神戸学院大学

大学紹介

春日 勉

(カスガ ツトム)
春日 勉

1969年10月生まれ

所属
法学部 法律学科
職名
教授

学歴・取得学位

  • 九州大学大学院博士課程単位取得退学
  • 修士(法学)[1996年3月(九州大学)]

主な職歴

  • 1999年4月-2001年3月 九州大学助手
  • 2004年4月-2013年3月 神戸学院大学 法学部 准教授
  • 2013年4月-      神戸学院大学 法学部 教授

所属学会

日本刑法学会、日本犯罪社会学会

主な研究分野

刑事訴訟法(被疑者・被告人の防御権)

主な研究課題

  • 刑事弁護
  • 刑事裁判の歴史
  • 司法制度論

主な研究業績

  • 著書 2016年11月 『刑事法と歴史的価値とその交錯』 共著 法律文化社
  • 著書 2016年3月 『<市民≥と刑事法[第4版]』 共著 日本評論社
  • 著書 2014年4月 『近代刑法の現代的論点』 共著 社会評論社
  • 著書 2013年8月 『歴史に学ぶ刑事訴訟法』 共著 法律文化社
  • 著書 2013年5月 『「保釈」―その理論と実務』 共著 法律文化社
  • 著書 2010年7月 『人間回復の刑事法学』 共著 日本評論社
  • 論文 2012年3月 「嫌疑不十分と強制起訴―「起訴決議」に現れた市民性と起訴の基準」 単著 神戸学院法学(神戸学院大学) 41巻3・4号
  • 論文 2011年9月 「日本における伝聞法則例外適用をめぐる実務の現状と課題」 単著 法學論叢(朝鮮大学) 18巻2号
  • 論文 2010年3月 「集中審理と迅速な裁判―訴訟指揮権拡大と裁判の合理化は何をもたらすのか」 単著 法政研究(九州大学) 76巻4号

審議会・委員会活動

  • 神戸刑務所視察委員会 委員 2016年~2017年
  • 神戸刑務所視察委員会 2015年~2016年
  • 明石市 行政オンブズマン 2006年7月-2009年3月

講演会実績

  • 2016年7月11日 兵庫県立三木北高等学校 夫婦同姓について考える
  • 2015年11月28日 アムネスティ・インターナショナル 「共生社会に求められるもの」
  • 2015年7月13日 須磨友が丘高等学校 模擬授業
  • 2013年7月12日 兵庫県立伊川谷北高等学校
  • 2013年6月28日 神戸学院大学KPC図書館企画講演会 「市民の目で見た刑事裁判」
  • 2013年3月8日 兵庫県立神戸北高等学校 模擬授業
  • 2012年11月8日 姫路市立姫路高等学校 模擬授業
  • 2012年11月 第六回少年非行防止政策韓・日学術大会・学術交流三十周年記念大会(韓国・ソウル外国語大学・ソウル市) 「電子装置命令の適用範囲に対する考察―19歳未満の者に対して措置命令を宣告することができるか 元蕙郁先生のご報告を受けて」
  • 2012年7月12日 兵庫県立香寺高等学校 模擬授業
  • 2011年12月 蔚山大学国際関係学部講演会(韓国・蔚山大学・蔚山市) 「日本におけるハンセン病問題への対応と国際化について」
  • 2011年7月 兵庫県立尼崎稲園高等学校 模擬授業
  • 2011年6月「Combination of Anglo-American Legal System and Civil Law System in Criminal Evidence Law」法学研究院国際学術大会(韓国・朝鮮大学・光州市) 「日本における伝聞法則例外適用をめぐる実務の現状と課題」
  • 2000年11月 福岡地方裁判所 非伝聞・非供述証拠について
  • 1999年7月 日本弁護士連合会 刑事弁護の活性化に向けた取り組みとその到達点-刑事訴訟法50年を振り返って
  • 1994年4月 日本島嶼学会 弁護権実質化と当番弁護士制度の拡充-長崎県における離島当番弁護士制度について

自己PR・共同研究の提案等

  • ハンセン病
  • 市民参加と刑事法
  • 刑事司法制度