1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 薬学部
  6. 安藤 徹

情報の公表 - 教員総覧(薬学部)

安藤 徹(アンドウ トオル)

安藤 徹(アンドウ トオル)
所属
薬学部 薬学科
職名
リサーチャー

学歴・取得学位

2009年 神戸学院大学 薬学部薬学科 卒業
2011年 神戸学院大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 修士課程 修了
2014年 神戸学院大学大学院 食品薬品総合科学研究科 博士後期課程 修了
薬学博士 [2014年3月(神戸学院大学)]

主な職歴

2014年−    神戸学院大学薬学部 リサーチャー

所属学会

紛体工学会、日本薬学会、日本薬剤学会、日本中性子捕捉療法学会

主な研究分野

製剤学,薬剤学、がん治療(キーワード:中性子捕捉療法,明細胞肉腫,ナノ粒子)

主な研究課題

  • 臨床における中性子捕捉療法を用いたがん治療のための前臨床研究(がん治療,薬剤)
  • がん治療のための医薬品微粒子製剤の開発(がん治療、製剤)

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基礎研究(C) 分担 ホウ素中性子捕捉療法の適応を目指した骨軟部腫瘍におけるLAT-1発現の検討 2016年度〜2018年度
  • 若手研究(B) 代表 ホウ素中性子捕捉療法による軟部肉腫治療のためのホウ素薬剤取り込みメカニズム解析 2015年度〜2016年度

主な研究業績

  • 【論文】 2015年12月 Potential of boronneutron capture therapy(BNCT)for maligncmt peripheral nerve sheath tumars(MPNST) 共著 Appl.Radiat.Isot 106,220-225
  • 【論文】 2015年12月 Boron neutron capture therapy (BNCT)as a new approach for clear cell sorcoma (ccs)treatment:Trial using a lung metastasis model of ccs 共著 Appl.Radiat.Isot 106,195-201
  • 【論文】 2014年6月 Boron neutron capture therapy as new treatment for clear cell sarcoma: trial on different animal model 共著 Appl. Radiat. Isot. 88,59-63
  • 【論文】 2014年6月 Gadolinium-loaded chitosan nanoparticles for neutron-capture therapy: influence of micrometric properties of the nanoparticles on tumor-killing effect 共著 Appl. Radiat. Isot. 88,109-113
  • 【論文】 2013年3月 Boron neutron capture therapy (BNCT) selectively destroys human clear cell sarcoma in mouse model 共著 Appl. Radiat. Isot. 73, 96-100
  • 【論文】 2011年10月 Boron neutron capture therapy for clear cell sarcoma (CCS): Biodistribution study of p-borono-L-phenylalanine in CCS-bearing animal models 共著 Appl. Radiat. Isot. 69, 1721-1724
  • 【論文】 2011年10月 Evaluation of BPA uptake in clear cell sarcoma (CCS) in vitro and development of an in vivo model of CCS for BNCT studies 共著 Appl. Radiat. Isot. 69, 1713-1716

その他

  • 17th International Congress on Neutron Capture Therapy Ralph G, Fairchild Award @Evaluation of relationship between uptake of L-BPA in Clear Cell Sarcoma cell line and L-type amino acid transporter 1 AEffect of particle size of nanoparticulate L-BPA formulation on biodistribution of 10 B after its subcutaneous administration to tumor-bearing mice 2016年10月
  • 第11回日本中性子捕捉療法学会学術大会 Best presentation賞 明細胞肉腫に対する新たな治療法としてのホウ素中性子捕捉療法:肺転移動物モデルに対するBNCT 2014年7月

自己PR・共同研究の提案等

臨床につながる前臨床研究を目標に機能性微粒子の開発や薬剤学的な検討を行っております.臨床や他施設と連携する研究と応用を見据えた基礎検討を行うことにより,医療への貢献に努めたいと考えております.

ページトップへ