 理学療法プログラムデザインU−ケース別アプローチのポイントと実際− 共著 文光堂 286-289
  • 【著書】 2011年2月 ヒトの動き百話〜スポーツの視点からリハビリテーションの視点まで〜 共著 市村出版 124-125、190-191

審議会・委員会活動

  • (公社)日本理学療法士協会 「理学療法学」「Physical Therapy Research」査読委員 2017年〜
  • (一社)兵庫県理学療法士会 「理学療法兵庫」査読委員 2016年〜
  • 京都府理学療法士会 生涯学習部部員 (2001年〜2007年)

地域貢献活動

  • 2013年度- 地域在住高齢者の体力測定・運動指導を継続して実施
  • 2011年度- NPO法人のぞみ会 変形性股関節症患者に対する講演・運動指導を継続して実施

講演会実績

  • 2016年12月4日 実践リハビリ研究会 超音波画像(運動器エコー)による筋の評価と理学療法への応用.
  • 2016年10月14日 兵庫県東播磨圏域リハビリテーション支援センター 介護予防のための身体機能アセスメント.
  • 2015年7月5日 京都大学医学部人間健康科学科同窓会 京翔会 超音波画像診断装置を用いた骨格筋の量的・質的評価
  • 2014年5月31日 第49回日本理学療法学術大会 若手研究者(U39)による最先端研究紹介 「超音波エコー輝度を用いた骨格筋内脂肪の評価」
  • 2012年7月29日 Epoch セミナー 股関節の運動学と理学療法

講演・取材可能なテーマ

  • 骨格筋の機能解析とトレーニング
  • 変形性股関節症の運動機能・運動療法
  • 超音波画像診断装置を用いた骨格筋組織の観察

その他

  • 日本理学療法士協会 第5回学術誌掲載論文 優秀賞 「Changes in hip and knee muscle strength in patients following total hip arthroplasty」 J Jpn Phys Ther Assoc  2014年
  • 第18回京都理学療法士学会 奨励賞 「片脚立位保持における立脚側股関節内外旋が下肢筋の筋活動に及ぼす影響」 2008年

自己PR・共同研究の提案等

日本理学療法士協会から専門理学療法士(運動器理学療法,基礎理学療法)の認定を受けています。身体運動をつかさどる骨格筋の機能に興味を持ち,研究を続けてきました。骨格筋の機能解析研究や、各種疾患への応用を通して、リハビリテーションの発展に貢献したいと考えています。

ページトップへ