神戸学院大学

大学紹介

武田 真莉子

(タケダ マリコ)
武田 真莉子
所属
薬学部 薬学科
職名
教授

学歴・取得学位

  • 1982年3月 星薬科大学 卒業
  • 1984年3月 星薬科大学大学院修士課程 修了
  • 1993年3月 博士(薬学)取得
  • 博士(薬学)

主な職歴

  • 1993年~2002年  星薬科大学 助手
  • 2000年~2001年  米国Thomas Jefferson University 医学部Assistant Professor
  • 2001年~2002年  米国Drexel University 工学部Assistant Professor
  • 2002年~2005年  星薬科大学 専任講師
  • 2005年~2012年  星薬科大学 准教授
  • 2012年~  神戸学院大学薬学部 教授

所属学会

日本薬学会(近畿支部会役員)、日本薬剤学会(評議員)、日本DDS学会(評議員)、日本薬物動態学会(評議員)、日本くすりと糖尿病学会(理事)

主な研究分野

薬剤学、製剤学、薬物動態学(DDS、バイオ薬物、バイオアベイラビリティ、細胞膜透過ペプチド、吸収)

主な研究課題

  • バイオ薬物のDDSおよび薬動学・薬力学的研究
  • 経粘膜吸収促進技術の開発に関する研究
  • 消化管トランスポーター機能に関連した薬物体内動態研究

競争的資金・科学研究費補助金

  • 文部科学省、研究費補助金 基盤研究(C)(一般) 代表 インスリンに代表されるペプチド/タンパク質医薬の経口デリバリーシステムの開発研究 平成17-19年度
  • 独立行政法人科学技術振興機構 革新技術開発研究事業 分担 逆ミセル型高分子ナノ粒子によるバイオ医薬送達技術の開発 平成17-19年度
  • 日本学術振興会・科学研究費助成事業 基盤研究(C)(一般) 代表 デリバリーキャリアを利用したバイオ医薬の次世代型、非侵襲的DDSの開発研究 平成20-22年度
  • 独立行政法人科学技術振興機構 産学共同シーズイノベーション化事業 分担 バイオ医薬品の経鼻吸収促進技術の開発 平成20-21年度
  • 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 健康安心イノベーションプログラム/橋渡し促進技術開発 分担 マイクロドーズ臨床試験を活用した革新的創薬技術の開発 平成20-23年度
  • 日本学術振興会・科学研究費助成事業 研究活動スタート支援 分担 膜透過ペプチド経鼻併用投与による新規アルツハイマー病治療薬の脳内デリバリー 平成24年度
  • 日本学術振興会・科学研究費助成事業 基盤研究(C)(一般) 代表 膜透過技術を搭載したバイオ医薬の非侵襲的デリバリーの創製と臨床開発への橋渡し研究 平成23-25年度
  • 公益財団法人ひょうご科学技術協会 学術研究助成 代表 革新的吸収促進技術を搭載したバイオ医薬の経口及び脳送達システムの創製 平成25年度
  • 公益財団法人 兵庫県科学技術振興財団 学術研究助成 代表 革新的生体膜透過ブースティング技術を基盤とする難吸収性薬物の次世代型経口送達システムの構築 平成27年度
  • 公益財団法人先進医薬研究振興財団 学術研究助成 分担 進行したアルツハイマー病患者の認知機能を改善する脳内ペプチド送達法の開発 平成27年度
  • 公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団 調査研究助成 分担 認知症治療を目指した経鼻投与型インクレチン脳内送達法の開発 平成28年度
  • 公益財団法人薬学研究奨励財団 学術研究助成 分担 難吸収性医薬品の経口製剤開発を支援する膜透過性ペプチドキャリアの応用性予測システムの構築 平成28年度
  • 日本学術振興会・科学研究費助成事業 基盤研究(C)(一般) 代表 早期臨床開発を目指した革新的生体膜透過ブースティング技術の確立 平成28-30年度

共同・受託研究

  • 共同研究 代表 CPPsによるインターフェロンβ及びPEG化インターフェロンβの経鼻吸収促進に関する研究 東レ株式会社 2014-2016
  • 共同研究 代表 Preparation and characterization of CPPs for oral delivery of peptides and proteins Nobo Nordisk A/S 2012-2014
  • 共同研究 代表 バイオ医薬品の膜透過を促進する機能性材料の創製 物質・材料研究機構 2012~継続中
  • 共同研究 代表 膜透過ペプチドを利用したインスリン経口および中枢デリバリーシステムのPETによる評価 独立行政法人理化学研究所 2012-継続中

