1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 薬学部
  6. 山下 琢矢

情報の公表 - 教員総覧(薬学部)

山下 琢矢(ヤマシタ タクヤ)

山下 琢矢(ヤマシタ タクヤ)

1982年4月生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
助教

学歴・取得学位

2007年 帝京大学 薬学部 薬学科 卒業
2009年 帝京大学大学院 薬学研究科 博士前期課程 修了
2012年 大阪大学大学院 薬学研究科 博士後期課程 修了
博士(薬学) [2012年 (大阪大学)]

主な職歴

2012年 (独)医薬基盤研究所 バイオ創薬プロジェクト 特任研究員
2012年 神戸学院大学 薬学部 リサーチャー
2014年 神戸学院大学 薬学部 助教

所属学会

日本薬学会、日本癌学会、日本癌転移学会、日本医用マススペクトル学会、日本法中毒学会

主な研究分野

毒性学 (代謝・プロテオミクス)

主な研究課題

  • 脳・細胞膜脂質の脂肪酸組成あるいは脂肪酸代謝の変動要因の解析
  • 乱用薬物の毒性評価あるいはその簡易測定法の確立
  • プロテオミクスによる各種疾患関連バイオマーカーの探索

競争的資金・科学研究費補助金

  • 若手研究(B) 代表 実験動物を使用しない迅速かつ簡便な新規危険ドラッグ乱用性評価法の確立 2015年度〜2016年度
  • 若手研究(B) 代表 覚せい剤類似化合物の構造と精神依存症・神経毒性の連関評価 2013年度〜2014年度

主な研究業績

  • Differentiation of ring-substituted bromoamphetamine analogs by gas chromatography-tandem mass spectrometry Forensic Toxicol 34:125-132(2016)
  • The activation of supraspinal GPR40/FFAI receptor signalling regulates the descending pain control system Br J pharmacol 172(5):1250-62(2015)
  • Defferential of ragioisomeric chloroamphetamine analogs using gas chromatography-chemical ionization-tandem mass spectrometry. Forensic Toxicol 33(2):338-347(2015)
  • Involvement of GPR40,along-chain freefatly acid receptor,in the production of central post-stroke pain after globalcerebral ischemia Eur J Pharmacol 5;744:155-23(2014)
  • EphrinreceptorA10 is a promising drug target potentially useful for breast cancers induding triple negative breast cancers. J Control Release 10;189;72-9(2014)
  • Proteomic analysis of the hippocampus in Alzheimer's disease model mice by using two-dimensional fluorescence difference ingel electrophoresis. Neurosci Lett. 534:85-89(2013)
  • Determination of acyl-CoA esters and acyl-CoA synthetase activity in mouse brain areas by liquid chromatography-electrospray ionization-tandem mass spectrometry. J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci 929:45-50(2013)
  • Carbone nanonmaterials efficacy and safety for nanomedicine. Materials., 5, 350-363 (2012).
  • Annexin A4 is a possible biomarker for cisplatin susceptibility of malignant mesothelioma cells. Biochem Biophys Res Commun., 421(1):140-4 (2012).

その他

第38回医用マススペクトル学会年会・優秀ポスター賞 覚せい剤類似化合物のドーパミン神経細胞に対する毒性評価 2013年9月
Human proteome organization 2010 World Congress Proteomics Idol 大腸がん転移関連たん白質の同定 2010年9月

自己PR・共同研究の提案等

質量分析を基盤とした疾患発症・悪化メカニズムの解明と各種バイオマーカーの探索を推進しています。講義・実習・研究活動を通じて、柔軟な応用力を持った人材の育成を目指しています。

ページトップへ