神戸学院大学

大学紹介

岸本 修一

(キシモト シュウイチ)
岸本 修一

1966年2月生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
准教授

学歴・取得学位

  • 熊本大学(薬学部、製剤学科)1988年(卒業)
  • 熊本大学 修士課程(薬学研究科、医療薬科学)1990年(修了)
  • 2000年9月 薬学博士号取得(熊本大学)
  • 博士(薬学)[2000年9月(熊本大学)]

主な職歴

  • 1990年-1996年  住友製薬株式会社総合研究所研究員
  • 1997年1月 神戸学院大学薬学部実験助手
  • 2001年10月 神戸学院大学薬学部研究助手
  • 2005年4月 神戸学院大学薬学部講師
  • 2005年6月-2006年11月    UCSD Cancer Center客員研究員
  • 2011年4月 神戸学院大学薬学部准教授

所属学会

日本薬学会、日本薬剤学会、日本DDS学会、日本医療薬学会、日本癌学会

研究分野

薬剤学(がん治療)

主な研究課題

  • 抗がん薬のDDS製剤開発
  • 抗腫瘍性白金錯体の有効性を高める併用薬の探索
  • 糖尿病併発がん患者に対する薬物療法の有効性改善
  • BCG-CWSを用いたがん免疫療法の有効性改善
  • X線CT装置を用いた抗がん薬のin vivo有効性評価方法の構築

共同・受託研究

  • 受託研究 代表 新規癌ワクチンアジュバントの研究 日本ビーシージー製造 2017年2月~12月
  • 受託研究 代表 ラット反復投与モデルを用いたミリプラチンの血管障害性および肝機能評価の検討 大日本住友製薬 2014年4月~2015年1月
  • 共同研究 代表 糖鎖および抗体を修飾した白金制癌剤内包リポソームを用いた耐性癌治療薬の開発 片山化学工業 2011年9月~

主な研究業績

  • 単行本 2016 詳説化学療法学 単著 京都廣川書店
  • 論文 2016 Intracellular uptake of an antitumor- active azole-bridged dinuclear platinum(II) complex in cisplatin- resistant tumor cells 共著 Biometals 29, 1075-1083
  • 論文 2014 Basic studies on the lipiodoliza- tion of miriplatin in combination with CDDP 共著 Jpn J Cancer Chemother 41, 2104-2106
  • 論文 2014 Improvement of the viscosity and the intrahepatic distribution of miriplatin- lipiodol suspension 共著 Jpn J Cancer Chemother 41, 2101-2103
  • 論文 2011 Effects of streptozotocin dosing on the disease state of streptozotocin induced diabetic rats 共著 J Drug Deliv Sci Technol 21, 441-444
  • 論文 2011 Enhanced CYP3A activity in hypercholes- terolemic rat liver accelerates nicardipine elimination 共著 J Applied Therapeutic Research 8, 29-37
  • 論文 2011 The mRNA expressions of hepatic transporters in the sterptozoto- cin induced diabetic rats are ameliorated by insulin treatment 共著 J Applied Therapeutic Research 8, 19-28
  • 論文 2006 Role of Na+,K+-ATPase α1 subunit in the intracellular accumulation of cisplatin. 共著 Cancer Chemother Pharmacol 57, 84-9
  • 論文 2005 Continuous exposure to low-dose cisplatin and apoptosis. 共著 Biol Pharm Bull  28, 1954-1957 
  • 論文 2003 Relation between intracellular accumulation and cytotoxic activity of cis-[((1R, 2R)-1, 2-cyclohexanediamine-N, N')bis(myristato)]platinum(II) suspended in Lipiodol. 共著 Biol Pharm Bull 26, 683-686
  • 論文 2000 Cytotoxicity of cis-[((1R,2R)-1,2-cyclohexanediamine-N,N')bis(myristato)]-platinum (II) suspended in Lipiodol in a newly established cisplatin-resistant rat hepatoma cell line. 共著 Jpn J Cancer Res 91, 1326-1332
  • 論文 2000 In vitro release of SM-11355, cis[((1R,2R)-1,2-cyclohexanediamine-N,N')bis(myristato)] platinum(II) suspended in lipiodol. 共著 Biol Pharm Bull 23, 637-640

講演など協力可能なテーマ及び実績

がん薬物療法に関する内容

担当科目

  • 薬物動態を知る
  • 薬物治療学V(化学療法)
  • 医療薬学複合科目Ⅲ
  • 医療薬学複合科目Ⅳ