主な研究業績

    <学術論文>
  • 【原著論文】すべて査読有
    1. Kamei N, Khafagy El-S, Hirose J, Takeda-Morishita M, Potential of Single Cationic Amino Acid Molecule "Arginine" for Stimulating Oral Absorption of Insulin, Int. J. Pharm., in press (IF: 3.994).
    2. Kamei N, Tanaka M, Choi H, Okada N, Ikeda T, Itokazu R, Takeda-Morishita M, Effect of an enhanced nose-to-brain delivery of insulin on mild and progressive memory loss in the senescence-accelerated mouse, Mol. Pharm., in press (IF: 4.342).
    3. Yuki Daimon, Noriyasu Kamei, Kohsaku Kawakami, Takeda-Morishita M, Izawa H, Yuki Haraya-Takechi, Hiroyuki Saito, Hideki Sakai, Katsuhiko Ariga, Dependence of intestinal absorption profile of insulin on carrier morphology composed of β-cyclodextrin-grafted chitosan, Mol. Pharm.13 (2016) 4034-4042 (IF: 4.342).
    4. Yoshida M, Kamei N, Muto K, Kunisawa J, Takayama K, Peppas NA, Takeda-Morishita M, Complexation hydrogels as potential carriers in oral vaccine delivery systems, Eur J Pharm Biopharm. 112 (2017) 138-142 (IF: 3.975).
    5. Iwase Y, Kamei N, Khafagy El-S, Miyamoto M, Takeda-Morishita M, Use of a non-covalent cell-penetrating peptide strategy to enhance the nasal delivery of interferon beta and its PEGylated form, Int. J. Pharm., 510 (2016) 304-310 (IF: 3.994). [日本経済新聞2016年8月15日号に掲載]
    6. Kamei N, Shingaki T, Kanayama Y, Tanaka M, Zochi R, Hasegawa K, Watanabe Y, Takeda-Morishita M, Visualization and quantitative assessment of the brain distribution of insulin administered via nose-to-brain delivery based on the cell-penetrating peptide noncovalent strategy, Mol. Pharm. 13 (2016) 1004-1011 (IF: 4.342).
    7. Muto K, Kamei N., Yoshida M, Takayama K, Takeda-Morishita M, Cell-penetrating peptide penetratin as a potential tool for developing effective nasal vaccination systems, J. Pharm. Sci., 105 (2016) 2014-2017 (IF 2.360).
    8. Kamei N, Nielsen EJB, Nakakubo T, Aoyama Y, Rahbek UL, Pedersen BL, Takeda-Morishita M, Applicability and limitations of cell-penetrating peptides in noncovalent mucosal drug or carrier delivery systems, J. Pharm. Sci. 105 (2016) 747-753 (IF: 2.641).
    9. Kamei N, Takeda-Morishita M, Brain delivery of insulin boosted by intranasal coadministration with cell-penetrating peptides, J. Control. Release 197 (2015) 105-110 (IF: 7.441). [日本経済新聞2015年4月14日号に掲載]
    10. Khafagy El-S, Iwamae R, Kamei N, Takeda-Morishita M, Region-dependent role of the cell-penetrating peptides in insulin permeation across rat small intestinal membrane, AAPS J. 17 (2015) 1427-1437 (IF: 3.799).
    11. Murata Y, Kotani T, Supriatna Y, Okazawa H, Daniwijaya EW, Sadakata H, Kusakari S, Mori M, Kanazawa Y, Saito Y, Okawa K, Takeda-Morishita M, Ohnishi H, Harada A, Matozaki T, The protein tyrosine phosphatase SAP-1 protects against colitis through regulation of CEACAM20 in the intestinal epithelium, PNAS (2015), in press (IF: 9.674).
    12. Kamei N, Aoyama Y, Khafagy El-S, Henmi M, Takeda-Morishita M, Effect of different intestinal conditions on the intermolecular interaction between insulin and cell-penetrating peptide penetratin and on its contribution to stimulation of permeation through intestinal epithelium, Eur. J. Pharm. Biopharm. 94 (2015) 42-51 (IF: 3.975).
