1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 栄養学部
  6. 石井 剛志

情報の公表 - 教員総覧(栄養学部)

石井 剛志(イシイ タケシ)

石井 剛志(イシイ タケシ)

>> シーズ集

所属
栄養学部 栄養学科
職名
准教授

学歴・取得学位

2000年3月 日本獣医畜産大学獣医畜産学部畜産食品工学科 卒業
2002年3月 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科食品栄養科学専攻修士課程 修了
2005年3月 名古屋大学大学院生命農学研究科応用分子生命科学専攻博士課程 修了
博士(農学) [2005年3月(名古屋大学)]

主な職歴

  • 2005年4月−2006年3月 学術振興会特別研究員(京都府立医科大学大学院医学研究科)
  • 2006年4月−2006年9月 学術振興会特別研究員(静岡県立大学大学院生活健康科学研究科)
  • 2006年10月−2007年3月 静岡県立大学食品栄養科学部 助手
  • 2007年4月−2015年3月 静岡県立大学食品栄養科学部 助教
  • 2015年4月− 神戸学院大学栄養学部 准教授

所属学会

日本農芸化学会、日本フードファクター学会(評議員)、日本栄養・食糧学会(近畿支部参与)、日本食品科学工学会、日本生化学会(近畿支部幹事)、日本分析化学会、日本酸化ストレス学会、日本カテキン学会(幹事)

主な研究分野

食品科学(主に食品化学、食品機能学、食品分析化学、食品生化学、食品科学工学に関連する領域)

主な研究課題

  • 食品成分(主に植物ポリフェノール)の機能性発現機構の分子化学的解析
  • 渋味の発現機構と生理的意義の解明
  • 嗜好性飲料(茶、珈琲、ワイン等)の味覚特性と食事相性の解明
  • 茶クリームダウン機構の解明
  • 機能性食品素材の新規評価・生産技術の開発
  • 調理・加工・食事中に生じる現象の分子化学的検証

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(B) 代表 渋味の生理的意義の究明 2016年度−2019年度(予定)
  • 挑戦的萌芽研究 代表 渋味飲料の口腔内リセット作用の分子化学的検証と食事における相性診断技術の開発  2015年度−2017年度(予定)
  • 基盤研究(C) 分担 紅茶テアフラビン類の機能性に関する化学的解析 2013年度−2015年度
  • 基盤研究(B) 代表 茶ポリフェノールの渋味発現機構の解明 2012年度−2015年度
  • 挑戦的萌芽研究 代表 難吸収性ポリフェノール類の渋味刺激を受容する消化管分子標的の探索と受容機構の解明 2012年度−2014年度
  • 若手研究(B) 代表 フラボノイド類と蛋白質との相互作用解析による生理作用発現機構の解明 2010年度−2011年度
  • 基盤研究(C) 分担 茶カテキン類と生体成分の分子間相互作用に関する化学生物学的解明 2009年度−2011年度
  • 基盤研究(C) 分担 植物ポリフェノールと生体成分の分子間相互作用 2007年度−2008年度
  • 若手研究(B) 代表 茶カテキン結合タンパク質のプロテオーム解析による生理作用発現機構の解明 2007年度−2008年度
  • 特別研究員奨励費 代表 酸化変性タンパク質のプロテオーム解析に関する研究 2005年度−2006年度

共同・受託研究

  • SIP次世代機能性農林水産物・食品の開発 分担 「食シグナルの末梢・中枢連動解析と脳認知を活性化する次世代機能性食品創出のグランドデザイン」 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター) 2014年10月〜2018年3月(予定)
  • JST地域結集型研究開発プログラム 分担 「静岡発 世界を結ぶ新世代茶飲料と素材の開発」 国立開発研究法人 科学技術振興機構(JST) 2009年1月〜2013年3月
  • JST産学共同シーズイノベーション化事業「顕在化ステージ」 分担 「ストレス緩和食品開発を視野に入れた抑うつ・うつ病バイオマーカー測定法の確立」 国立開発研究法人 科学技術振興機構(JST) 2008年4月〜2010年3月

主な研究業績

(最近3年間の論文および代表論文)

