神戸学院大学

大学紹介

楢原 正則

(ナラハラ マサノリ)

1968年7月生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
助教

学歴・取得学位

  • 1993年4月 神戸学院大学薬学部生理化学講座実験助手
  • 1998年4月 神戸学院大学薬学部生理化学講座助手
  • 2001年2月 大阪大学大学院薬学研究科論文博士
  • 博士(薬学) 2001年2月 大阪大学

主な職歴

  • 1993-1998 神戸学院大学薬学部実験助手
  • 1998-2007 神戸学院大学薬学部助手
  • 2007- 神戸学院大学薬学部助教

所属学会

日本薬学会、日本神経化学会、日本発生生物学会、日本分子生物学会、Society for the Study of Reproduction学会

主な研究分野

初期発生、分化(受精、初期胚、分化)

主な研究課題

  • 新化合物β-シトリル-L-グルタミン酸の細胞分化における役割について
  • マウス受精卵初期発生に関する研究

主な研究業績

  • 【論文】 2013年7月 Nitric oxide promotes survival of cerebral cortex neurons with simultaneous addition of [Fe(II)(β-citryl-L-glutamate)] complex in primary culture  共著 Biol.Pharm.Bull 36(7)
  • 【論文】 2011年6月 β-Citryl-L-glutamate acts as an iron carrier to activate aconitase activity. 共著 Biol.Pharm.Bull 34(9)
  • 【論文】 2010年10月 10.Superoxide scavenging and xanthine oxidase inhibiting activities of copper-β-citrly-L-glutamate complex. 共著 Biol.Pharm.Bull 33(12)
  • 【論文】 2010年3月 9.β-Citryl-L-glutamate is an endogenous iron chelator that occurs naturally in the developing brain. 共著 Biol.Pharm.Bull 33(5)
  • 【論文】 2007年4月 8.Triglyceride accumulation by peroxisome proliferators in rat hepatocytes. 共著 Biol.Pharm.Bull 30(4)

講演など協力可能なテーマ及び実績

細胞生理、発生生物、分子生物

担当科目

  • 薬の科学Ⅰ
  • 実験実習ⅢA
  • 薬学演習