1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 栄養学部
  6. 大南 博和

情報の公表 - 教員総覧(栄養学部)

大南 博和(オオミナミ ヒロカズ)

大南 博和(オオミナミ ヒロカズ)
所属
栄養学部 栄養学科
職名
助教

学歴・取得学位

2009年 徳島大学医学部栄養学科 卒業
2011年 徳島大学大学院栄養生命科学教育部 博士前期課程 修了
2014年 徳島大学大学院栄養生命科学教育部 博士後期課程 修了
博士(栄養学)[2014年3月(徳島大学)]

主な職歴

  • 2010-2014 徳島県立看護専門学校(現:徳島県立総合看護学校) 非常勤講師
  • 2014-2017 関西医科大学附属枚方病院(現:関西医大附属病院)健康科学センター 運動指導士

所属学会

日本肥満学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本臨床スポーツ医学会

主な研究分野

生化学、疾患栄養学、運動療法学(糖・脂質代謝、脂肪酸組成、呼吸・循環生理、肥満・糖尿病、サルコペニア、心臓リハビリテーション、腎臓リハビリテーション)

主な研究課題

  • 各種疾患の発症及び治療に関わる食事由来成分の相互作用研究
  • 栄養素代謝と運動代謝のクロストークに関する基礎研究
  • 心疾患および腎疾患に対する運動療法のエビデンス蓄積と新たな運動プログラムの探索

主な研究業績

  • 【論文】 2016年4月 Effects of dietary phosphate on glucose and lipid metabolism 共著 American Journal of Physiology - Endocrinology and Metabolism 310(7):E526-38
  • 【論文】 2015年1月 Fluctuating plasma phosphorus level by changes in dietary phosphorus intake induces endothelial dysfunction 共著 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 56(1):35-42
  • 【論文】 2014年7月 Dietary combination of sucrose and linoleic acid causes skeletal muscle metabolic abnormalities in Zucker fatty rats through specific modification of fatty acid composition 共著 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 55(1):15-25
  • 【論文】 2013年11月 Induction of the hepatic Stearoyl-coA Desaturase 1 Gene in offspring after isocaloric administration of high fat sucrose diet during gestation 共著 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 53(3):150-7
  • 【論文】 2011年8月 Paradoxical Regulation of Human FGF21 by Both Fasting and Feednig Signals: Is FGF21 a Nutritional Adaptation Factor? 共著 The Journal of Biological Chemistry 22;286(29):25467-76
  • 【論文】 2011年7月 Protective effects of dipeptidyl peptidase-4 (DPP-4) inhibitor against increased β cell apoptosis induced by dietary sucrose and linoleic acid in mice with diabetes 共著 PLoS ONE (6)8:e22976

講演・取材可能なテーマ

  • 肥満や心疾患、サルコペニアに対する食事および運動療法について
  • 生活習慣病の発症に寄与する糖質と脂質の相互作用について

自己PR・共同研究の提案等

医療現場の運動指導士として、運動療法の側面から栄養の大切さを実感してきました。今後は肥満や糖尿病をはじめ心疾患、腎疾患、サルコペニアに対する栄養療法と食事療法の相乗効果に関する基礎研究および臨床研究に取り組んでまいりたいと思います。分野を超え、神戸学院大学の特色を最大限に発揮できるよう皆様のご支援、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

ページトップへ