神戸学院大学

大学紹介

亀井 敬泰

(カメイ ノリヤス)
亀井 敬泰

1981年12月生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
助教

学歴・取得学位

  • 2004年 星薬科大学薬学部薬学科卒業
  • 2006年 星薬科大学大学院薬学研究科修士課程修了
  • 2009年 星薬科大学大学院薬学研究科博士課程修了
  • 博士(薬学) 2009年 星薬科大学大学院薬学研究科

主な職歴

  • 2009年 東京大学大学院薬学系研究科特任研究員
  • 2010年 星薬科大学博士研究員
  • 2011年 日本赤十字社血漿分画センター技術開発部員
  • 2012年 神戸学院大学薬学部レクチャラー(講師)
  • 2015年 神戸学院大学薬学部助教

所属学会

日本薬剤学会(経口吸収FG執行部)、日本薬学会、日本DDS学会、日本くすりと糖尿病学会(研究推進委員会)

主な研究分野

薬剤学

主な研究課題

  • タンパク・ペプチド薬物の経粘膜送達システムの構築
  • 膜透過性ペプチドの経粘膜薬物吸収促進メカニズムの解明
  • バイオ薬物の脳内デリバリー手法の構築

競争的資金・科学研究費補助金

  • 鈴木謙三記念医科学応用研究財団・調査研究助成 代表 認知症治療を目指した経鼻投与型インクレチン脳内送達法の開発 2016年度
  • 薬学研究奨励財団・研究助成金 代表 難吸収性医薬品の経口製剤開発を支援する膜透過性ペプチドキャリアの応用性予測システムの構築 2016年度
  • 兵庫県科学技術振興財団・助成金 分担 革新的生体膜透過ブースティング技術を基盤とする難吸収性薬物の次世代型経口送達システムの構築 2015年度
  • 先進医薬研究振興財団・精神薬療分野若手研究者助成 代表 進行したアルツハイマー病患者の認知機能低下を改善する脳内ペプチド送達法の開発 2015年度
  • 武田科学振興財団・薬学系研究奨励 代表 インクレチン点鼻投与を基盤とする進行性アルツハイマー病薬物療法の開発 2015年度
  • 加藤記念バイオサイエンス振興財団・国際交流助成 代表 Brain Delivery of Peptide Drugs via Intranasal Coadministration with Cell-Penetrating Peptides 2015年度
  • 中冨健康科学振興財団・研究助成金 代表 疾患モデル動物を用いた薬物動態解析に基づく経鼻投与型新規アルツハイマー病薬物療法の確立 2014年度
  • 若手研究(B) 代表 細胞膜透過ペプチド経鼻併用投与に基づくバイオ薬物の革新的脳内デリバリー 2013年度~2015年度
  • ひょうご科学技術協会・学術研究助成 分担 革新的吸収促進技術を搭載したバイオ医薬の経口および脳送達システムの創製 2013年度
  • 研究活動スタート支援 代表 膜透過ペプチド経鼻併用投与による新規アルツハイマー病治療薬の脳内デリバリー 2012年度~2013年度

