神戸学院大学

大学紹介

田村 行識

(タムラ ユキノリ)
田村 行識
所属
栄養学部 栄養学科
職名
講師

学歴・取得学位

  • 2004年3月 神戸学院大学栄養学部栄養学科 卒業
  • 2006年3月 神戸学院大学大学院栄養学研究科栄養学専攻修士課程 修了
  • 2010年3月 京都大学大学院医学研究科医学専攻博士課程 修了
  • 博士(医学) 〔2010年3月 京都大学〕

主な職歴

  • 2010-2016 近畿大学医学部 助教
  • 2016- 神戸学院大学栄養学部 講師

所属学会

日本生化学会、日本分子生物学会、日本糖尿病学会、日本骨代謝学会、日本生理学会、日本病態生理学会(評議員)、日本動脈硬化学会

主な研究分野

生化学〔糖・脂質代謝、代謝異常(糖尿病、脂質異常症、非アルコール性脂肪性肝炎)〕

主な研究課題

  • 糖・脂質代謝異常と骨代謝異常の相互関連機構の解明
  • 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の病態機序の解明と栄養学的な予防法・治療法の探索
  • 糖尿病に伴う筋骨格系異常に対する栄養学的な予防法・治療法の探索

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基礎研究(C) 代表 肝-筋-骨ネットワークを介した骨代謝異常と糖・脂質代謝異常の相互増幅機構の解明 2016年度-2018年度
  • 若手研究(B) 代表 糖尿病が引き起こす骨軟骨再生障害における線溶系因子の役割解明 2014年度-2015年度
  • 若手研究(B) 代表 骨粗鬆症の治療を目指した骨芽細胞の分化・機能異常におけるPAI-1の役割の解明 2012年度-2013年度
  • 研究活動スタート支援 代表 NASHの肝線維化進展におけるプラスミンを介した炎症細胞浸潤の役割解明 2010年度-2011年度

主な研究業績

  • 【論文】 2017年3月 Vitamin D deficiency aggravates diabetes-induced muscle wasting in female mice 共著 Diabetology International 8:52-58
  • 【論文】 2016年10月 The vestibular system is critical for the changes in muscle and bone induced by hypergravity in mice. 共著 Physiological Reports 4(19):e12979
  • 【論文】 2016年10月 Novel roles of FKBP5 in muscle alteration induced by gravity change in mice. 共著  Biochemical and Biophysical Research Communications 479(3):602-606
  • 【論文】 2016年1月 Stromal cell-derived factor-1 mediates changes of bone marrow stem cells during the bone repair process. 共著 American Journal of Physiology - Endocrinology and Metabolism 310(1):E15-23
  • 【論文】 2015年8月 The Prostaglandin E2 Receptor EP4 Regulates Obesity-Related Inflammation and Insulin Sensitivity. 共著 PLoS One 10(8):e0136304
  • 【論文】 2015年6月 Role of plasminogen activator inhibitor-1 in glucocorticoid-induced diabetes and osteopenia in mice. 共著 Diabetes 64(6):2194-2206
  • 【論文】 2014年8月 Tissue-type plasminogen activator deficiency delays bone repair: roles of osteoblastic proliferation and vascular endothelial growth factor 共著 American Journal of Physiology - Endocrinology and Metabolism 307(3):E278-288
  • 【論文】 2014年6月 Fibrodysplasia Ossificans progressiva-related activin-like kinase signaling enhances osteoclast formation during heterotopic ossification in muscle tissues 共著 The Journal of Biological Chemistry 289(24):16966-16977
  • 【論文】 2014年5月 Enhanced pre-operative thrombolytic status is associated with the incidence of deep venous thrombosis in patients undergoing total knee arthroplasty. 共著 Thrombosis Journal 12:11
  • 【論文】 2014年4月 Plasminogen activator inhibitor-1 deficiency ameliorates insulin resistance and hyperlipidemia but not bone loss in obese female mice. 共著 Endocrinology 15(5):1708-17
  • 【論文】 2014年4月 Influence of diabetic state and vitamin D deficiency on bone repair in female mice. 共著 Bone 61:102-8
  • 【論文】 2013年9月 Plasminogen activator inhibitor-1 is involved in streptozotocin-induced bone loss in female mice. 共著 Diabetes 62(9):3170-9
  • 【論文】 2013年9月 Plasminogen plays a crucial role in bone repair. 共著 Journal of Bone and Mineral Research 28(7):1561-74
  • 【論文】 2012年5月 Ezetimibe ameliorates early diabetic nephropathy in db/db mice. 共著 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis 19(7):608-18
  • 【論文】 2011年11月 Differential effect of statins on diabetic nephropathy in db/db mice. 共著 International Journal of Molecular Medicine 28(5):683-7
  • 【論文】 2010年3月 C-C chemokine receptor 2 inhibitor improves diet-induced development of insulin resistance and hepatic steatosis in mice. 共著 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis 17(3):219-28
  • 【論文】 2009年6月 Mulberry leaf ameliorates the expression profile of adipocytokines by inhibiting oxidative stress in white adipose tissue in db/db mice. 共著 Atherosclerosis 204(2):388-94
  • 【論文】 2008年12月 Inhibition of CCR2 ameliorates insulin resistance and hepatic steatosis in db/db mice. 共著 Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology 28(12): 2195-201
  • 【論文】 2008年6月 Urinary Smad1 is a novel marker to predict later onset of mesangial matrix expansion in diabetic nephropathy. 共著 Diabetes 57(6):1712-22

特許

登録番号 発明の名称 登録日 特許権者 発明者
2013-146434 インスリン抵抗性改善剤およびインスリン抵抗性疾患予防用の健康補助食品 2013年7月 株式会社エンザミン研究所、
松尾 理
松尾 理、
田村 行識
2011-003856 血栓性疾患予防食品 2011年1月 松尾 理、
株式会社エンザミン研究所
松尾 理、
岡田 清孝、
田村 行識、
後藤 謙治

講演会実績

  • 2017年2月26日 公益財団法人 兵庫県栄養士会 糖尿病と骨粗鬆症:2つの病態の意外な接点

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 様々な臓器の連携による栄養素の代謝調節の仕組みと代謝障害との関係について
  • 糖尿病と骨粗鬆症の意外な接点について

自己PR・共同研究の提案等

全身の臓器ネットワークの破綻によってもたらされる代謝異常(糖尿病、NASHなど)の鍵因子を生化学的・分子生物学的に解明し、新たな予防・治療法を確立することを目的に研究を行っています。複雑な代謝機構の謎を紐解く楽しさをぜひ共有しましょう。

担当科目

  • 生化学Ⅰ、Ⅱ