  • 論文 2016年 Activation of transient receptor potential ankyrin 1 by quercetin and its analogs 共著 Biosci. Biotechnol. Biochem. 80 (5), 949-954.
  • 論文 2016年 The impact of theaflavins on systemic-and microcirculation alterations: The murine and randomized feasibility trials 共著 J. Nutr. Biochem. 32, 107-114
  • 論文 2016年 Identification of lactate dehydrogenase as a mammalian pyrroloquinoline quinone (PQQ)-binding protein 共著 Sci. Rep. 6, 26723
  • 論文 2015年 Tea polyphenols ameliorate fat storage induced by high-fat diet in Drosophila melanogaster 共著 Biochemistry and Biophysics Reports 4, 417-424.
  • 論文 2015年 A single oral administration of theaflavins increases energy expenditure and the expression of metabolic genes 共著 PLoS One 10, e0137809.
  • 論文 2014年 Thiol modification by bioactivated polyphenols and its potential role in skin inflammation 共著 Biosci. Biotechnol. Biochem. 78 (6), 1067-1070.
  • 論文 2014年 Responses to a single dose of different polyphenols on the microcirculation and systemic circulation in rats 共著 J. Func. Foods 10, 355-363.
  • 論文 2014年 Structural specificity of electric potentials in the coulometric-array analysis of catechins and theaflavins 共著 J. Clinic. Biochem. Nutr. 55 (2), 103-109.
  • 論文 2014年 The human bitter taste receptor hTAS2R39 is the primary receptor for the bitterness of theaflavins 共著 Biosci. Biotechnol. Biochem. 78 (10), 1753-1756.
  • 論文 2014年 Depressive symptoms of female nursing staff working in stressful environments and their association with serum creatine kinase and lactate dehydrogenase - a preliminary study 共著 Biopsychosoc Med. eCollection 2014
  • 論文 2014年 ネイティブ−ポリアクリルアミドゲル電気泳動を用いる茶ポリフェノール会合体の検出法 共著 分析化学 63 (8), 687-692.
  • 論文 2011年 Epigallocatechin -3-gallate induces growth inhibition of human gastric cancer cell line AZ521 cells by targeting the DEAD box RNA helicase p68 共著 Free Radic. Biol. Med. 50 (10), 1324-1335.
  • 論文 2011年 Human serum albumin as an antioxidant in the oxidation of (-)-epigallocatechin gallate: participation of reversible covalent binding for interaction and stabilization 共著 Biosci. Biotechnol. Biochem. 74 (12), 2451-2456.
  • 論文 2010年 Binding affinity of tea catechins for HSA: characterization by high-performance affinity chromatography with immobilized albumin column 共著 Mol. Nutr. Food Res. 54 (6), 816-822.
  • 論文 2008年 Albumin stabilizes (-)-epigallocatechin gallate in human serum: binding capacity and antioxidant property binding capacity and antioxidant property 共著 Mol. Nutr. Food Res. 53 (6), 709-715.
  • 論文 2008年 Covalent modification of proteins by green tea polyphenol (-)-epigallocatechin gallate through autoxidation 共著 Free Radic. Biol. Med. 45 (10),1384-1394.
  • 論文 2005年 Oxidative modification of proteasome: identification of an oxidation-sensitive subunit in 26S proteasome 共著 Biochemistry 44 (42),13893-13901.

特許

登録番号 発明の名称 登録日 特許権者 発明者
特許第5901948 ポリフェノール類化合物の苦渋味の評価方法 2016年3月28日 静岡県立大学、日油(株) 石井剛志、中山勉、山田智
開放特許・特開2012-36296 亜臨界処理ローヤルゼリーを含有する抗酸化剤及びその製造方法 2012年2月23日 静岡県立大学、アピ(株) 中山勉、石井剛志、丸山広恵, 荒木陽子, 中西幹育
開放特許・特開特開2010-138111 チオール基を有するリン脂質誘導体、及びその利用方法 2010年6月24日 静岡県立大学 古田巧、菅敏幸、中山勉、石井剛志

審議会・委員会活動

  • 国立研究開発法人科学技術振興機構 マッチングプランナープログラム専門委員 2015年7月〜現在
  • (独)日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員 2014年12月〜2016年11月
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)専門委員 2011年5月〜2016年3月

地域貢献活動

  • 2016 神戸学院大学大学祭中央実行委員会 第一回げそ★コン2016(運営責任者)

講演会実績

  • 2016年12月22日 平成28年度専門教育講演会(兵庫県立大学環境人間学部 ) 紅茶の色・味および生理機能
  • 2016年11月5日 第49回神戸学院大学大学祭学術講演会(大学祭中央実行委員会) 真空調理の不思議
  • 2015年7月17日 2015年7月創造例会(はりま産学交流会) 苦渋味の評価・マスキング技術の構築とその食品開発への応用

講演・取材可能なテーマ

  • 茶とその含有ポリフェノール(カテキン・テアフラビン)の色・味・生理機能
  • 渋味を有する食品・飲料の科学

その他

教育・研究成果の一般公開
  • 日本フードファクター学会 JSoFF Letterコラム連載 「ラーメン紀行」 2017年〜
  • 毎日新聞地方版 キャンパス通信ポーアイ4大学連携講座記事掲載 「紅茶の渋み:脂肪抑制、パンと好相性」 2016年4月19日
  • 朝日新聞、神戸新聞、JAL機内誌、学内ウェブ版広報誌におけるコラム掲載 「渋味のメカニズムを解明してアジアから世界へと発信したい」 2015年11〜12月
  • 異業種交流展示会 メッセナゴヤ2015への出展 「苦渋味を制御して暮らしへ活用」 2015年11月4〜7日
受賞・学術賞
  • 農芸化学奨励賞(日本農芸化学会) 日本農芸化学会若手研究者顕彰:受賞対象の研究内容「食品および酸化ストレス関連因子による生体タンパク質の翻訳後修飾に関する研究」 2014年3月
  • BBB Most-Cited Paper Award(日本農芸化学会) 日本農芸化学会英文誌最多引用論文の筆頭・責任著者:受賞対象の論文「Human serum albumin as an antioxidant in the oxidation of (-)-epigallocatechin gallate: participation of reversible covalent binding for interaction and stabilization」 2014年3月
  • BBB論文賞(日本農芸化学会) 日本農芸化学会英文誌2010年度優秀論文の共著者:受賞対象の論文「Proteomic identification of serum proteins associated with stress-induced gastric ulcers in fasted rats」 2011年5月

自己PR・共同研究の提案等

ポリフェノール(主に緑茶のカテキンや紅茶のテアフラビンなど)の色の変化や味・生体調節機能の発現機構に関して、分子レベルでの解明を目指し、様々な大学や企業の方々と共同研究を進めています。

担当科目

  • 食品学総論
  • 食品学各論T
  • 生物無機・分析化学
  • 食品学総論実験
  • 総合演習T,U
  • 卒業研究
  • 食べ物と健康特殊講義T(大学院)
ページトップへ