主な研究業績

  • 原著論文 2017 Effect of an enhanced nose-to-brain delivery of insulin on mild and progressive memory loss in the senescence-accelerated mouse 共著 Mol. Pharm. In Press
  • 原著論文 2017 Complexation hydrogels as potential carriers in oral vaccine delivery systems 共著 Eur. J. Pharm. Biopharm. 112 (2017) 138-142
  • 原著論文 2016 Dependence of intestinal absorption profile of insulin on carrier morphology composed of beta-cyclodextrin-grafted chitosan 共著 Mol. Pharm. 13 (2016) 4034-4042
  • 原著論文 2016 Liposomal formulations loaded with polyunsaturated fatty acids for diabetes therapy via promotion of GLP-1 and insulin secretion 共著 Jpn. J. Pharm. Diabetes 5 (2016) 180-187
  • 原著論文 2016 Use of a non-covalent cell-penetrating peptide strategy to enhance the nasal delivery of interferon beta and its PEGylated form 共著 Int. J. Pharm. 510 (2016) 304-310
  • 原著論文 2016 Cell-penetrating peptide penetratin as a potential tool for developing effective nasal vaccination systems 共著 J. Pharm. Sci. 105 (2016) 2014-2017
  • 原著論文 2016 Visualization and quantitative assessment of the brain distribution of insulin administered via nose-to-brain delivery based on the cell-penetrating peptide noncovalent strategy 共著 Mol. Pharm. 13 (2016) 1004-1011
  • 原著論文 2016 Applicability and limitations of cell-penetrating peptides in noncovalent mucosal drug or carrier delivery systems 共著 J. Pharm. Sci. 105 (2016) 747-753
  • 原著論文 2015 Region-dependent role of the cell-penetrating peptides in insulin permeation across rat small intestinal membran 共著 AAPS J 17 (2015) 1427-1437
  • 原著論文 2015 Effect of different intestinal conditions on the intermolecular interaction between insulin and cell-penetrating peptide penetratin and on its contribution to stimulation of permeation through intestinal epithelium 共著 Eur. J. Pharm. Biopharm. 94 (2015) 42-51
  • 原著論文 2015 Safety of cell-penetrating peptide penetratin as an oral absorption enhancer 共著 Biol. Pharm. Bull 38 (2015) 144-146
  • 原著論文 2015 Brain delivery of insulin boosted by intranasal coadministration with cell-penetrating peptides 共著 J. Control. Release 197 (2015) 105-110
  • 原著論文 2014 In vivo proof of concept of oral insulin delivery based on a co-administration strategy with cell-penetrating peptide penetratin 共著 J. Control. Release 189 (2014)19-24
  • 原著論文 2013 Determination of the optimal cell-penetrating peptide sequence for intestinal insulin delivery based on molecular orbital analysis with self-organization maps 共著 J. Pharm. Sci. 102(2013)469-479
  • 原著論文 2013 Colonic delivery of docosahexaenoic acid improves impaired glucose tolerance via GLP-1 secretion and suppresses pancreatic islet hyperplasia in diabetic KK-Ay mice 共著 Int. J. Pharm. 450(2013)63-69
  • 原著論文 2013 Mechanistic study of the uptake/permeation of cell-penetrating peptides across a Caco-2 monolayer and their stimulatory effect on epithelial insulin transport 共著 J. Pharm. Sci. 102(2013)3998-4008
  • 原著論文 2013 One-month subchronic toxicity study of cell-penetrating peptides for insulin nasal delivery in rats 共著 Eur. J. Pharm. Biopharm. 85(2013)736-743
  • 総  説 2015 Antidiabetic effects of omega-3 polyunsaturated fatty acids: from mechanism to therapeutic possibilities 共著 Pharmacology & Pharmacy 6 (2015) 190-200
  • 総  説 2013 Non-invasive insulin delivery: the great potential of cell-penetrating peptides 共著 Ther. Deliv. 4(2013)315-326

講演会実績

  • 2016年12月14日 熊本大学大学院薬学教育部 熊本大学拠点形成研究A特別講演会

その他

  • 日本薬学会近畿支部奨励賞 2017年1月
  • 第22回創剤フォーラム若手研究会・Most Impressive Poster Award 2016年11月
  • 第2回くすりと糖尿病学会学術集会・優秀口演賞 2013年11月
  • The APSTJ Global Education Seminar West 2012 Presentation Award 2013年1月
  • The APSTJ Global Education Seminar East 2009 Presentation Award 2009年8月

自己PR・共同研究の提案等

患者さんにとってフレンドリーな医薬品開発を実現すべく、特にバイオ医薬品の経粘膜製剤化に向けた研究を行っています。学生が幅広い薬学知識や研究能力を身に付けられるようサポートし、医療の第一線で活躍できる薬剤師・研究者の育成に努めたいと思います。