1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 栄養学部
  6. 駒村 和雄

情報の公表 - 教員総覧(栄養学部)

駒村 和雄(コマムラ カズオ)

駒村 和雄(コマムラ カズオ)

>> シーズ集

所属
栄養学部 栄養学科
職名
教授

学歴・取得学位

1979年 東京大学経済学部経済学科 卒業
1983年 大阪大学医学部医学科 卒業
1984年 大阪大学医学部第一内科研究生入学
1995年 大阪大学医学部第一内科研究生退学
医学博士[1996年3月(大阪大学)]

主な職歴

  • 1983−1984 大阪大学医学部 第一内科学教室 医員(研修医)
  • 1984−1989 大阪警察病院 循環器科 医師
  • 1989−1992 米国 ハーバード大学医学部 ニューイングランド地方霊長類研究所 研究員 (Research Fellow at Prof. Stephen F. Vatner's Laboratory, Cardiovascular Division, New England Regional Primate Research Center, Harvard Medical School, USA)
  • 1992−1993 大阪警察病院 循環器科 副医長
  • 1993−1994 大阪大学医学部 第一内科心臓研究室 研究スタッフ
  • 1994−1995 大阪大学医学部附属病院 医療情報部 医員
  • 1995−1998 国立循環器病センター第一循環器科 医師
  • 1997−1997 米国 聖路加聖公会病院附属 テキサス心臓研究所 移植部門研修生 (Visiting Physician at Transplant Services, Texas Heart Institute in St. Luke’s Episcopal Hospital, USA)
  • 1998−2008 国立循環器病センター研究所 循環動態機能部 心臓動態研究室長・心臓血管内科併任
  • 2006−2007 千里金蘭大学 生活科学部 食物栄養学科 非常勤講師 (担当 生活健康論、老年医学)
  • 2007− 兵庫医科大学 内科学講座 循環器内科 非常勤講師 (担当 心筋症講義、大学院生研究指導)
  • 2008− 国立循環器病研究センター研究所 循環動態制御部 客員研究員
  • 2008−2009 兵庫医療大学 薬学部 医療薬学 教授 (担当 一次救命処置実習、薬学入門、EBM入門)
  • 2009− 武田薬品工業株式会社 中央総括産業医 大阪診療所長
  • 2010−2013 大阪大学大学院 薬学研究科 臨床薬効解析学 招聘教員
  • 2011− 横浜市立大学大学院 医学研究科 循環制御医学 客員教授(担当 病態代謝生理学)
  • 2016− 神戸学院大学 栄養学部 教授

所属学会

  • 日本生体医工学会(旧名 日本エム・イー学会)(会員)
  • 日本循環器学会(認定循環器専門医、近畿地方会評議員)
  • 日本内科学会(認定内科認定医、認定総合内科専門医、近畿地方会評議員)
  • 日本人類遺伝学会(臨床遺伝専門医)
  • 日本遺伝子診療学会(会員)
  • 米国心臓病学会(特別研究員)
  • 米国心臓協会 基礎医学評議会(特別研究員)
  • 日本心不全学会(評議員)
  • 日本遺伝カウンセリング学会(会員)
  • 日本抗加齢医学会(認定専門医)
  • 日本産業衛生学会(会員)
  • 臨床研究適正評価教育機構(会員)
  • 米国内科学会(特別研究員)
  • 日本臨床薬理学会(臨床薬理専門医)
  • 英国王立医学協会(特別研究員)
  • 日本医学シミュレーション学会(会員)
  • 欧州心臓病学会(特別研究員)
  • 日本ゲノム薬理学会(監事)

主な研究分野

循環器学( 循環生理学、心臓超音波、生体情報計測、バイオマーカー、心不全、心臓移植、薬理学、ゲノム)

