神戸学院大学

大学紹介

百武 愛子

(ヒャクタケ アイコ)
所属
栄養学部 栄養学科
職名
助教

学歴・取得学位

  • 2009年 神戸学院大学栄養学部 卒業
  • 2011年 お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻 博士前期課程 修了(生活科学修士)
  • 2013年 信州大学大学院医学系研究科医学専攻博士後期課程 入学
  • 2016年 信州大学大学院医学系研究科医学専攻博士後期課程 修了 (医学博士)
  • 修士(生活科学)
  • 医学博士 2016年3月 信州大学

主な職歴

  • 2011-2014 松本大学人間健康学部健康栄養学科 助手
  • 2014-2015 信州大学医学部衛生学公衆衛生学講座 研究員
  • 2015-    神戸学院大学栄養学部栄養学科 助教

所属学会

日本公衆衛生学会、産業衛生学会、日本栄養改善学会、日本栄養食糧学会

研究分野

栄養疫学、公衆栄養学(食習慣、健康増進、母子栄養、食育、産業栄養、ソーシャルキャピタル)

主な研究課題

  • 食習慣とメンタルヘルスに関する研究
  • 食習慣の変化とライフイベントに関する研究
  • ソーシャルキャピタルと食関連行動に関する研究
  • 家庭環境と食に関する研究

競争的資金・ 科学研究費補助金

  • 若手研究(B) 代表 栄養表示を日本人の食生活向上のために効果的に活用するための調査研究 (H28~H30)
  • 基盤研究(C) 分担 世帯あるいは地域の社会経済的要因が食生活や健康状況に与える影響 -栄養疫学的検討 (H27~H29)

共同・受託研究

  • 受託研究 分担 家庭における子どもの存在が成人女性の食生活に与える影響 やずや食と健康研究所 2014年~2016年
  • 受託研究 代表 家族共食の頻度が思春期児童の抑うつ傾向に与える影響 やずや食と健康研究所 2014年~2016年
  • 受託研究 代表 母親の食行動が子どもの食行動と身体状況に与える影響について 長野県科学振興会 2012年~2013年

主な研究業績

  • 論文 2016年3月 Cross-sectional Observation of the Relationship of Depressive Symptoms with Lifestyles and Parents' Status among Japanese Junior High School Students 共著 Environmental Health and Preventive Medicine 2016 Jul;21(4):265-73. doi: 10.1007/s12199-016-0522-6. Epub 2016 Mar 11.
  • 論文 2015年12月 大学生における抑うつ症状および非定型うつ特徴とその関連要因の検討 共著 学苑・生活科学紀要 (902) 21-33
  • 論文 2013年3月 女子大学生における食事パターンと健康関連QOLとの関連/Dietary patterns and health-related QOL among female university students 共著 信州公衆衛生雑誌 7(2),83-94,2013

審議会・委員会活動

東京栄養疫学勉強会 事務局 2011年~2014年

講演・取材可能なテーマ

  • 食習慣とメンタルヘルスとの関連
  • 食習慣の変化とライフイベントに関連

自己PR・共同研究の提案等

食を通して人の健康や幸福に貢献したいと考え研究を行っています。地域の健康増進にも意欲的に取り組んでいきたいと考えています。