神戸学院大学

大学紹介

佐藤 毅

(サトウ タカシ)
所属
共通教育センター
職名
准教授

学歴・取得学位

  • 1992年 愛知工業大学工学部経営工学科 卒業
  • 1997年 愛知工業大学大学院工学研究科博士課程生産・建設工学 修了
  • 博士(工学) [1997年3月(愛知工業大学)]

主な職歴

  • 1998-2001 広島大学工学部 助教
  • 2001-2002 広島大学大学院工学研究科 助教
  • 2002-2007 鳥取大学工学部 助教
  • 2007-2014 鳥取大学大学院工学研究科 助教
  • 2014-    神戸学院大学共通教育センター 准教授

所属学会

電子情報通信学会、日本オペレーションズ・リサーチ学会、日本経営工学会、日本経営システム学会

主な研究分野

信頼性工学(キーワード:信頼性理論、確率過程、保全性)

主な研究課題

  • 信頼性・保全性に関わる意思決定問題
  • 海岸保全施設の維持管理問題

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C) 代表 不完全観測下における点検の有効性と保全活動への応用に関する研究 2016-2018
  • 基盤研究(C) 分担 消波ブロックによる海岸構造物の最適補修モデルの構築 2013-2015
  • 基盤研究(C) 代表 消波被覆工の防災機能維持を目的とする保全支援モデルの開発 2012-2015
  • 基盤研究(C) 分担 消波被覆工の防災機能の劣化診断と補修の意志決定のための支援システムの開発 2008-2010
  • 若手(B) 代表 患者立脚型医療の実現を目的とする診療決断支援に関する研究 2005-2006

主な研究業績

  • 論文 2014 Approximation of Inspection Threshold for Multi-Component System 単著 International Journal of Reliability, Quality and Safety Engineering Volume No.21, Issue No. 1
  • 論文 2013.9 Modeling of Damage Progression for Rubble Mound Revetment 共著 Proceedings of the 7th International Conference on Asia and Pacific Coasts p.332-337
  • 論文 2011 Discrete Maintenance Models of Amour Block Facility under Peaks-Over Threshold 共著 International Journal of Reliability, Quality and Safety Engineering Volume No.18, Issue No. 5, p484-494
  • 論文 2010.11 消波施設耐力と外的負荷を考慮した応急修復を伴う年齢型予防保全問題 共著 土木学会論文集B2(海岸工学) Vol.B2-66, No.1-2、p.931-935
  • 著書 2014 新版 信頼性ハンドブック 共著 日科技連出版社

講演会実績

  • 2014年12月27日 大阪府教育センター 教育におけるICTの役割

その他

  • 日経品質文献賞授賞 信頼性一般に関するハンドブック 2014年10月
  • 鳥取大学長表彰(社会貢献賞) 社会基盤施設の維持管理問題 2010年4月
  • 日本信頼性学会 優秀記事コラム賞 信頼性の展望:医学との接触 2005年5月