主な研究課題

  • 室温使用可能な磁気素子による心磁計測を用いた心事故発症予知デバイスの基礎的検討
  • 容積脈波法及びドプラー血流速からの血圧推定

競争的資金・科学研究費補助金

  • 科学研究費補助金 基盤研究(C) 課題番号 21613010 代表 研究課題:非接触性無侵襲心臓電磁イメージングによる大量高速薬理安全試験系の開発 2009年度
  • 財団法人石川県産業創出支援機構受託研究費 代表 研究課題:小動物用生体磁場計測装置の開発 2008年度
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C) 課題番号 19500469 代表 研究課題:人工心臓装着中の重症心不全患者に対する足熱療法による血管内皮機能・心機能改善効果 2007〜2008年度
  • 中部経済産業局地域新生コンソーシアム研究開発事業 分担 研究課題:小動物用生体磁場計測装置の開発 2006〜2007年度
  • 第18回大阪ハートクラブ医学研究助成 代表 研究課題:世界初 貼付剤型 心筋保護的強心薬の開発 2005年度
  • 文部科学省知的クラスター創成事業(金沢地区)「石川ハイテク・センシング・クラスター構想」 分担 研究課題:小動物用生体磁場計測装置の開発 2005年度
  • 循環器病研究振興財団 指定研究 分担 研究課題:慢性重症心不全患者(補助人工心臓離脱例を含む)に対するインスリン様成長因子(IGF-1)の臨床的有用性の検討 2004年度
  • 2004年度博慈会老人病研究所優秀論文助成 代表 研究課題:未病および早期病状診断法に関する研究 2004年度
  • 2004年度成長科学協会研究助成 代表 研究課題:インスリン様成長因子(IGF-1)の血管内皮前駆細胞(EPC)動態と心不全病態に与える効果の検討 2004年度
  • 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業) 分担 研究課題:HB-EGFにかかわる新規拡張型心筋症モデルマウスの作成とその治療薬開発に関する研究 2002〜2004年度
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)  課題番号14570709 代表 研究課題:超音波遺伝子導入:超音波照射による臓器特異的遺伝子導入法の開発 2002〜2003年度
  • メディカルフロンティア戦略プロジェクト(タンパク質科学研究による循環器疾患対策・創薬推進事業) 分担 分担研究課題:心筋梗塞及び関連疾患の画期的な予防、治療法の開発 2001〜2004年度
  • 科学研究費補助金 基盤研究(B)(2)課題番号13470320 分担 研究課題:脳死ドナーおよび心臓移植患者の周術期管理に関する基礎・臨床研究 2001〜2003年度
  • ミレニアム・ゲノム・プロジェクト(遺伝子解析による高血圧等循環器疾患対策・創薬推進事業) 分担 研究課題:薬剤反応性遺伝子解析による疾病対策・創薬推進事業 分担研究課題:抗不整脈薬に関する薬剤反応性遺伝子解析 2000〜2004年度
  • 循環器病研究振興財団 公募自由研究 代表 研究課題:超音波遺伝子治療:超音波照射による臓器特異的遺伝子導入法の開発 2001年度
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)課題番号 11670729 代表 研究課題:心筋症ハムスターに対する肝細胞増殖因子遺伝子導入による心不全治療 1999〜2001年度
  • 科学技術振興調整費ゲノムフロンティア 分担 研究課題:日本人ゲノムの多型情報の集積と多型遺伝子疾患の疾患感受性遺伝子の同定 分担研究課題:心不全を中心とした患者ゲノムの収集と病因解析 1999〜2003年度
  • 循環器病研究振興財団 公募自由研究 代表 研究課題:ヒト組換え型成長ホルモンの拡張型心筋症に対する臨床的有用性と至適投与量の検討 1998年度
  • 第10回大阪ハートクラブ医学研究助成 代表 研究課題:Hepatocyte growth factorの拡張型心筋症に対する心筋保護効果:心筋症ハムスターによる検討 1997年度
  • 厚生省 循環器病研究委託事業8指-5 分担 研究課題:心筋生化学画像診断の臨床応用に関する基礎的及び臨床的研究 分担研究課題:心不全のSPECT生化学画像診断 1996〜1998年度

共同・受託研究

  • 千里ライフサイエンス財団2005年度共同研究助成 代表 超小型マウス用シングルチップ集積型多チャンネルSQUID心磁計の開発(国立循環器病センター研究所、横河電機株式会社) 千里ライフサイエンス財団 2005年度

