1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 法学部
  6. 辻村 亮彦

情報の公表 - 教員総覧(法学部)

辻村 亮彦(ツジムラ アキヒコ)

辻村 亮彦(ツジムラ アキヒコ)
所属
法学部 法律学科
職名
准教授

学歴・取得学位

2002年 東京大学法学部第二類(公法コース) 卒業
2004年 東京大学大学院法学政治学研究科基礎法学専攻修士課程 修了
2009年 東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程 満期退学
修士(法学) [2004年3月(東京大学)]

主な職歴

  • 2004-2007 日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2009-2013 東京大学大学院法学政治学研究科 特任助教
  • 2012    千葉大学法経学部 非常勤講師
  • 2012-2013、2014-2015 法政大学法学部 兼任講師
  • 2013-2015 学習院大学法学部 非常勤講師
  • 2014-2015 成城大学法学部 非常勤講師
  • 2014-2015 早稲田大学法学部 非常勤講師
  • 2015-    神戸学院大学法学部 講師
  • 2017-    関西学院大学法学部 非常勤講師

所属学会

法制史学会

主な研究分野

日本法制史(法の継受、法典編纂、民事訴訟、紛争解決、司法制度、梅謙次郎、法学教育)

主な研究課題

  • 明治期日本における民事紛争解決制度の形成・展開に関する研究
  • 萌芽期の民法学、とりわけ梅謙次郎に関する研究
  • 明治期法学教育に関する研究

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C) 分担 最高裁判事・山田作之助を起点とした二十世紀の法実務と学知の交錯 2015年度〜2017年度
  • 特別研究員奨励費 代表 日本近代における民法学の形成と展開に関する歴史的考察 2004年度〜2006年度

主な研究業績

  • 論文 2016年10月 弁護士・最高裁判事 山田作之助―その生涯 単著 神戸学院法学 46巻2号27−89頁
  • 論文 2013年12月 梅謙次郎の修業時代 単著 法政大学編『BU100 ボアソナード・梅謙次郎没後100周年記念冊子』(法政大学発行) 66-83頁
  • 論文 2011年3月 「敬慎願」とは何か―明治前期における裁判制度継受の一断面 単著 法制史研究 60号73-108頁

審議会・委員会活動

  • 法政大学 ボアソナード記念現代法研究所 客員研究員 2016年〜2017年

講演会実績

  • 2016年12月12日 兵庫県立津名高等学校 法からみた大人と子ども
  • 2016年7月11日 兵庫県立西宮北高等学校 法からみた大人と子ども
  • 2015年9月30日 兵庫県立柏原高等学校 法からみた大人と子ども

講演・取材可能なテーマ

明治期日本の法、裁判の歴史について。

ページトップへ