1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 薬学部
  6. 日高 興士

情報の公表 - 教員総覧(薬学部)

日高 興士(ヒダカ コオシ)

日高 興士(ヒダカ コオシ)

1974年10月生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
講師

学歴・取得学位

1997年 甲南大学理学部応用化学科 卒業
1999年 甲南大学大学院自然科学研究科修士課程化学専攻 修了
博士(薬学) [2009年9月 京都薬科大学]

主な職歴

2004年−2006年 京都薬科大学21世紀COEプログラム COE助手
2007年−2009年 京都薬科大学薬品化学分野 助手
2009年−2011年 京都薬科大学薬品化学分野 助教
2011年−    神戸学院大学薬学部薬学科 講師

所属学会

日本薬学会、日本ペプチド学会、日本病態プロテアーゼ学会、日本薬学会医薬化学部会、日本エイズ学会、 International Proteolysis Society、近畿エイズ研究会(理事)、日本ケミカルバイオロジー学会

主な研究分野

医薬品化学、生物有機化学(ペプチド、プロテアーゼ阻害剤、治療薬、感染症)

主な研究課題

  • HIVプロテアーゼ阻害剤を利用したプローブの設計
  • ペプチド型プラスメプシン阻害剤によるマラリア治療薬の開発
  • ペプチド構造を利用したPML治療薬の開発
  • 新規抗癌剤を目指したU7阻害剤の設計
  • DPP阻害剤の設計による抗菌薬開発

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C) 分担 臨床への応用を目指した活性中心指向型プラスミン阻害剤の設計 2016年度〜2018年度
  • 基盤研究(C) 分担 脳内リラキシン受容体標的型抗肥満薬の開発〜インスリン様ペプチド7アナログの設計 2016年度〜2018年度
  • 基盤研究(C) 分担 多機能性酵素プラスミンに対する活性中心志向型阻害剤の分子設計 2013年度〜2015年度
  • 基盤研究(C) 代表 逆方向結合型プロテアーゼ阻害剤の分子設計によるマラリア治療薬開発 2013年度〜2015年度
  • 若手研究(B) 代表 HIVおよびHTLVプロテアーゼを標的とした擬似対称阻害剤の開発研究 2011年度〜2012年度
  • 基盤研究(A) 分担 分子認識に基づく難病治療薬のデザインと医薬化学研究 2011年度
  • 基盤研究(C) 分担 薬剤耐性HIVプロテアーゼに対する高活性阻害剤の設計研究 2010年度
  • 若手研究(B) 代表 水素結合架橋水を配置する擬似対称型プロテアーゼ阻害剤の設計研究 2009年度〜2010年度
  • 若手研究(B) 代表 分子モデリングに基づく擬似対称型酵素阻害剤の分子設計 2007年度〜2008年度

主な研究業績

  • 【論文】 2016年 Active site-directed plasmin inhibitors: Extension on the P2 residue. 共著 Bioorg.Med.Chem. 24(4),545-553
  • 【論文】 2015年 「Oligomerization of neutral peptides drived from the JC virus agnoprotein through a cysteine residus.」 共著 Amino Acids 47(10),2205-2213
  • 【論文】 2014年 「Optimization of plasmepsin inhibitor by focusing on similar structural feature with chlorouine to avoid drug resistant mechanism of Plasmodium falciparum. 共著 Bioorg.Med.Chem.Lett. 24(7),1698-1701
  • 【論文】 2012年 「ペプチド化学を基盤とした統合創薬化学」 共著 化学工業 63(4),258-263
  • 【論文】 2011年 「Structural insights into the activation and inhibition of histo-aspartic protease from Plasmodium falciparum.」 共著 Biochemistry 50 (41), 8862-8879
  • 【論文】 2010年 「Improvement of both plasmepsin inhibitory activity and antimalarial activity by 2-aminoethylamino substitution.」 共著 Bioorg. Med. Chem. Lett. 20 (16), 4836-4839
  • 【論文】 2009年 「Small-sized human immunodeficiency virus type-1 protease inhibitors containing allophenylnorstatine to explore the S2' pocket.」 共著 J. Med. Chem 52 (23), 7604-7617
  • 【論文】 2008年 「Structure of HIV-1 protease in complex with potent inhibitor KNI-272 determined by high resolution X-ray and neutron crystallography.」 共著 Proc. Natl. Acad. Sci. USA 106 (12), 4641-4646
  • 【論文】 2008年 「Antimalarial activity enhancement in hydroxymethylcarbonyl (HMC) isostere-based dipeptidomimetics targeting malarial aspartic protease plasmepsin.」 共著 Bioorg. Med. Chem. 16 (23), 10049-10060

講演会実績

  • 2013年3月8日 生命分子機能研究会セミナー2013 「アロフェニルノルスタチンを用いる感染症治療薬設計とプロテアーゼプローブへの応用」
  • 2010年5月30日 国際協力機構(JICA)の集団研修 「抗HIV薬と新規薬剤開発」
  • 2009年11月26日 若手研究者シンポジウム, 次世代創薬, 第28回メディシナルケミストリーシンポジウム 「アロフェニルノルスタチンを骨格とする感染症治療薬設計」
  • 2009年6月3日 国際協力機構(JICA)の集団研修 「抗HIV薬と新規薬剤開発」
  • 2008年3月11日 タイ国マヒドン大学 「HIVプロテアーゼ阻害剤とマラリア原虫プラスメプシン阻害剤の開発」

講演など協力可能なテーマ及び実績

ペプチド構造が由来の低分子プロテアーゼ阻害剤、特にエイズのHIVプロテアーゼ、C型肝炎のHCVプロテアーゼを標的とした治療薬について医薬品設計の流れを講演できる。

その他

  • 第30回近畿エイズ研究会 学術賞 親和性競合による阻害剤の剥離を利用したHIVプロテアーゼ活性の検出 2016年6月
  • 第23回近畿エイズ研究会 学術賞(基礎研究部門) HIVプロテアーゼの結合部位周辺にある水分子を利用した阻害剤研究 2009年6月
  • 第7回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会 優秀演題賞 マラリア治療薬としてのallophenylnorstatineを含むプラスメプシンII阻害剤 2002年8月

自己PR・共同研究の提案等

  • 私はペプチド合成化学を基礎において、非天然アミノ酸を用いるプロテアーゼ阻害剤の分子設計を研究しています。
  • 薬物を自分で設計して合成し、活性の強い化合物に導くことを通して、学生に論理的な薬の分子設計の重要性と面白さを伝えたいです。

担当科目

  • 演習実習 IIA, IIB, IIIA, IIIB
  • 原著論文を読む
ページトップへ