主な研究業績

  • 【論文】 2016年11月 Long-term effects of L- and N-type calcium channel blocker on uric acid levels and left atrial volume in hypertensive patients. 共著 Heart Vessels. 2016;31:1826-1833.
  • 【論文】 2016年6月 Comparison of salt with low-dose furosemide and carperitide for treating acute decompensated heart failure: a single-center retrospective cohort study. 共著 Heart Vessels. 2016 Jul 28. [Epub ahead of print]
  • 【論文】 2016年2月 The association between left ventricular twisting motion and mechanical dyssynchrony: a three-dimensional speckle tracking study. 共著 Heart Vessels. 2016;31:158-64
  • 【論文】 2016年2月 Changes in collagen metabolism account for ventricular functional recovery following beta-blocker therapy in patients with chronic heart failure. 共著 Heart Vessels. 2016;31:173-82.
  • 【論文】 2016年 1月 Long-term effects of L- and N-type calcium channel blocker on uric acid levels and left atrial volume in hypertensive patients. 共著 Heart Vessels. 2016 Jan 29. [Epub ahead of print]
  • 【論文】 2015年 1月 【心不全のチーム医療】 識る 正しい食事指導とは? 共著 Heart View 2015;19(1):38-43.
  • 【論文】 2014年 7月 Takotsubo cardiomyopathy: Pathophysiology, diagnosis and treatment. 共著 World J Cardiol. 2014;6:602-9.
  • 【論文】 2014年 5月 足浴が和温療法の導入に有用であった重症心不全の1例 共著 心臓 2014;46(5):641-7
  • 【論文】 2014年10月 Changes in collagen metabolism account for ventricular functional recovery following beta-blocker therapy in patients with chronic heart failure. 共著 Heart Vessels.  2014 Oct 29. [Epub ahead of print]
  • 【論文】 2014年10月 The association between left ventricular twisting motion and mechanical dyssynchrony: a three-dimensional speckle tracking study. 共著 Heart Vessels. 2014 Oct 10. [Epub ahead of print]
  • 【論文】 2014年 6月 Elevated Arterial Stiffness and Diastolic Dysfunction in Subclinical Hypothyroidism. 共著 Circ J. 2014;78:1494-500.
  • 【論文】 2014年 4月 Beta-blocker stress echocardiography in an aortic stenosis patient with associated left ventricular outflow tract obstruction. 共著 J Echocardiogr 2014;12:68-70.
  • 【論文】 2014年 3月 Long-term effects of irbesartan on plasma aldosterone concentration and left atrial volume in hypertensive patients. 共著 J Cardiol 2014;63:205-10.
  • 【論文】 2013年12月 Similarities and Differences between the Pathogenesis and Pathophysiology of Diastolic and Systolic Heart Failure. 単著 Cardiol Res Pract 2013;2013:824135. doi: 10.1155/2013/824135
  • 【論文】 2013年10月 Clinical Implication of Genetic Testing for Hypertrophic Cardiomyopathy. 単著 Human Genet Embryol 2013;3:114. doi:10.4172/2161-0436.1000114
  • 【論文】 2013年 9月 Long-term effects of irbesartan on plasma aldosterone concentration and left atrial volume in hypertensive patients. 共著 J Cardiol 2013 Sep 20. [Epub ahead of print]
  • 【論文】 2013年 9月 Blockade of sarcolemmal TRPV2 accumulation inhibits progression of dilated cardiomyopathy. 共著 Cardiovasc Res  2013;99:760-8.
  • 【論文】 2011年10月 Association between osteopontin promoter variants and diastolic dysfunction in hypertensive heart in the Japanese population. 共著 Hypertens Res. 2011;34:1141-1146.
  • 【論文】 2011年 9月 Heart transplantation and long-term mechanical support in Japan: progress at last. 共著 J Heart Lung Transplant. 2011;30:1070.
