1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 薬学部
  6. 日置 和人

情報の公表 - 教員総覧(薬学部)

日置 和人(ヒオキ カズヒト)

日置 和人(ヒオキ カズヒト)

1969年3月生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
講師

学歴・取得学位

1991年 神戸学院大学(薬学部 薬学科) 卒業
1993年 神戸学院大学(薬学研究科修士課程) 修了
1994年 名古屋市立大学(薬学研究科)博士後期課程 中退
博士(薬学)学位:博士(薬学) 校名:名古屋市立大学 取得年月:1998年12月(平成10年)

主な職歴

1994年−2002年 神戸学院大学薬学部 実験助手
2002年−2007年 神戸学院大学薬学部 研究助手
2007年−2011年 神戸学院大学薬学部 助教
2012年−    神戸学院大学薬学部 講師

所属学会

日本薬学会・有機合成化学協会・日本付着生物学会・日本ペプチド学会

主な研究分野

有機合成化学(縮合剤,ポリマー,機能性)

主な研究課題

  • 環境負荷の低減を目指した固定化縮合剤の開発
  • 機能性高分子化合物の合成

主な研究業績

  • 【Journal】 2016年 otent triazine-based dehydrocondensing reagents substituted by an amido group. 共著 Beilstein J. Org. Chem. 12, 1897-1903
  • 【Journal】 2014年 Synthesis of pyrrolidinium salts using a triazine-based reagent under mild conditions 共著 Chem.Lett. 43(10),1593-1595
  • 【Journal】 2013年 Study of 1,3,5-triazine-based catalytic amide-forming reactions: 共著 Chem.Pharm.Bull. 61(8),882-886
  • 【Journal】 2012年 「Substrate-Selective Dehydrocondensation at the Interface of Micelles and Emulsions of Common Surfactants.」 共著 Angew. Chem., Int. Ed. 51(9), 2080-2083.
  • 【Journal】 2012年 「N-isopropyl-p-iodoamphetamine hydrochloride is predominantly metabolized by CYP2C19.」 共著 Drug Metab. Dispos. 40(5), 843-846.
  • 【Journal】 2012年 「Study on 1,3,5-Triazine Chemistry in Dehydrocondensation: Gauche Effect on the Generation of Active Triazinylammonium Species.」 共著 Chemistry--A European Journal 18(49), 15856-15867
ページトップへ