    13. Nielsen EJB, Yoshida S, Kamei N, Iwamae R, Khafagy El-S, Olsen J, Rahbek UL, Pedersen BL, Takayama K, Takeda-Morishita M, In vivo proof of concept of oral insulin delivery based on a co-administration strategy with the cell-penetrating peptide penetratin, J. Control. Release 189 (2014) 19-24 (IF: 7.441). [日本経済新聞2014年6月24日号に掲載]
  • 【総 説】
    1. 武田(森下)真莉子、バイオ医薬のNose-to-Brain Delivery戦略、ファルマシア、52(2016)1038-1042.
    2. 武田真莉子、インスリン経口デリバリーシステムの基礎と開発動向、Diabetes Journal、44 (2016) 59-61.
    3. 武田真莉子、Bench-to-bedside ↔ bedside-to-bench のループを本学会に創ろう、日本くすりと糖尿病学会雑誌、3 (2016) 39-42.
    4. 武田真莉子、経口用インスリン製剤の開発動向、日本臨床 73 (2015) 2134-2140.
    5. 亀井敬泰, 武田真莉子, バイオ医薬の経粘膜デリバリーシステム研究の新展開、医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス、46 (2015) 829-836.
    6. Iwase Y, Kamei N, Takeda-Morishita M, Antidiabetic effects of omega-3 polyunsaturated fatty acids: from mechanism to therapeutic possibilities, Pharmacol. Pharm., 6 (2015) 190-200.
    7. 武田真莉子、生体膜透過性の制御、DDS研究30年、PHARM TECH JAPAN臨時増刊号、31 (2015) 464-470.
    8. 亀井敬泰, 武田真莉子、細胞膜透過ペプチドを利用したバイオ医薬品の腸管吸収の改善、特集・実用可能な新しい製剤技術の進歩と将来展望、医薬ジャーナル、50 (2014) 2145-2151.
    9. 亀井敬泰、武田真莉子、バイオ医薬品の経鼻送達システムの開発、日本くすりと糖尿病学会雑誌、3 (2014) 43-46.
    10. 武田真莉子、論文執筆のはじめの一歩、日本くすりと糖尿病学会雑誌、3 (2014) 39-42.
  • 【原著論文】 2015 The protein tyrosine phosphatase SAP-1 protects against colitis through regulation of CEACAM20 in the intestinal epithelium 共著 Proc Natl Acad Sci USA. 2015 Aug 4;112(31):E4264-71. (IF 9.674)
  • 【原著論文】 2015 Brain delivery of insulin boosted by intranasal coadministration with cell-penetrating peptides 共著 J. Control. Release 197 (2015) 105-110 (IF: 7.705)
  • 【原著論文】 2015 Effect of different intestinal conditions on the intermolecular interaction between insulin and cell-penetrating peptide penetratin and on its contribution to stimulation of permeation through intestinal epithelium 共著 Eur. J. Pharm. Biopharm. 94 (2015) 42-51 (IF: 3.383)
  • 【原著論文】 2015 Region-dependent role of the cell-penetrating peptides in insulin permeation across rat small intestinal membrane 共著 AAPS J. 17 (2015) 1427-1437 (IF: 3.799)
  • 【原著論文】 2014 In vivo proof of concept of oral insulin delivery based on a co-administration strategy with the cell-penetrating peptide penetratin 共著 J. Control. Release 189 (2014) 19-24 (IF: 7.705)
  • 【学術雑誌・総説】 2015 Antidiabetic effects of omega-3 polyunsaturated fatty acids: from mechanism to therapeutic possibilities 共著 Pharmacol. Pharm.
  • 【学術雑誌・総説】 2013 Non-invasive insulin delivery: the great potential of cell-penetrating peptides 共著 Therapeutic delivery 4, 315-326
  • 【学術雑誌・総説】 2012 Advances in oral drug delivery: improved bioavailability of poorly absorbed drugs by tissue and cellular optimization 編集・共著 Adv Drug Deliv Rev
  • 【単行本】 2014 生物薬剤学FUNDAMENTAL 単著 京都廣川書店
  • 【単行本】 2013 脳をターゲットとするDDSの基礎と臨床 編集・共著 じほうビジネスサービス 
  • 【単行本】 2012 薬学DDS 共著 京都廣川書店 
  • 【単行本】 2012 ペプチド医薬の最前線 共著 シーエムシー出版 
  • 【単行本】 2011 次世代バイオ医薬品の処方設計と開発技術 監修・編集 シーエムシー出版 
  • 【単行本】 2010 薬物の消化管吸収予測研究の最前線 共著 メディカルドゥ 
  • 【単行本】 2009 Biodrug Delivery Systems: Fundamentals, Applications and Clinical Development 監修・編集 Informa Healthcare 
  • 【単行本】 2008 分子薬物動態学 共著 南山堂 