  • 【論文】 2011年 6月 Cellular Injury of Cardiomyocytes during Hepatocyte Growth Factor Gene Transfection with Ultrasound-Triggered Bubble Liposome Destruction. 共著 J Drug Deliv. 2011;2011:453619.
  • 【論文】 2011年 5月 Pre- and post-operative risk factors associated with cerebrovascular accidents in patients supported by left ventricular assist device. - Single center's experience in Japan - 共著 Circ J. 2011;75:1138-1146.
  • 【論文】 2011年 5月 Utility of echocardiographic evaluation of donor hearts upon organ procurement for heart transplantation. 共著 J Cardiol. 2011;57:215-222.
  • 【論文】 2011年 5月 Utility of left ventricular systolic torsion derived from 2-dimensional speckle-tracking echocardiography in monitoring acute cellular rejection in heart transplant recipients. 共著 J Heart Lung Transplant 2011;30:536-43.
  • 【論文】 2010年 4月 Cumulative episodes of rejection altered myocardial sarcoplasmic reticulum Ca(2+)-ATPase and ryanodine receptor-2 mRNA expression in heart transplant recipients. 共著 Int Heart J. 2010;51(4): 259-263.
  • 【論文】 2008年 4月 Micro-magnetocardiography system with a single-chip SQUID magnetometer array for QT analysis and diagnosis of myocardial injury in small animals. 共著 IEEE Trans Biomed Circuits Syst. 2008; 2(4): 260-268.
  • 【論文】 2008年 4月 Myocardial protection via the coronary sinus. 共著 Circ J 2008;72(4): 526-533.
  • 【論文】 2008年 3月 Comparison of the initial hospitalization costs between the patients treated with dobutamine and the 共著 Value Health 2008;11(Suppl 1):S39-S42.
  • 【論文】 2006年 5月 Heart-type fatty acid binding protein is a novel prognostic marker in patients with non-ischemic dilated cardiomyopathy. 共著 Heart 2006;92(5): 615-618.
  • 【論文】 2004年 9月 Treatment of dilated cardiomyopathy with electroporation of hepatocyte growth factor gene into skeletal muscle. 共著 Hypertension 2004;44(3):365-371.
  • 【論文】 2004年 3月 The role of a common TNNT2 polymorphism in cardiac hypertrophy. 共著 J Hum Genet 2004;49(3):129-133
  • 【論文】 2001年 9月 Vascular Cell Adhesion Molecule-1 as a Biochemical Marker of Left Ventricular Mass in the Patients with Hypertension. 共著 Am J Hypertens 2001;14(9 Pt 1):868-872.
  • 【論文】 1997年 6月 Left ventricular volume reduction or mitral valve reconstruction? 共著 Lancet 1997;350(9087):1327.
  • 【論文】 1996年11月 Preventive medicine or discrimination. 単著 Nat Med 1996;2(11):1162.
  • 【論文】 1996年 8月 Jewish women, breast cancer, and commercial risks. 単著 Lancet 1996;348(9025):477.
  • 【論文】 1994年 2月 Progressive decreases in coronary vein flow during reperfusion in acute myocardial infarction: clinical documentation of the no reflow. 共著 J Am Coll Cardiol 1994;24(2):370-7.
  • 【論文】 1993年 4月 Exhaustion of Frank-Staring mechanism in conscious dogs with heart failure. 共著 Am J Physiol 1993;265(4 Pt ):H1119-31.
  • 【論文】 1992年 6月 Alterations in left ventricular diastolic function in conscious dogs with pacing-induced heart failure. 共著 J Clin Invest 1992;89(6):1825-38.
  • 【論文】 1989年 9月 Preliminary clinical experience with intermittent coronary sinus occlusion in combination with thrombolytic therapy in acute myocardial infarction. 共著 Jpn Circ J 1989;53(9):1152-1163.
  • 【著書】 2014年10月 そうだったのか! ストンと胸に落ちる基礎知識 In 臨床心不全のいちばん大事なところ60. 共著 メディカ出版 241-245頁
