1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 法学部
  6. 河田 潤一

情報の公表 - 教員総覧(法学部)

河田 潤一(カワタ ジュンイチ)

河田 潤一(カワタ ジュンイチ)
所属
法学部 法律学科
職名
教授

学歴・取得学位

1971年3月 関西学院大学 法学部 政治学科 卒業
1973年3月 神戸大学 法学研究科 公法専攻 修了
1976年3月 神戸大学 法学研究科 公法専攻 単位取得満期退学
法学修士[1973年3月(神戸大学)]

主な職歴

  • 1976年4月〜1978年3月 甲南大学法学部専任講師
  • 1978年4月〜1984年3月 甲南大学法学部助教授
  • 1984年4月〜1998年3月 甲南大学法学部教授
  • 1998年4月〜1999年3月 大阪大学法学部教授
  • 1999年4月〜2013年3月 大阪大学法学研究科教授、大阪大学名誉教授
  • 2013年4月〜 神戸学院大学法学部教授

所属学会

日本政治学会 理事(1998〜2000,2002〜2010)、 日本比較政治学会 理事(1998〜2004)、会長(2004〜2006)、 日本政治社会学会 理事(2010〜)、顧問(2013〜)、 日本公共政策学会、日本選挙学会、 International Society of Political Psychology、International Political Science Association

主な研究分野

政治理論、比較政治学、政治文化論
(政治腐政、クライエンテリズム、信頼、社会資本(social capital)、エンパワーメント、市民教育の政治学、黒人政治)

主な研究課題

  • 政治腐敗、クライエンテリズムの理論化
  • 政治的エンパワーメント論の構築
  • 社会資本(social capital)論の構築
  • 市民文化の創出条件の検討
  • 市民教育の政治学

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C) 代表 社会資本・信頼・エンパワーメントの政治学−アメリカ・イタリア比較を中心として 2010年度から2013年度
  • 基盤研究(C) 代表 市民教育の政治学−アメリカ合衆国を中心として− 2007年から2009年度
  • 基盤研究(C) 分担 排除と包摂の政治学−越境、アイデンティティ、そして希望 2006年度から2007年度
  • 基盤研究(B) 代表 政治汚職・腐敗、クライエンテリズム、社会資本に関する比較政治学的研究 2004年度から2006年度
  • 基盤研究(B) 代表 政治腐敗・クライエンテリズムに関する比較政治学的研究 2002年度から2003年度
  • 基盤研究(A) 代表 政党派閥の比較政治学的研究 1987年度から1988年度

共同・受託研究

共同研究 分担 Pour une comparison de I'Italie et du-japon (ERI de la Fondation Nationale des Science Politigues)1998年度

主な研究業績

  • 著書 2015年9月 政治学基本講義 単著 法律文化社
  • 論説 2015年8月 ソーシャル・キャピタルの理論的系譜 単著 坪郷實編『ソーシャル・キャピタル』ミネルヴァ書房 20-30頁
  • 論説 2013年9月 アドボカシー ─ アメリカ政治の一断面 単著 現代の図書館 第51巻第3号、167-171頁
  • 論説 2013年5月 社会資本(social capital)について考える 単著 学術の動向 第18巻第5号、88-90頁
  • 論説 2013年4月 The Meta-Language of Politics , Culture and Integrity in Japan 共著(with Melinda Papa) Human Affairs Vol.23,No.2,pp.246-254
  • 論説 2012年11月 震災復興・減災の政治社会学−「社会資本(social capital)」論から考える 単著 阪大法学 第62巻第3・4号、7−28頁
  • 論説 2012年4月 政治のことば 単著 日本語学 第31巻第4号、4−18頁
  • 論説 2011年11月 産業地域事業団(IAF)のプログレッシブ・ポリティックス−アメリカにおける草の根民主主義の実践に向けて 単著 阪大法学 第60巻第3・4号、37−58頁
  • 論説 2011年9月 グローバリゼーションの影響下で市民社会を賦活する 単著 国際高等研究所報告書 1001号、53−72頁
  • 論説 2011年5月 市民教育の政治学-アメリカ合衆国を中心に 単著 阪大法学 第61巻第1号、1−28頁
  • 論説 2011年3月 Interview with Philippe C. Schmitter:A Titan of Comparative Politics 単著 甲南法学 第51巻第3・4号、1−53頁
  • 書評 2014年12月 小林良彰・岡田陽介・鷲田任邦・金兌希著『代議制民主主義の比較研究-日米韓3ヶ国における民主主義の実証分析』 単著 選挙研究 第30巻第2号、147-148頁
  • 趣旨説明 2017年1月 特集:高等学校新設科目「公共」にむけて−政治学の立場から 単著 学術の動向 第22巻第1号、3頁・9頁

