神戸学院大学

大学紹介

市川 秀喜

(イチカワ ヒデキ)
市川 秀喜

シーズ集

所属
薬学部 薬学科
職名
教授、物性薬学部門長

学歴・取得学位

  • 神戸学院大学(薬学部、薬学科)1988年
  • 神戸学院大学 修士課程(薬学研究科、製剤学)1990年
  • 博士(薬学) (1994年9月 神戸学院大学大学院食品薬品総合科学研究科)

主な職歴

  • 1990年 小太郎漢方製薬株式会社研究所 研究所員
  • 1992年 神戸学院大学薬学部 実験助手
  • 1994年 同 研究助手
  • 2001年 同 講師
  • 2007年 同 准教授
  • 2011年 同 教授
  • 1998年3月-1999年9月 米国Purdue大学School of Chemical Engineering客員研究員
  • 2003年-2009年 大阪大学接合科学研究所共同研究員
  • 2009年-2014年 同志社大学微粒子科学技術研究センター嘱託研究員

所属学会

粉体工学会 和文誌・英文誌編集委員(2005.3~2015.3),評議員(2009.4~2013.3),国際交流委員(2009.4~2013.3),企画委員(2013.4~),理事(2013.4~)、日本薬学会 学術雑誌編集委員(2012.4~2015.3)、日本薬剤学会 評議員(2010.4~2018.3),出版委員(2014.4~),粉体プロセスフォーカスグループ副リーダー(2015.2~)、日本中性子捕捉療法学会 幹事(2013.9~)、日本DDS学会、American Association of Pharmaceutical Scientists、高分子学会、Controlled Release Society、製剤機械技術学会、日本キチン・キトサン学会、日本癌治療学会、日本ジェネリック医薬品学会

主な研究分野

製剤学(固形製剤,粒子加工,粒子設計,放出制御,コーティング,造粒,薬物送達システム,医用ナノパーティキュレートシステム)

主な研究課題

  • 医薬品微粒子の乾式・湿式コーティング技術
  • 高分子ナノ粒子を利用したドラッグデリバリーシステムの開発
  • 機能性コントロールドリリース用コーティング剤の研究開発
  • がん中性子捕捉療法用製剤の研究開発

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C) 分担 ホウ素中性子捕捉療法の適応を目指した骨軟部腫瘍におけるLAT-1発現の検討 2016年度~2018年度
  • 基盤研究(C) 分担 明細胞肉腫の肺転移に対するホウ素中性子捕捉療法を用いた新たな治療方法の開発 平成25年度~平成27年度
  • 文部科学省戦略的研究基盤形成支援事業 代表 創剤・創薬・創材支援を企図した医用ナノパーティキュレートシステム基盤研究拠点の形成 平成24年度~平成28年度
  • 基盤研究(C) 分担 ホウ素中性子捕捉療法を用いた明細胞肉腫の治療方法の開発 平成22年度~平成24年度

共同・受託研究

  • 教育研究奨学寄附金 代表 医薬品等の製剤技術に関する研究 日新薬品工業株式会社 平成28年1月~
  • 共同研究 代表 液状塞栓材料に関する研究 日本化薬株式会社 平成26年7月~
  • 教育研究奨学寄附金 代表 農薬の製剤化技術に関する研究 住友化学株式会社 平成24年10月~
  • 共同研究 代表 新規医薬品添加剤POVACOATに関する研究 大同化成工業株式会社 平成24年4月~平成25年3月
  • 共同研究 代表 医薬品等の製剤技術に関する研究【利便性の向上、放出制御などの機能性を付与した製剤開発のための処方・粒子設計及び製剤設計】 日新薬品工業株式会社 平成24年1月~平成27年12月
  • 教育研究奨学寄附金 代表 ヒドロキシプロピルセルロースの医薬品製剤への新規応用 日本曹達株式会社 平成20年9月~

主な研究業績

  • 学術雑誌 2015 Boron Neutron Capture Therapy (BNCT) as a new approach for clear cell sarcoma (cas)treatment:Trial Using a young metastasis model of ccs 共著 Applied Radiation and Isotopes 106/195-201
  • 学術雑誌 2015 Fabrication of composite particles through single pass using a coaxial tube reactor 共著 Chemical Engineering and Processing 97/233-241
  • 学術雑誌 2015 ドラフトチューブ付き噴流層スプレーコーターによる超低粘度ヒドロキシプロピルセルロースを用いた微小核粒子への薬物レイヤリング 共著 粉体工学会誌 52/145-149
  • 学術雑誌 2014 Effect of Lipid Amount on Surfactant-free Solid Lipid Nanoparticle Formation by Hot Homogenization. 共著 Chemistry Letters 43/1011-1013
  • 学術雑誌 2014 Inhibitory Effect of Turmeric Curcuminoids on FLT3 Expression and Cell Cycle Arrest in FLT3-Overexpressing EoL-1 Leukemic Cell Line. 共著 Journal of Natural Products 77/948-954
  • 学術雑誌 2014 Gadolinium-Loaded Chitosan Nanoparticles for Neutron-Capture Therapy: Influence of Micrometric Properties of the Nanoparticles on Tumor-killing Effect. 共著 Applied Radiation and Isotopes 88/109-113
  • 学術雑誌 2014 Boron neutron capture therapy (BNCT) as a new therapeutic approach for treatment of clear cell sarcoma (CCS): BNCT trail for a different type of CCS-bearing animal model. 共著 Applied Radiation and Isotopes 88/59-63
  • 学術雑誌 2013 Boron neutron capture therapy (BNCT) selectively destroys human clear cell sarcoma in mouse model 共著 Applied Radiation and Isotopes 73/96-100
  • 学術雑誌 2012 Preparation of Lipid Nanoemulsions Incorporating Curcumin for Cancer Therapy 共著 Journal of Nanotechnology 2012/ArticleID 270383
  • 学術雑誌 2010 Towards sustained delivery of small molecular drugs using hydroxyapatite microspheres as the vehicle 共著 Advanced Powder Technology 21/268-272
  • 学術雑誌 2008 Direct Measurement of Interactions between Stimuli-Responsive Drug Delivery Vehicles and Artificial Mucin Layers by Colloid Probe AFM 共著 Langmuir 24/3987-3992
  • 著書 2016 医薬品添加剤の処方設計と物性評価第4編処方設計改善効果第1章微粒子コーティングのための製剤添加物・処方計設 シーエムシー出版 129-138
  • 著書 2014 スプレーコーティング法による医薬用放出制御型マイクロカプセルの創製 共著 技術情報協会 209-216
  • 著書 2014 Pharmaceutical Polymers 共著 Wiley 307-329
  • 著書 2012 医薬品製剤開発のための次世代微粒子コーティング技術(監修・市川秀喜) 共著 シーエムシー出版