  • 【著書】 2013年 6月 PreliminaryTrial of Lower Leg Thermal Therapy for Patients with Terminal Heart Failure Fitted with Left Ventricular Assist Device. In Recent Advances in the Field of Ventricular Assist Devices. 共著 In Tech (open access publisher) pp.81-93
  • 【著書】 2013年 5月 Preliminary Trial of Lower Leg Thermal Therapy for Patients with Terminal Heart Failure Fitted with Left Ventricular Assist Device. 共著 In Tech (open access publisher) pp.81-93
  • 【著書】 2013年 1月 ファブリー病 UpDate 共著 診断と治療社 162-166頁
  • 【著書】 2011年 8月 Risk Factor Analysis and Management of Cerebrovascular Accidents in Japanese Patients Supported by Left Ventricular Assist Device. 共著 In Tech (open access publisher) pp.105-114
  • 【著書】 2011年 4月 Initial Experience of Lower Limb Thermal Therapy for Patients with Extracorporeal Left Ventricular Assist Device Awaiting for Heart Transplantation. 共著 In Tech (open access publisher) pp.125-134
  • 【著書】 2011年 4月 Long-Term Management of Pulsatile Extracorporeal Left Ventricular Assist Device. 共著 In Tech (open access publisher) pp.193-202
  • 【著書】 2011年 4月 Initial Experience of Lower Limb Thermal Therapy for Patients with Extracorporeal Left Ventricular Assist Device Awaiting for Heart Transplantation. In: Ventricular Assist Devices. 共著 In Tech (open access publisher) pp.125-134
  • 【著書】 2010年10月 第2部心電図と症例. 判読ER心電図 T 基本編. 共著 西村書店 96-105頁
  • 【著書】 2010年 8月 生理機能検査. 看護学テキストNICE 疾病と検査. 共著 南江堂 38-81頁
  • 【著書】 2009年10月 重症心不全の予防と治療 共著 中外医学社 139-142頁
  • 【著書】 2009年 9月 最新循環器診療マニュアル 共著 中山書店 232-233頁
  • 【著書】 2008年11月 Hepatocyte Growth Factor Gene Therapy for Hypertension. In: Electroporation Protocols: Experimental and Clinical Gene Regulation. 共著 The Humana Press Inc. pp.393-404
  • 【著書】 2007年 7月 Diagnosis of the location of myocardial injury using mouse/rat magnetocardiography system with a single-chip SQUID magnetometer array. In: New Frontiers in Biomagnetism. 共著 Elsevier pp.574-577
  • 【著書】 2007年 5月 心筋症って怖い病気ですか?知っておきたい循環器病あれこれ52. 単著 循環器病研究振興財団 1-15頁
  • 【著書】 2007年 3月 心不全の診かた・考えかた 共著 209-217頁 医学書院
  • 【著書】 2005年 5月 50症例から学ぶ心不全 共著 ライフサイエンス出版 8頁、86頁、95頁、113頁、178-182頁、202-204頁
  • 【著書】 2004年 1月 ファブリー病 共著 ブレーン出版 49-51頁、118-122頁
  • 【著書】 2003年 6月 ダイナミック・メディシン 共著 西村書店 10-37〜40頁、10-41〜44頁、10-45〜47頁
  • 【著書】 2003年 3月 ナーシング・セレクション 循環器疾患 共著 学研 169-174頁
  • 【著書】 1999年 9月 重症心不全 共著 医学書院 37-43頁、183-188頁、245-248頁
  • 【著書】 1999年 9月 医療ビッグバンの基礎知識 共著 日本内科学会 73-82頁
  • 【著書】 1999年 8月 心筋症とはどんな病気? 知っておきたい循環器病あれこれ 共著 循環器病研究振興財団 1-15頁
  • 【著書】 1999年 5月 心臓病診療プラクティス20 心臓病診療の問題点を考える 共著 文光堂 124-131頁
  • 【著書】 1997年 9月 循環器疾患の治療指針 (第2版) 共著 丸善 46-50頁
  • 【著書】 1997年 8月 Clinical impact of Ischemic preconditioning on infarct size and coronary no-reflow phenomenon after successful recanalization in the acute myocardial infarction. In: Adenosine, Cardioprotection and its Clinical Application. 共著 Kluwer Academic Publisher pp.225-235
  • 【著書】 1995年 9月 内科学第6版 共著 朝倉書店 481-485頁
  • 【著書】 1994年 5月 Systolic and diastolic dysfunction in heart failure. In: Cardiac Adaptation and Failure.) 共著 Springer-Verlag pp.327-331
  • 【著書】 1993年 9月 改訂三版CCUハンドブック 共著 メディカルレビュー社 27-52頁、122-128頁
  • 【著書】 1988年 5月 CCUハンドブック 共著 メディカルレビュー社 18-43頁、113-119頁