審議会・委員会活動

  • 2014年〜2020年 日本学術会議 会員
  • 2014年10月〜 日本学術会議政治学委員会 委員長
  • 2013年4月〜 日本学術会議政治学委員会「政治学分野の参照基準検討分科会」 委員
  • 2011年10月〜 日本学術会議科学と社会委員会「科学力増進分科会」委員
  • 2011年10月〜 日本学術会議政治学委員会「比較政治分科会」 委員長
  • 2011年10月〜 日本学術会議政治学委員会 委員
  • 2011年10月〜 日本学術会議(第22期)会員(第1部)
  • 2011年6月〜2020年 日本学術会議 会員
  • 2011年6月〜2011年10月 日本学術会議(第21期)会員(第1部)
  • 2011年4月〜2011年9月 日本学術会議東日本大震災対策委員会「被災地域の復興グランド・デザイン分科会」委員
  • 2008年11月〜2009年10月 日本学術会議政治学委員会「政治学展望分科会」 委員長
  • 2008年10月〜2011年6月 日本学術会議(第21期)連携会員
  • 2006年3月〜2008年10月 日本学術会議(第20期)連携会員

講演会実績

  • 2015年12月5日 神戸学院大学土曜公開講座 「民主主義の今を考える−社会的な<絆>の視点から−」
  • 2014年9月19日 政治学講座『選挙参加の政治学』(加古川市立平岡公民館)
  • 2013年7月16日 「テレビと政治」(兵庫県立明石北高等学校)
  • 2012年12月 大阪大学公開講座「滅災とソーシャル・キャピタル」(於大阪大学中之島センター)
  • 2012年7月 神戸専門家フォーラム「日本の政治状況について―政治学的考察」(於ラッセルホール)
  • 2010年10月 大阪大学中之島講座「ジェイン・ジェイコブズ『アメリカ大都市の生と死』周辺」(於大阪大学中之島センター)
  • 2007年10月 大阪大学中之島講座「社会資本(social capital)と民主主義」(於大阪大学中之島センター)
  • 2005年2月 平成16年度市区町村明るい選挙推進協議会組織・活動活性化研修会「変貌する有権者をどうとらえるか」(於大阪赤十字会館)
  • 2002年8月 芦屋市市民館・春の公民館講座「世界はニュースだけではわからない、伝統と改革の市民的構造―Terza Italia から長野へ」(於芦屋市民センター)
  • 1999年10月 芦屋川カレッジ「政局の行方と日本型政治の特質」(於芦屋市民センター)
  • 1999年8月 日本監査役協会関西支部「テレビと政治」(於大阪全日空ホテル)

講演・取材可能なテーマ

選挙、日本政治、比較政治、メディアと政治、若者と政治等

自己PR・共同研究の提案等

「複雑な現代(Age of Complexity)」における新旧のパワー、イデオロギー、アイデンティティの衝突の形状とは…?国家・企業・市民社会の新たな結びつきの構図を探索する「知的航海」の行く手には、ポピュリズム、専門家主義、新メディア、地域主義やグローバル・シティ、クリエイティブ資本論などの問題群が広がっている。同じ「航海」仲間募集中!

ページトップへ