1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 薬学部
  6. 鷹野 正興

情報の公表 - 教員総覧(薬学部)

鷹野 正興(タカノ マサオキ)

鷹野 正興(タカノ マサオキ)

1962年1月生まれ

所属
薬学部 生命薬学部門
職名
教授

学歴・取得学位

神戸学院大学大学院薬学研究科修士課程修了
神戸学院大学食品薬品総合科学研究科中退
博士(薬学)[1997年3月神戸学院大学]

主な職歴

1993年 神戸学院大学薬学部助手
2000年 神戸学院大学長期海外研究員(米国、コロラド州立コロラド大学)
2005年 神戸学院大学薬学部講師
2013年 神戸学院大学薬学部准教授
2016年ー神戸学院大学薬学部教授

所属学会

日本薬学会会員、日本分子生物学会会員、日本神経化学会会員、Society for Neuroscience会員、日本薬理学会会員

主な研究分野

分子細胞生物学(脳、プロテオーム、老化)

主な研究課題

  • 脳脈絡叢と炎症
  • 老化に伴う脳のプロテオーム解析
  • CRISPR/CAS9によるゲノム編集

競争的資金・科学研究費補助金

  • 喫煙科学財団 特定研究 分担 アルツハイマー病モデルマウスの学習記憶障害に対するニコチンの効果に関与する蛋白質の探索同定 2015年ー2016年

主な研究業績

  • 論文 2016年1月 Proteomic Analysis of Mouse Choroid Plexus Cell Line ECPC-4 Treated with Lipid A 共著 Inflammation Research in press
  • 論文 2015年11月 Secretomic Analysis of Mouse Choroid Plexus Cell Line ECPC-4 Using Two-Dimensional Gel Electrophoresis Coupled to Mass Spectrometry. 共著 J Proteomics Bioinform 7(11) 347-352
  • 論文 2015年10月 Lipid A-activated inducible nitric oxide synthase expression via nuclear factor-kB in mouse choroid plexus cells. 共著 Immunol. Lett.  167; 57-62 2015
  • 論文 2014年6月 Intracellular and nuclear bradykinin B2 receptors. 共著 Eur. J. Pharmacol. 5;732:169-72. Review.
  • 論文 2014年1月 Nuclear localization of bradykinin B2 receptors reflects binding to the nuclear envelope protein lamin C. 共著 Eur. J. Pharmcol. 15;723:507-14.
  • 論文 2013年2月 Proteomic analysis of the hippocampus in Alzheimer's disease model mice by using two-dimensional fluorescence difference in gel electrophoresis. 共著 Neurosci Lett. 8;534:85-9.
  • 論文 2012年8月 Proteomic analysis of the brain tissues from a transgenic mouse model of amyloid s oligomers. 共著 Neurochem Int.  61(3):347-55.

講演会実績

  • 2013年3月23日  日本実験動物技術者学会 研究・教育・その他、薬学部教員の雑感
  • 2012年12月18日 兵庫県立三木高等学校 模擬授業
  • 2012年1月18日  兵庫県立明石西高等学校 模擬授業
  • 2011年10月25日 兵庫県立川西緑台高等学校 模擬授業
  • 2011年7月2日  育英高等学校 模擬授業

講演など協力可能なテーマ及び実績

「タンパク質と遺伝子に関する話」、「薬学部に入って、卒業したら」など

自己PR・共同研究の提案等

研究については、脳・神経系に興味があり、プロテオームという方法を用いて解析しています。学生諸君と一緒に新しいことを発見したいと考えています。
最近、確立されたCRISPR/CAS9、ゲノム編集の手法を用いて、プロテオームで得られた結果を細胞、動物で調べていきたいと考えています。

担当科目

  • 分子生物学
  • 免疫学
ページトップへ