特許

  • 499205号 小動物用生体磁気測定装置 2012年5月18日 金沢工業大学 理事長 上原弦、宮本政和、足立善昭、河合淳、尾形久直、駒村和雄
  • 484084号 ヒト有機カチオントランスポーターhOCT/SLC22A2 2011年10月14日 国立医薬品 食品衛生研究所長 澤田純一、小澤正吾、齋藤嘉朗、前川京子、玉井郁巳、前田智司、駒村和雄、鎌倉史郎、北風政史
  • 4857430号 貼付剤型強心薬 2011年11月11日 国立循環器病研究センター理事長 駒村和雄、北風政史
  • 416914号 代謝酵素CYP2C8の多型を利用した薬物代謝の検査法および検査薬、並びに、薬物代謝を改善する化合物のスクリーニング方法 2008年8月15日 国立医薬品 食品衛生研究所長 澤田純一、小澤正吾、齋藤嘉朗、宮武邦夫、鎌倉史郎、上野和行、駒村和雄
  • 4114979号 拡張型心筋症治療剤 2008年4月25日 中村敏一 駒村和雄、宮武邦夫
  • US Patent 6,036,972 Method of Treating Dilated Cardiomyopathy 2000年3月14日 中村敏一 Toshikazu Nakamura, Kazuo Komamura, Kunio Miyatake

審議会・委員会活動

  • 公益社団法人 臨床心臓病学教育研究会JECCS 理事 2009年-
  • 厚生労働省難治性疾患克服研究班「特定疾患の分子病態の解明に関する研究班」 班員 2002年-2004年
  • 厚生省「遺伝子解析による疾病対策・創薬に関する研究における生命倫理問題に関する調査研究」 作業委員会委員 1999年-2001年
  • 循環器エキスパートカンファレンス(北摂地区若手医師循環器勉強会) 代表幹事 1996年-2008年

地域貢献活動

  • 2015年 10月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 第5回 薬剤師のための医学講座 大阪 現役薬剤師のための診察シミュレーターを使用したフィジカルアセスメント(視診・触診・聴診)研修
  • 2015年 9月 第63回日本心臓病学会学術集会JCC-JECCS共同企画 横浜 心臓診察における身体所見のとり方 心臓病患者シミュレータ(イチロー)を使用した実践的トレーニング"
  • 2015年 8月 Japan Myanmar Medical Help Group(JMMHG)と臨床心臓病学教育研究会(JECCS)の共同事業 ヤンゴン 第2回心エコーの基礎講座とハンズオン研修
  • 2015年 7月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 2015循環器専門ナース研修 大阪 臨床心臓病学教育研究会ジェックス主催循環器専門ナース研修会における「循環器薬理学」講義
  • 2015年 3月 第29回日本医学会総会「医学史展」 京都 京都大学総合博物館における心臓病シミュレーターの展示と心臓病の一般向け概説
  • 2015年 2月 Japan Myanmar Medical Help Group(JMMHG)と臨床心臓病学教育研究会(JECCS)の共同事業 ヤンゴン 第1回心エコーの基礎講座とハンズオン研修
  • 2014年 10月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 第4回 薬剤師のための医学講座 大阪 現役薬剤師のための診察シミュレーターを使用したフィジカルアセスメント(視診・触診・聴診)研修
  • 2014年 9月 第62回日本心臓病学会学術集会 JCC-JECCS 共同プログラムセッション3 仙台 心臓診察における身体所見のとり方 心臓病患者シミュレータ(イチロー)を使用した実践的トレーニング"
  • 2014年 7月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 2014循環器専門ナース研修 大阪 臨床心臓病学教育研究会ジェックス主催循環器専門ナース研修会における「循環器薬理学」講義
  • 2013年 10月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 第3回 薬剤師のための医学講座 大阪 現役薬剤師のための診察シミュレーターを使用したフィジカルアセスメント(視診・触診・聴診)研修
  • 2013年 7月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 2013循環器専門ナース研修 大阪 臨床心臓病学教育研究会ジェックス主催循環器専門ナース研修会における「循環器薬理学」講義
  • 2012年 10月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 第2回 薬剤師のための医学講座 大阪 現役薬剤師のための診察シミュレーターを使用したフィジカルアセスメント(視診・触診・聴診)研修
  • 2012年 7月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 2012循環器専門ナース研修 大阪 臨床心臓病学教育研究会ジェックス主催循環器専門ナース研修会における「循環器薬理学」講義
  • 2011年 10月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 第1回 薬剤師のための医学講座 大阪 現役薬剤師のための診察シミュレーターを使用したフィジカルアセスメント(視診・触診・聴診)研修
  • 2011年 7月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 2011循環器専門ナース研修 大阪 臨床心臓病学教育研究会ジェックス主催循環器専門ナース研修会における「循環器薬理学」講義
  • 2010年 7月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 2010循環器専門ナース研修 大阪 臨床心臓病学教育研究会ジェックス主催循環器専門ナース研修会における「循環器薬理学」講義
  • 2009年 7月 臨床心臓病学教育研究会ジェックス 2009循環器専門ナース研修 大阪 臨床心臓病学教育研究会ジェックス主催循環器専門ナース研修会における「循環器薬理学」講義
  • 2000年 12月 The 6th Taipei-Nagoya cardiovascular joint conference 台北 招待講演:Growth hormone therapy for heart failure.
  • 2000年 2月 第96回日本循環器学会 北陸地方会, 教育セッション, 福井 教育講演:「先生、私は移植でしか助からないですか?」―心臓移植の適応と現状―
  • 1999年 7月 千里丘山田地区臨床医学談話会 吹田 特別講演:「先生、私、移植でしか助からないのですか? 」-心筋症の診断と治療の最前線-.

