1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 薬学部
  6. 山口 孝子

情報の公表 - 教員総覧(薬学部)

山口 孝子(ヤマグチ タカコ)

山口 孝子(ヤマグチ タカコ)
所属
薬学部 薬学科
職名
助教

学歴・取得学位

1986年 神戸学院大学(薬学部、生物薬学科)卒業
薬学博士(神戸学院大学)
薬学博士[神戸学院大学]

主な職歴

神戸学院大学 実験助手
助手
助教

所属学会

日本薬学会、日本環境変異原学会、日本内分泌撹乱化学物質学会(環境ホルモン学会)、日本水環境学会、日本環境化学会、日本禁煙科学会

主な研究分野

衛生化学(大気浮遊粉じん、PM2.5、有害金属、細胞毒性、変異原性、内分泌かく乱作用、喫煙の健康影響、禁煙支援)

主な研究課題

  • 大気浮遊粉じんの生体影響に関する研究
  • 大気浮遊粉じん中の有害物質の検索
  • 環境水中の変異原および内分泌撹乱化学物質
  • 禁煙支援に向けた大学生の喫煙に関する意識およびニコチン依存度調査

競争的資金・科学研究費補助金

  • 奨励A 代表 沿道における大気浮遊粉じんの培養細胞による毒性評価 1996年度

共同・受託研究

  • 学術フロンティア推進事業 分担 阪神・淡路大震災後の地域社会との共生をめざした大学の新しい役割に関する実践的研究 (環境衛生分野) 2002年度-2006年度、2007年度-2009年度

主な研究業績

  • 【論文】 2016年 「Spatial correlativity of atmospheric particulate components simultaneously collected in Japan」 共著 Environ. Monit. Assess. 188(2)Article85(14P)
  • 【論文】 2015年 「大学生への意識調査を通じた喫煙防止教育のあり方に関する一考察」 共著 教育開発センタージャーナル 6,37-50
  • 【論文】 2014年 「Air pollution with particulate matter and mutagens:Relevance of asian dust to mutagenicity of airborne particles in Japan」 共著 Genes and Environment 36(3)120-136
  • 【論文】 2012年 「医療材料より溶出するビスフェノールAによる生体影響に関する基礎的検討」 共著 有害・医療系廃棄物研究 24 (1.2) 6-9
  • 【論文】 2012年 「Estrogenic activity profiles of river water in Kobe, Japan assessed by In Vitro bioassay and chemical analysis」 共著 J. Watwer Environ. Technol. 10 (3) 289-301
  • 【論文】 2011年 「Concentration and distribution of metals in size classified airborne particulate matter and suspected sources」 共著 J. Health Sci 57 (Suppl.) 164
  • 【論文】 2011年 「Variation of mutagenicity and chemical compornents in airborne particules collected at 14 sites in Japan in a year and influence of long-range transport from China continent」 共著 J. Health Sci 57 (Suppl.) 109
  • 【論文】 2010年 「Distribution of elements in size classified airborne particulate matter and suspected sources」 共著 J.Health Sci 56(Suppl.) 156
  • 【論文】 2008年 「Concentration of metals in airborne particulate matter in Kobe」 共著 J.Health Sci 54(Suppl.) 160
  • 【論文】 2006年 「Endocrine disrupting effects of extracts from airborne particulates」 共著 J. Health Sci 52(Suppl.) 142
  • 【論文】 2004年 「Characterristic of size-classified airborne particulates in Kobe, Japan」 共著 J. Health Sci 50(3)290-295
  • 【論文】 2001年 「Cytotoxicity of airborne particulates sampled roadside in rodent and human lung fibroblasts」 共著 J. Health Sci 47(3)272-277

自己PR・共同研究の提案等

衛生薬学は社会との関連の大きい総合的学問である。安心・安全な環境と健康を維持するために、環境汚染や食品汚染、感染症などの生体と環境因子との相互作用による健康影響の評価や予測といった予防薬学の面から、社会に寄与できる研究を進めていきたいと考えている。

ページトップへ