1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 薬学部
  6. 中川 左理

情報の公表 - 教員総覧(薬学部)

中川 左理(ナカガワ サリ)

所属
薬学部 薬学科
職名
講師

学歴・取得学位

1998年 京都薬科大学薬学部薬学科卒業
2001年 京都薬科大学大学院薬学研究科 修士課程修了
2011年 大阪大学大学院薬学研究科応用医療薬科学専攻 博士後期課程修了
薬学博士[2011年(大阪大学)]

主な職歴

  • 2000年-2005年 社会福祉法人 京都社会事業財団 京都桂病院 薬剤科
  • 2004年     短期海外研究員(南カリフォルニア大学)
  • 2006年-     神戸学院大学薬学部 講師
  • 2013年-2014年 長期海外研究員(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)

所属学会

日本薬学会、日本病院薬剤師会、日本薬剤師会、日本医療薬学会、日本緩和医療学会、日本緩和医療薬学会、日本臨床腫瘍学会

主な研究分野

緩和医療学

主な研究課題

  • がん患者のQOL向上を目指した症状緩和に関する臨床研究
  • がん化学療法における副作用対策
  • 薬学生・新人薬剤師における緩和医療教育プログラムの構築
  • 日米における臨床教育プログラムの比較と新プログラムの開発・導入

主な研究業績

  • 論文 オキシコドン持続皮下投与開始時の有効性および安全性 共著 日本緩和医療薬学会雑誌 2015 ;8:111-116
  • 論文 Can milnacipran used for neuropathic pain in patients with advanced cancer cause neuromuscular and somatosensory disorders? 共著 J Palliat Med. 2011 ;14(4):403-405.
  • 論文 Can anti-infective drugs improve the infection-related symptoms of patients with cancer during the terminal stages of their lives? 共著 J Palliat Med. 2010 ;13(5):535-540.
  • 論文 Promotion and enhancement of communication and discussion skills through clinical pharmacy courses taught in English at a Japanese School of Pharmacy. 共著  Pharmacy Education. 2010. 10(2):149-156.
  • 論文 Changes in Japanese pharmacy education and practice. 共著 Am J Health Syst Pharm. 2008 ;65(3):201-202.
  • 書籍 トワイクロス先生のがん緩和ケア処方薬 共著 医学書院 2013

審議会・委員会活動

  • 薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂に関する調査研究チーム 委員 2012年〜2014年
  • 薬学臨床系教員(旧実務家教員)連絡会近畿地区大学連絡員 委員 2006年〜

講演会実績

  • 2015年1月29日 広島県病院薬剤師会呉支部研修会 がん疼痛治療
  • 2013年3月28日 第133回日本薬学会年会 臨床薬学教育における米国臨床研修の現状と展望 アメリカ薬学研修への新たな取り組み
  • 2013年2月2日 神戸学院大学薬学会 これから始める緩和ケア
  • 2011年9月25日 第5回日本緩和医療薬学会年会 緩和医療における臨床研究の実践
  • 2008年7月-10月 兵庫県薬剤師会 生涯教育研修会 緩和医療の進め方 がん性疼痛への薬物療法

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 緩和医療の進め方、緩和医療における臨床研究、全人的ケアの実践(がん患者さんとの関わりを通じて)、緩和医療における薬剤師の役割
  • 痛みのメカニズムと治療
  • 海外の薬剤師に学ぶ(米国薬剤師の活躍の現状、日米薬学生を対象とした意識調査の結果等)
  • 信頼関係の確立を目指して(コミュニケーション論、心のケア、脳とコミュニケーション、異文化コミュニケーション、病めることの意味等)

自己PR・共同研究の提案等

病院薬剤師の経験から、薬剤師業務全般、特に緩和医療、感染、栄養、化学療法などの臨床分野を得意とします。常に一薬剤師として、よりよい医療を目指すと共に、薬剤師になるであろう学生さんの未来をサポートしていきます。

担当科目

  • がんと緩和医療学
  • 薬剤師活動最前線
  • 信頼関係の構築
  • 海外の薬剤師に学ぶU
  • 病院・薬局に行く前に
  • 医療英語コミュニケーション
ページトップへ