1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 薬学部
  6. 北條 恵子

情報の公表 - 教員総覧(薬学部)

北條 恵子(ホウジョウ ケイコ)

北條 恵子(ホウジョウ ケイコ)

>> シーズ集

所属
薬学部 薬学科
職名
助教

学歴・取得学位

1994年 神戸女子薬科大学卒業
1996年 神戸薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程 薬品化学専攻修了
2005年 博士(薬学)取得 (大阪大学)
博士(薬学)2005年 大阪大学

主な職歴

1996年〜2006年 神戸学院大学薬学部薬学科 実験助手
2007年〜     神戸学院大学薬学部薬学科 助教
2013年〜2014年 メルボルン大学フローリー神経科学研究所 リサーチアソシエイト

所属学会

日本薬学会、日本ペプチド学会、日本薬学会医薬品化学部会

主な研究分野

医薬品化学、合成化学(ペプチド科学)

主な研究課題

  • 環境調和型のペプチド合成〜水溶液中における化学合成法の開発
  • DDSを志向する機能性小分子ペプチドと高分子とのハイブリッド体の創製研究
  • マイクロ波を利用する迅速ペプチド合成法の開発
  • 神経ペプチドを創薬標的とした中分子創薬の展開

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C) 代表 脳内リラキシン受容体標的型抗肥満薬の開発〜インスリン様ペプチド7アナログの設計 2016年度〜2018年度
  • 基盤研究(B) 分担 トリアジンを基盤とする脱水縮合反応場の開拓と新技術の創成 2008年−2010年
  • 若手研究(B) 代表 水系での固相合成〜グリーンケミストリーを指向したペプチド合成法の開発 2005年−2008年
  • 若手研究(B) 代表 多分子型の「細胞接着関連ペプチドと高分子のハイブリッド体」の合成研究 2002年−2004年
  • 基盤研究(C) 分担 水系での固相合成〜Green Chemistryを指向したペプチド合成法の開発 2002年−2003年
  • 基盤研究(C) 分担 多機能型のペプチドとポリエチレングリコールとのハイブリッド体の合成研究 1997年−1999年

共同・受託研究

  • 薬学系奨励研究 代表 リラキシン-3の構造に指南されたペプチド性抗うつ薬の開発研究 武田科学振興財団 2016年
  • 女性研究者助成金 代表 RXFP3を標的とする肥満治療薬の開発 内藤科学助成金 2015年
  • 薬学系奨励研究 代表 水分散型保護アミノ酸ナノ粒子を用いる水中ペプチド合成〜マイクロ波を用いる迅速固相合成法の開発 武田科学振興財団 2012年
  • シーズ発掘試験A(発掘型) 代表 Fmoc法による水中固相合成法の基盤技術への展開 JST地域イノベーション創出総合支援事業 2009年

主な研究業績

  • 【論文】 2016年 Development of a single-chain peptide agonist of the relaxin-3 receptor using hydrocarbon stapling.  J. Med Chem. 59, 7445-7456
  • 【論文】 2015年 Oligomerization of neutral peptides derived from the JC virus agnoprotein through a cysteine residue Amino Acids 47, 2205-2213
  • 【論文】 2015年 Development of a sortase A-mediated peptide-labeled liposome applicable to drug-delivery systems Anticancer Res. 35, 4411-4417
  • 【論文】 2014年 Aqueous microwave-assisted peptide synthesis using Fmoc strategy. III: racemization studies and water-based synthesis of histidine-containing peptides Amino Acids 46, 2347-2354
  • 【論文】 2013年 Aqueous microwave-assisted solid-phase peptide synthesis using Boc-amino acid nanoparticles. Applode Sci. 3, 614-623

講演・取材可能なテーマ

ペプチド科学に関連する内容

その他

  • 8th Takeda Science Foudation Symposium on Pharma-Sciences Excellent Poster Award 2016年1月
  • 平成20年度 日本ペプチド学会奨励賞 2008年10月
  • 7th Korean Peptide Symposium Young Scientist Award 2003年11月

担当科目

  • 学生実習IIAB, IIIAB
  • 海外の薬剤師に学ぶII
  • 食薬文化論
ページトップへ