神戸学院大学

大学紹介

福島 恵造

(フクシマ ケイゾウ)
福島 恵造

1978年1月生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
助教

学歴・取得学位

  • 2003 京都薬科大学 薬学部 生物薬学科 卒業
  • 2005 京都薬科大学 修士課程(臨床薬学科、薬物動態学)単位取得満期退学
  • 2005 京都薬科大学 薬学研究科博士課程後期 入学
  • 2007 京都薬科大学 薬学研究科博士課程後期 中退
  • 2009 京都薬科大学 薬物動態学分野 研究生
  • 薬学博士[2009年9月 (京都薬科大学)]

主な職歴

  • 2007年-2009年 京都薬科大学薬物動態学分野 助手
  • 2010年-2013年 神戸学院大学薬学部 レクチャラー(講師)
  • 2013年-     神戸学院大学薬学部 助教

所属学会

日本薬学会、日本薬物動態学会、日本医療薬学会、日本静脈経腸栄養学会

主な研究分野

薬物動態学(PK/PD modeling、Modeling & Simulation、Pharmacometrix)

主な研究課題

  • 抗癌剤のPK/PD modeling & simulationによる個別化投与設計の探索
  • 栄養素の生体内挙動に対する動態学的modeling & simulation
  • 移植患者における免疫抑制薬の適正使用に関する母集団薬物動態学的解析
  • 薬物-病態相互作用に関する薬物動態学的検討
  • 長期静脈栄養療法時における薬物療法の薬物動態学的アセスメント

競争的資金・科学研究費補助金

  • 若手研究(B) 代表 強制利尿法併用時のcisplatinの母集団薬物動態/薬力学的モデルの構築 2015年度~2017年度
  • 若手研究(B) 代表 長期中心静脈栄養による消化管萎縮時の薬物動態学的アセスメント 2012年度~2014年度

主な研究業績

  • 【論文】 2016年 Population Semiphysiologic Kinetic Modeling and Simulation of Plasma Triglyceride Levels After Soybean Oil-Based Intravenous Lipid Emulsion Administration in Rats. 共著 JPEN J Parenter Enteral Nutr. Jul 27. [Epub ahead of print]
  • 【論文】 2016年 Population Pharmacokinetic-Toxicodynamic Modeling and Simulation of Cisplatin-Induced Acute Renal Injury in Rats: Effect of Dosing Rate on Nephrotoxicity. 共著 J Pharm Sci. 105(1):324-32.
  • 【論文】 2015年 Enhanced oral bioavailability of vancomycin in rats treated with long-term parenteral nutrition. 共著 Springerplus. 22;4:442.
  • 【論文】 2015年 Preparation of Methacrylic Acid Copolymer S Nano-fibers Using a Solvent-Based Electrospinning Method and Their Application in Pharmaceutical Formulations. 共著 Chem Pharm Bull (Tokyo). 63(2):81-7.
  • 【論文】 2015年 Effect of Intestinal Atrophy and Hepatic Impairment Induced by Parenteral Nutrition on Drug Absorption and Disposition in Rats. 共著 J Parenter Enteral Nutr. 39(2):218-27.
  • 【論文】 2014年 Evaluation of efficacy and safety of artesunate and its active metabolite, dihydroartemisinin, in streptozotocin-induced diabetes rats by blood pharmacokinetic analysis. 共著 Interact Med Chem. 2: 1
  • 【論文】 2013年 Preparation and pharmaceutical evaluation of nano-fiber matrix supported drug delivery system using the solvent-based electrospinning method. 共著 Int J Pharm. 464(1-2):243-51.
  • 【論文】 2013年 Time-dependent interaction of ritonavir in chronic use: The power balance between inhibition and induction of P-glycoprotein and cytochrome P450 3A. 共著 J Pharm Sci. 102(6):2044-55.
  • 【論文】 2013年 Dose Adjustment Strategy of Cyclosporine A in Renal Transplant Patients: Evaluation of Anthropometric Parameters for Dose Adjustment and C0 vs. C2 Monitoring in Japan, 2001-2010. 共著 Int J Med Sci. 10(12):1665-73.
  • 【論文】 2012年 Two-layered dissolving microneedles formulated with intermediate-acting insulin. 共著 Int J Pharm. 436(1-2):387-93.
  • 【論文】 2012年 Pharmacokinetics and distribution of fluvoxamine to the brain in rats under oxidative stress. 共著 Free Radic Res. 46(7):831-41.
  • 【論文】 2011年 Decrease in brain distribution of fluvoxamine in experimental hyperlipidemic rats. 共著 J Pharm Pharm Sci. 14(3):414-24.
  • 【論文】 2011年 Effects of obesity induced by high-fat diet on the pharmacokinetics of cyclosporine A in rats. 共著 Biomed Prev Nutr. 1(3): 195-201.

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • PK/PD解析による医薬品の適正使用に関する話題
  • 臨床解析とそのフィードバックおよび基礎研究によるアプローチ
  • 薬物―病態相互作用に関する基礎研究

自己PR・共同研究の提案等

臨床での問題点を出発点とし、基礎および臨床の両面から精力的に研究活動を行っております。このBench-to-Bedside、Bedside-to-benchが研究形態の理想形であるため、幅広い分野との共同研究にも積極的です。