1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 薬学部
  6. 榎本 理世

情報の公表 - 教員総覧(薬学部)

榎本 理世(エノモト リヨ)

榎本 理世(エノモト リヨ)

1968年2月生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
講師

学歴・取得学位

摂南大学 (薬学部、生物薬学科) 1990年(卒業)
摂南大学 博士前期課程 (薬学研究科、薬理学)1992年(修了)
摂南大学 博士後期課程 (薬学研究科、薬理学) 1993年(退学)
博士 (薬学、大阪大学)

主な職歴

  • 神戸学院大学薬学部 実験助手 (1993-2005年)
  • 神戸学院大学薬学部 助手 (2005-2007年)
  • 神戸学院大学薬学部 助教 (2007年-2013年)
  • 神戸学院大学薬学部 講師 (2014年-)

所属学会

日本薬理学会、日本薬学会

主な研究分野

薬理学(神経細胞・グリア細胞・マクロファージ・微粒子)

主な研究課題

  • 神経細胞とグリア細胞の共培養実験系による細胞間機能的連携の評価
  • ナノ粒子-細胞間相互作用の微視的評価系の確立とその応用

競争的資金・科学研究費補助金

  • 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 分担 創剤・創薬・創材支援を企画したナノパーティキュレートシステム基盤研究拠点 2012年度〜2016年度
  • 文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業 分担 高齢化社会における加齢性疾患の予防・治療薬と機能性食品の開発 2006年度〜2010年度

主な研究業績

  • 【論文】 2016年 Enomoto R, Tsuruda H, Suzuki K, Endo Y, Tsukamoto T, Lee-Hiraiwa E. Phagocytized Silica Particles Cause IL-1β Release and Cell Death in Peritoneal Macrophages.  共著 J Clin Exp Immunol 1(1): 1-7.
  • 【論文】 2013年 Enomoto R,Imamori M,Seon A,Yoshida K,Furue A,Tsuruda H,Lee-Hiraiwa E.Proposal for a new evaluation of phagocytosis using different sizes of fluorescent polystyrene microspheres. 共著 Adv Biol Chem.  3(6):556-563.doi:10.4236/abc.2013.36064
  • 【論文】 2011年 Enomoto R,Koshiba C,Suzuki C,Lee E.Wogonin potentiates the antitumor action of etoposide and ameliorates its adverse effects. 共著 Cancer Chemother Pharmacol. 67(5):1063-72.doi:10.1007/s00280-010-1396-8.Epub 2010 Jul 24.
  • 【論文】 2009年 Lee E,Enomoto R,Koshiba C,Hirano H.Inhibition of P-glycoprotein by wogonin is involved with the potentiation of etoposide-induced apotosis in cancer cells. 共著 Ann N Y Acad Sci 1171:132-6.doi:10.1111/j.1749-6632.2009.04722.x
  • 【論文】 2009年 Nishimura M,Doi K,Enomoto R,Lee E,Naito S,Yamauchi A.ARTCEREB irrigation and perfusion solution for cerebrospinal surgery; pharmacological assessment using human astrocytes exposed to test solutions. 共著 Yakugaku Zasshi 129(9):1121-6.

地域貢献活動

  • 2016年7月〜2017年3月 国立研究開発法人 理化学研究所 脳血管障害後の炎症反応の可視化に関する共同研究
ページトップへ