講演会実績

  • 2016年10月 日本心不全学会 市民公開講座 チームで診る心不全 「どんな食事にすれば?」
  • 2008年 3月 第2回ファブリー病シンポジウム シンポジウム:SMP-536にて心肥大の退縮した症例の経過.
  • 2008年 3月 第72回日本循環器学会学術集会 シンポジウム:コントロバーシー2「拡張型心筋症の病因:炎症か遺伝子か」. Nonspecific and Mystifying Causes of Dilated Cardiomyopathy.
  • 2007年 9月 生体医工学シンポジウム 2007 シンポジウム:SQUID超小型心磁計を用いたモルモットの薬剤誘発性QTの延長の自動解析:心電図との比較
  • 2007年 8月 4th IEEE-EMBS International Summer School and Symposium on Medical Devices and Biosensors. 国際シンポジウム: Micro-Magnetocardiography System with a Single-Chip SQUID Magnet9meter Array for QT Analysis and Diagnosis of Myocardial Injury in Small Animals.
  • 2007年 7月 第5回フリーラジカルセミナー シンポジウム:足熱療法の酸化ストレスに及ぼす効果
  • 2007年 3月 第1回ファブリー病シンポジウム. シンポジウム:リプレガル症例報告
  • 2006年 9月 第54回日本心臓病学会学術集会 パネルディスカッション:急性心不全に対する薬剤コスト:安い薬価は必ずしも安い医療コストに帰結するとは限らない
  • 2006年 9月 生体医工学シンポジウム2006 小動物用集積型多チャンネルSQUIDアレイ超小型心磁計の開発とマウス/ラット心磁解析
  • 2006年 7月 第4回フリーラジカルセミナー 慢性心不全における酸化ストレスの意義
  • 2006年 3月 第33回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム:心臓移植待機患者に対する増殖因子を用いた循環管理
  • 2005年 10月 第9回日本心不全学会学術集会 Clinical trial of growth factor therapy for patients with end-stage dilated cardiomyopathy on heart transplantation list.
  • 2003年 10月 第78回兵庫県循環器病研究会学術講演会 特別講演:ガイドラインに基づく慢性心不全治療と新規心不全治療.
  • 2002年 3月 第29回日本集中治療医学会 優秀演題シンポジウム :心筋症に対する実験的心筋保護:肝細胞成長因子の電気穿孔法による心筋症モデル動物に対する遺伝子導入.
  • 2002年 3月 第29回日本集中治療医学会学術集会  優秀演題シンポジウム:心筋症に対する実験的心筋保護:肝細胞成長因子の電気穿孔法による心筋症モデル動物に対する遺伝子導入
  • 2001年 11月 3rd International Kyoto Symposium on Ultrasound Contrast Imaging 国際シンポジウム:Agumentation of cytokine secretion from cardiomyocytes following sonoporation with ultrasound-triggered microbubble destruction.
  • 2000年 12月 The 6th Taipei-Nagoya cardiovascular joint conference. International 特別講演: Growth hormone therapy for heart failure.
  • 2000年 10月 第96回日本循環器学会 北陸地方会 教育セッション 教育講演: 「先生、私、移植でしか助からないのですか?」-心筋症の診断と治療の最前線-
  • 2000年 9月 第14回小児成長障害研究会 心疾患に対する成長ホルモン治療.
  • 2000年 9月 第48回日本心臓病学会学術集会 パネルディスカッション:心臓型脂肪酸結合蛋白(HFABP):心筋症における心事故予測指標としての有用性.
  • 2000年 4月 第64回日本循環器学会学術集会 シンポジウムU. 慢性重症心不全に対する複合治療戦略

