神戸学院大学

大学紹介

福島 昭二

(フクシマ ショウジ)

1957年2月生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
教授

学歴・取得学位

  • 1982年3月 北海道大学大学院薬学修士修了
  • 1989年9月 薬学博士号取得(熊本大学)
  • 薬学博士 [1989年9月 (熊本大学)]

主な職歴

  • 1982年4月~1992年3月:熊本大学医学部附属病院薬剤部・文部技官薬剤師
  • 1992年4月:本学講師、2001年10月:同助教授、2006年4月:同教授

所属学会

日本薬学会、日本癌学会、日本薬剤学会、日本DDS学会、日本薬物動態学会、日本TDM学会、日本臨床薬理学会、日本医療薬学会、日本再生医療学会、日本人工臓器学会、日本血液代替物学会、アメリカ癌学会

研究分野

薬剤学(DDS、がん治療、エマルジョン、プロスタグランジン、人工血液、個別化医療、LC-MS、薬物血中濃度、経皮吸収)

主な研究課題

  • 抗腫瘍性プロスタグランジンの製剤開発・活性メカニズム解析
  • エレクトロポレーション、マイクロバブルソノポレーションを利用した癌治療法の開発
  • 病態時の薬物動態の解析
  • 油を利用した機能性薬物キャリヤーの開発
  • 筋ジストロフィー治療薬の開発
  • マイクロミニピッグの薬剤学分野への応用

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C) 分担 MRIへの応用に向けたPHIP法による超偏極19F生成の研究 2014年度~2016年度
  • 分担 切迫早産治療薬リトドリンの適正使用指針構築

主な研究業績

  • 論文 2016年12月 Intracellular uptaku of an antiumor-active azole-bricdgeddinuclear platinum(II)complex in cisplatin-resistant tumor cells 共著 Biometals 29 (6): 1075-1083, 2016
  • 論文 2016年1月 Population Pharmacokinetic-Toxicodynamic Modeling and Simulation of Cisplatin-Induced Acute Renal Injury in Rats: Effect of Dosing Rate on Nephrotoxicity. 共著 J. Pharm. Sci. 105(1): 324-332, 2016
  • 論文 2014年12月 ミリプラチン・CDDP併用リピオドリゼーションの基礎的検討 共著 癌と化学療法 41(12): 2104-2106, 2014
  • 論文 2014年12月 ミリプラチン製剤の粘性および肝臓内分散性の評価 共著 癌と化学療法 41(12): 2101-2103, 2014
  • 論文 2013年 Difference in ritodrine pharmacokinetics between singleton and twin pregnancies, M. 共著 Jpn. J. Clin. Pharmacol.Ther. 44: 389-394, 2013
  • 論文 2011年 Effects of streptozotocin dosing on the disease state of streptozotocin-induced diabetic rats 共著 J Drug Deliv Sci Technol 21: 441-444, 2011
  • 論文 2011年 The mRNA expressions of hepatic transporters in the streptozotocin-induced diabetic rats are ameliorated by insulin treatment 共著 J Applied Therapeutic Research 8: 19-28, 2011

審議会・委員会活動

  • 病院:施設内治験審査委員会(IRB)委員
  • 企業:臨床試験の効果・安全性評価委員
  • 学会:編集委員、評議員

講演会実績

  • 2017年1月 2016年12月 神戸西ブロック薬学研修会 高血圧治療薬の薬物動態・臨床薬理2、3
  • 2016年12月13日 神戸市シルバーカレッジ 風邪とその薬について
  • 2016年11月19日 神戸婦人大学 なぜ薬の効き方は個人によって違うのか -個別化医療について-
  • 2016年2月20日 神戸西ブロック薬学研修会 高血圧治療薬の薬物動態・臨床薬理1
  • 2016年1月16日 土曜健康科学セミナー お薬を安全・効果的に服用するために
  • 2015年12月8日 神戸市シルバーカレッジ 風邪とそのお薬について
  • 2015年11月14日 神戸婦人大学 薬と薬、薬と飲食物の相性:一緒に飲んで大丈夫かな?
  • 2015年9月12日 ギリアド・サイエンシズ株式会社 第144回神戸西ブロック薬学研究会 C型肝炎治療薬の薬物動態・臨床薬理
  • 2015年7月24日 兵庫県立姫路高等学校 薬剤師の仕事、薬の体内動態
  • 2015年7月9日 兵庫県立西宮北高等学校 薬剤師の仕事、薬の体内動態
  • 2013年6月20日・24日 兵庫県立伊川谷高校「異文化交流」授業 薬の効果は人種によってなぜ変わる
  • 2012年7月12日 明石市産業振興財団 正しい薬の飲み方

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • お薬の正しい飲み方に関連する講演
  • 薬物動態や薬物治療に関する講演

自己PR・共同研究の提案等

エマルジョン製剤の製造に関して、特殊な技術・経験を有しています。

担当科目

  • 生物薬剤学Ⅱ(薬物動態の解析)
  • テーラーメイド薬物治療
  • 薬物治療Ⅲ(循環器)
  • 症例で考える
  • コミュニテャイーファーマシー・薬剤師の心構え