1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 栄養学部
  6. 伊藤 智

情報の公表 - 教員総覧(栄養学部)

伊藤 智(イトウ サトシ)

伊藤 智(イトウ サトシ)
所属
栄養学部 栄養学科
職名
助教

学歴・取得学位

1998年 神戸学院大学栄養学部栄養学科 卒業
2000年 神戸学院大学大学院栄養学研究科 修了
修士(栄養学) [2000年3月(神戸学院大学)]

主な職歴

  • 2000-2004年 京都調理師専門学校 専任講師
  • 2004-2010年 京都栄養医療専門学校 専任講師
  • 2010-2015年 岐阜女子大学家政学部健康栄養学科 准教授
  • 2015年    神戸学院大学栄養学部 助教

所属学会

日本防菌防黴学会(微生物制御システム研究部会 運営委員)、日本栄養改善学会(評議員)、日本災害食学会(学術委員)、日本栄養士会、岐阜県栄養士会(理事)

研究分野

食品衛生管理(衛生管理、微生物制御、HACCP、ISO22000)

主な研究課題

  • 食品保存時の微生物制御
  • 食品工場における食品衛生管理
  • 災害時の栄養問題

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究C 分担 調理工程におけるカンピロバクターの消長(伝播・生残・増殖)と定量的リスク評価 2016年度〜2018年度

主な研究業績

  • 論文 2014年3月 災害食の調理法と栄養評価 単著 日本災害食学会誌 Vol.2 No,1 P19-25
  • 論文 2012年3月 種々のえん下困難者用食品の物性値に基づく特性解析 共著(筆頭) 食物栄養と食文化 平成23年度 第1巻 p4-7
  • 論文 2003年3月 冷蔵、冷凍技術を利用した料理レシピ及び調理システムの開発 共著 文部科学省専修学校職業教育高度化開発研究委託事業実績報告書
  • 論文 2002年9月 Influence of Dietary Protein Levels on β‐Alanine Aminotransferase Expression and Acitvety in Rats 共著(筆頭) Journal of Nutritional Science and Vitaminology Vol.47,No.4
  • 論文 2000年3月 β‐アラニンアミノ基転移酵素の阻害および活性化の解析 単著 神戸学院大学
  • 著書 2009年12月 キーワードとQ&Aでわかる食品安全の常識とウソ 共著 轄H業調査会
  • 著書 2008年2月 食品衛生7S Q&A 共著 日刊工業新聞社
  • 著書 2004年2月 調理師養成教育全書 必修編E「食品衛生学」 共著 社団法人 全国調理師養成施設協会

審議会・委員会活動

  • 日本栄養改善学会 評議員 2016.9〜
  • 日本災害食学会 学術委員会委員 2015.5.30〜2016.6.31
  • 公益社団法人 岐阜県栄養士会 理事 研修部長 2012.4.1〜

地域貢献活動

  • 2016年10月 三木東高校 産業社会と人間(栄養学・家政学系統)
  • 2016年7月 グランフロント大阪ナレッジキャピタル ワークショップ「たべものの『いろ』のふしぎ」
  • 2016年7月 大阪市立総合生涯学習まちづくり市民大学 防災・減災コース「災害に備える食生活」
  • 2016年4月 播磨高校 フードデサインコース対象「和食の効果」

講演会実績

  • 2016.11.18 甲南高等学校・中学校 校内読書月間イベント「災害時の食事」
  • 2016.8.8 岐阜市学校栄養士等夏季研修会 被災時の栄養
  • 2016.7.14 日本防菌防黴学会 微生物制御システム研究部会 CodexHACCPからGFSI、FSSCなど食品安全マネジメントシステムの変遷
  • 2015.9.12 岐阜県栄養士会 栄養の消化と吸収
  • 2015.8.1 (公社)岐阜県栄養士会 栄養士のためのやさしい統計学
  • 2015.4.19 一般社団法人岐阜県薬剤師会 2015年版日本人食事摂取基準 解説

講演・取材可能なテーマ

食品衛生管理の基本について、講演できる。特に、これから衛生管理を始めようと考える食品企業や新入社員研修などを得意としている。
災害時の栄養問題や被災時に適した調理方法について講演できる。

自己PR・共同研究の提案等

  • 複数の食品工場の現場見学を通じて、食品衛生管理の基本は調理従事者の教育だと感じている。また、調理器具・機器の正しい活用が、作業工程の効率化や安全性向上につながると考えている。調理現場や食品工場で、器具の活用方法を考察し、従事者に教育することにより、より効率的で安全な食の提供につなげる活動を目指したい。
  • 災害時の栄養問題について、研究している。災害時に必要な栄養素とその供給や、食事制限が必要な疾病を患っている場合の災害食、妊婦・授乳婦、乳幼児など災害弱者の食事などを検討し、被災者の健康を保ち、より迅速な復興に役立てたい。

担当科目

  • 食品衛生学
  • 微生物学実験
  • 医動物学,実習
  • 医学検査学実習(電顕)
ページトップへ