特許

登録番号 発明の名称 登録日 特許権者 発明者
特許第3934383号 経口投与製剤 2007年3月30日 アルフレッサファーマ株式会社 福森義信, 市川秀喜, 有本昌弘
特許第3405756号 マイクロカプセルの被膜材料 2003年3月7日 共和薬品工業株式会社 福森義信,市川秀喜,金子周二,福田友昭,大迫義文
US Patent No: 6,156,340 Orally administrable time release drug containing products 2000年12月5日 Duquesne University Christianah Moji Adeyeye, Yoshinobu Fukumori, Hideki Ichikawa

審議会・委員会活動

  • 日本薬剤学会第31年会 組織委員 2015年3月~2016年5月
  • 第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会 大会長 2014年7月~現在
  • 文部科学省科学技術学術政策研究所(科学技術動向研究センター) 専門調査員 2014年4月~2016年3月
  • ひょうご神戸サイエンスクラスター協議会 幹事 2013年7月~現在
  • ホソカワ粉体工学振興財団 研究奨励賞選考委員 2012年4月~
  • The 10th International Symposium on Agglomeration Co-chair and Scientific Secretariat 2012年4月~2013年10月
  • 第5回アジア・アーデンカンファレンス 組織委員 2011年12月~2013年10月
  • 製剤機械技術学会 第22回大会副実行委員長 2011年10月~2012年10月
  • 粉体工学会 製剤と粒子設計部会 世話人 2010年4月~
  • 大阪粉体工業展委員会 委員 2014年4月~2018年3月
  • 日本粉体工業技術協会 教育部門 委員 2010年4月~2018年3月
  • 日本粉体工業技術協会 ナノ物質の安全性向上のためのガイドライン作成委員会 委員 2009年4月~2012年3月
  • 第17回国際マイクロカプセルシンポジウム 実行委員 2007年12月~2008年8月
  • ソフトマテリアル・プロセス研究会 運営委員 2007年5月~2008年3月
  • Advanced Powder Technology Editorial Board 2005年3月~
  • 粉体工学会誌 編集委員 2005年3月~

地域貢献活動

  • 2009年・2010年度 兵庫県教育委員会 兵庫県立伊川谷高校「異文化交流」授業への派遣教員として,「形・色・大きさの外国文化 -医薬品製剤を中心に」を講演
  • 2009年度 兵庫県内公立高等学校 「製剤ってなんだろう-薬の使い易さと効き目を良くする仕掛け」の講義と実演

講演会実績

  • 2010年9月9-10日 日本薬剤学会 第1回製剤技術伝承実習講習会「50μmクラス微粒子へのスプレーコーティング(実習指導)」
  • 2005年度~随時 科研製薬株式会社,東和薬品株式会社,住友化学株式会社,武田薬品工業株式会社,アステラス製薬株式会社など 「微粒子コーティング技術の最近の進歩と将来展開」など

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 医薬品の固形製剤技術全般(特に,医療用の機能性ミクロ・ナノ粒子の製造、機械的コーティング法における装置・コーティング剤に関する研究)
  • 医薬品の剤形に関する内容

その他

  • 第23回粉体工学情報センター学術奨励賞(IP賞) 受賞研究課題「ナノからミクロンサイズにいたる医療用微粒子製剤の機能化のためのナノ構造設計の提唱および新規な微粒子型DDSの開発」 2011年8月
  • 日本薬剤学会第9回優秀論文賞 受賞論文「Acrylic terpolymer microcapsules for colon-specific drug delivery: effect of molecular weight and solubility of microencapsulated drugs on their release behaviors, Journal of Drug Delivery Science and Technology, Vol.16 No.3, pp.173-181 (2006)」 2007年5月
  • ホソカワ粉体工学振興財団平成19年度ホソカワ研究奨励賞 受賞研究課題「気中懸濁被覆法によるDDS用微粒子製剤の機能化」 2007年1月
  • 粉体工学会第18回上滝論文賞 受賞論文「Dry grinding of chitosan powder by a planetary ball mill, Advanced Powder Technology, Vol.9 No.4, pp.281-292 (1998).」 2000年5月

自己PR・共同研究の提案等

“小さな粒子に大きな夢を乗せて”を合言葉として、さまざまな機能をもつ微粒子の設計・製造・評価に関する研究を進めています。
特に医薬品のコントロールドリリース技術については長年の豊富な経験と技術蓄積があり、医薬品に限らず、香粧品、食品、一般化成品などへも応用展開を図りたいと考えています。