講演・取材可能なテーマ

  • 医学生・コメディカル対象の基礎的な身体診察手技実習
  • 医学生・コメディカル対象の基礎的な循環器薬理学講義
  • 医学生・コメディカル対象の基礎的なEBM(根拠に基づく医療)講義
  • 一般医向けの講演:心不全の診断と治療

その他

  • 第48回日本生体医工学会 荻野賞 研究実績 「駒村和雄 「医薬品の開発・審査の迅速化に資する、薬剤誘発不整脈リスクに対して生体磁気信号を超伝導干渉素子を用いて無侵襲自動解析するハイスループットスクリーニング計測器の開発」」 2009年 4月
  • 第27回日本臨床薬理学会 優秀演題賞 一般演題発表 「駒村和雄 「貼付剤型心筋保護的強心薬の開発」」 2006年11月
  • 千里ライフサイエンス振興財団 2005年度共同研究助成賞 研究課題「国立循環器病センター研究所 駒村和雄、横河電機株式会社 春田康博 「超小型マウス用シングルチップ集積型多チャンネルSQUID心磁計の開発」」 2006年 3月
  • 第18回大阪ハートクラブ 医学研究助成賞 研究課題「世界初 貼付剤型 心筋保護的強心薬の開発」 2005年 6月
  • 2004年度財団法人博慈会 老人病研究所 優秀論文賞 論文 「Komamura K, et al. Differential gene expression in the rat skeletal and heart muscle in glucocorticoid-induced myopathy: analysis by microarray. Cardiovasc Drugs Ther. 2003;17:303-10」 2004年 4月
  • 第29回日本集中治療医学会 医師部門 最優秀演題賞 医師部門演題発表 駒村和雄 「心筋症に対する実験的心筋保護: 肝細胞成長因子の電気穿孔法による心筋症モデル動物に対する遺伝子導入」 2002年 3月
  • 第10回大阪ハートクラブ 医学研究助成賞 研究課題「Hepatocyte growth factorの拡張型心筋症に対する心筋保護効果:心筋症ハムスターによる検討」 1997年 6月
  • Travel Award, 6th World Congress for Microcirculation 一般演題発表 「Komamura K, et al. Transient Intracoronary Infusion of Adenosine Triphosphate at the Onset of Reperfusion Reduces the Extent of No-reflow and Infarct Size in Dogs.」 1996年 8月
  • New Investigator Awards, Scientific Conference on the Molecular Biology of the Normal, Hypertrophied, and Failing Heart, American Heart Association 一般演題発表 「Komamura K, et al. Recombinant Human Hepatocyte Growth Factor (rhHGF) preserves Ventricular Function and Structure in Cardiomyopathic Hamster Bio53.58. 」 1996年 8月
  • 第8回日本エム・イー学会秋季大会 若手研究者発表会 大会長賞 若手研究者発表 「駒村和雄 「虚血心における拡張機能異常は常に収縮異常に先行するか? ―左心全虚血での検討―」」 1994年10月

自己PR・共同研究の提案等

一般メディアを使って健康関連情報を発信しています。日経メディカルOnline講座 ”駒村和雄の「総説・論説を読む」”、ロハス・メディカル連載“駒村和雄の異論、反論”など。

ページトップへ