1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 薬学部
  6. 屋山 勝俊

情報の公表 - 教員総覧(薬学部)

屋山 勝俊(ヤヤマ カツトシ)

屋山 勝俊(ヤヤマ カツトシ)

1963年6月生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
教授

学歴・取得学位

神戸学院大学薬学部 1987年(卒業)
神戸学院大学大学院薬学研究科修士課程 1989年(修了)
神戸学院大学大学院食品薬品総合化学研究科博士課程 1992年(中退)
薬学博士 1995年3月 神戸学院大学

主な職歴

  • 旭化成株式会社 医薬開発センター(1989-1990)
  • Medical University of South Calorona博士研究員(1996-1998)
  • 1992年4月 神戸学院大学 着任

所属学会

日本薬理学会、日本循環薬理学会、日本薬学会、日本生化学会、日本心脈管作動物質学会、American Heart Association(AHA)、International Society of Hypertension(ISH)

主な研究課題

  • 循環器系疾患、とくに高血圧におけるレニン・アンジオテンシン系の役割に関する研究
  • アンジオテンシン受容体とカリクレイン・キニン系の相互作用に関する研究
  • 生活習慣病におけるアンジオテンシンの役割に関する研究

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C) 代表 アンジオテンシンUのRhoキナーゼ系を介した血管収縮・弛緩機構の解明 2015年度〜2017年度
  • 基礎研究(C) 代表 レニン・アンジオテンシン系による血圧降下機構の解明 2010年度〜2012年度

主な研究業績

  • morphous nanosilica particles evoke vascular relaxation through PI3K/Akt/eNOS signaling. Fundam Clin Pharmacol. 30(5):419-28.(2016)
  • Vasoconstriction of Rat Mesenteric Arteries Is Mediated by Rho Kinase-Dependent Inhibition of Myosin Light Chain Phosphatase. Biol Pharm Bull. 38(11):1809-16.(2015)
  • Epidermal growth factor induces Ca(2+) sensitization through Rho-kinase-dependent phosphorylation of myosin phosphatase target subunit 1 in vascular smooth muscle. Eur J Pharmacol. (762) 89-95.(2015)
  • Orthovanadate-induced vasocontraction is mediated by the activation of Rho-kinase through Src-dependent transactivation of epidermal growth factor receptor Pharmacol Res Perspect 2(2):e00039(2014.4)
  • Na+/H+ exchanger inhibitor augments hyperosmolarity-induced vasoconstriction by enhancing actin polymerization Vascul Pharmacol 59(5-6):120-6(2013.7)
  • Na(+)/H(+) exchanger inhibitor induces vasorelaxation through nitric oxide production in endothelial cells via intracellular acidification-associated Ca2(+) mobilization. Vascul Pharmacol 58(4):319-25(2013.4)
  • Angiotensin II regulates liver regeneration via type 1 receptor following partial hepatectomy in mice. Biol Pharm Bull.31(7):1356-61(2008.7)
  • Angiotensin U-induced vasodilation via type 2 receptor:Role of bradykinin and nitric oxide. Int.Immunopharmacol.8(2):312-8.(2008)
  • Hypertension and dysregulated proinflammatory cytokine production in receptor activity-modifying protein 1-deficient mice. Proc.Natl.Acad.Sci.USA.104(42):16702-7.(2007)
  • Angiotensin U stimulates endothelial NO synthase phosphorylation in thoracic aorta of mice with abdominal aortic banding via type 2 receptor. Hypertension.48(5):958-64.(2006)
  • Angiotensin type 2 receptor-mediated phosphorylation of eNOS in the aortas of mice with 2-kidney,1-clip hypertension. Hypertension.45(5):967-73.(2005)
  • Stimulation of cyclic GMP production via AT2 and B2 receptors in the pressure-overloaded aorta after banding. Hypertension. 43(6):1258-63.(2004)

審議会・委員会活動

日本薬理学会学術 評議委員

講演会実績

  • 2015年12月18日 兵庫県立西宮南高等学校 薬剤師の仕事-薬学部で何を学ぶのか
  • 2014年5月18日 神戸学院大学同窓会広島県支部
  • 2013年12月20日 (財)明石市産業振興財団 「高血圧・・・なぜ怖い・・・」

講演など協力可能なテーマ及び実績

高血圧、高血圧と薬物治療、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)と薬物療法
薬は、身体の中でどの様に働いているか。そして、薬を飲むと嫌な症状や病気がどうして良くなるのかについて教育、研究しています。研究では「血圧はどのように制御されているか」について学生と共に研究を続けています。
高大連携授業、文部科学省サイエンスパートナーシッププログラムを通して高校生に、「薬はどうして効くのだろうか」について講義しています。また、高校に出向き、同様の内容を講義しています。

ページトップへ