特許

登録番号 発明の名称 登録日 特許権者 発明者
  新規ペプチド(Shuffle2) (国際出願審査中) 東レ 森下真莉子他
  Penetratinペプチドを用いたバイオ医薬の経鼻吸収促進 (国際出願審査中) 東レ 森下真莉子他
  pVECペプチドを用いたバイオ医薬の腸管吸収促進 2012年 東レ 森下真莉子他
  オリゴアルギニンを用いたバイオ医薬の腸管吸収促進 2012年 東レ 森下真莉子他
  細胞膜透過性ペプチド 2009年 東レ 森下真莉子他
  医薬剤の胃腸吸収を増大するための製剤および方法 2008年 カプスゲル 森下真莉子他

審議会・委員会活動

  • 科学研究費委員会 専門委員 2015年~2016年
  • 薬学共用試験センター CBT問題管理委員 継続中
  • 日本薬学会 学術誌編集委員 継続中
  • 日本薬剤学会 FG統括委員長、出版委員会委員長、タケルアヤヒグチ賞審査委員長 継続中
  • 日本DDS学会 学会誌編集委員長 継続中
  • 日本くすりと糖尿病学会  研究推進委員会委員長、認定薬剤師制度試験委員 継続中
  • 公益財団法人 武田科学振興財団 研究助成金選考委員会委員 継続中

講演会実績

  • 2014年5月 第57回日本糖尿病学会年次学術集会(シンポジスト) インスリン経口デリバリーシステム:現状と課題
  • 2014年7月 第10回群馬薬と糖尿病を考える会 糖尿病治療薬の革新的創剤技術開発の現状と将来展望
  • 2014年8月 神戸西ブロック薬学研修会(招待講演) 難吸収性薬物の経口製剤化に挑戦するDDS研究最前線
  • 2014年11月 the 3rd International Conference on Nutraceutical and Cosmetic Sciences(招待講演)Oral and Nasal Insulin Delivery Systems based on a Co-administration Strategy with the Cell-Penetrating Peptides
  • 2015年3月 日本薬学会第135年会(シンポジスト) 脳標的化薬物デリバリー研究の最前線
  • 2015年3月 兵庫県職員薬剤師会総合研究会(招待講演) 経口インスリン開発における基礎研究の進展と将来展望
  • 2015年5月 第58回日本糖尿病学会年次学術集会(招待講演) 経口インスリンの基礎研究と開発動向
  • 2015年5月 第38回西三河糖尿病研究会 (招待講演) 糖尿病治療薬開発における創剤科学の最前線
  • 2015年6月 第4回これからの糖尿病治療を考える会 (招待講演) インスリン非注射剤の開発動向と基礎研究の進展
  • 2015年7月 第31回日本DDS学会学術集会(シンポジスト) バイオ医薬の経粘膜デリバリーシステム研究の新展開
  • 2015年7月 Controlled Release Society (招待講演) Cell-Penetrating Peptides for Oral Delivery of Peptides and Protein Drugs
  • 2015年7月 第16回I.I.セミナー (招待講演) バイオ医薬の次世代投与システムの開発動向と基礎研究の進展
  • 2015年7月 第43回小児インスリン治療研究会 (招待講演) インスリン経口デリバリーシステム開発を目指して ~臨床開発動向と基礎研究の進展~
  • 2015年7月 第4回くすりと糖尿病学会 (シンポジスト) bench-to-bedside bedside-to-benchのループを本学会に創ろう
  • 2015年11月 第11回泉北実地医家の会 (招待講演) 経口インスリン製剤における基盤創剤技術と臨床開発動向
  • 2016年1月 神戸西ブロック薬学研修会(招待講演) 薬物トランスポーターを介した薬物間相互作用の基礎および臨床研究
  • 2016年7月 30th Anniversary Symposium of The Nagai Foundation Tokyo (オーガナイザー・シンポジスト) Noninvasive delivery systems for biopharmaceuticals based on a noncovalent strategy with cell-penetrating peptides
  • 2016年7月 30th Anniversary Symposium of The Nagai Foundation Tokyo (オーガナイザー・シンポジスト) Dr. Nagai's operating performance from the viewpoint of academia
  • 2016年7月 神戸西ブロック薬学研修会(招待講演) 薬物送達システム(Drug Delivery System: DDS)研究における最新の話題
  • 2016年10月 第5回 日本くすりと糖尿病学会(シンポジウムオーガナイザー・シンポジスト) 糖尿病治療薬の非注射剤化を推進する高度創剤技術
  • 2016年10月 第6回 Hyogo Expert Forum for Diabetic Medicine (招待講演) インスリンおよびGLP-1の経口製剤化を推進する創剤技術と臨床開発動向
  • 2016年11月 Regional Latin American Congress of the WFSBP 2016 Visualization and Quantitative Assessment of the Brain Distribution of Insulin through Nose-to-Brain Delivery Based on the Cell-Penetrating Peptide Noncovalent Strategy

講演など協力可能なテーマ及び実績

"経口バイオアベイラビリティ(BA)を改善する次世代ストラテジーの開発"を主たる研究テーマとしており、薬物送達システム(DDS)全般および消化管薬物吸収機構解析が専門分野である。

自己PR・共同研究の提案等

バイオ薬物の新規DDS開発を中心に基礎および臨床研究を精力的に進めている。最近では消化管トランスポーター機能に着目した難吸収性低分子薬物のBA改善の研究にも力を注いでいる。国内外での講演活動および学会活動も積極的に行っている。