1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 人文学部
  6. 上田  学

情報の公表 - 教員総覧(人文学部)

上田 学(ウエダ マナブ)

上田  学(ウエダ マナブ)
所属
人文学部 人文学科
職名
准教授

学歴・取得学位

2003年 立命館大学文学部 卒業
2005年 立命館大学大学院文学研究科博士前期課程 修了
2010年 立命館大学大学院文学研究科博士後期課程 修了
博士(文学) [2010年3月(立命館大学)]

主な職歴

  • 2005-2006 立命館大学文学部 助手
  • 2009-2012 早稲田大学演劇博物館 助手
  • 2013-2016 日本学術振興会 特別研究員
  • 2017-   神戸学院大学人文学部 准教授

所属学会

日本映像学会(映像文献資料研究会運営構成員)、社会思想史学会、表象文化論学会、Society for Cinema and Media Studies

主な研究分野

映像学・博物館学(映画史、映画学、アーカイブ論、メディア論、日本近現代史、地域研究、都市社会学、データベース)

主な研究課題

  • 初期映画と同時代の視覚文化
  • 受容論にもとづく映画研究
  • 東アジアのなかの日本映画
  • フィルム・アーカイブの歴史

競争的資金・科学研究費補助金

  • 若手研究(B) 代表 近代日本の視覚文化におけるプレ・シネマとしての歴史的機能 2015年度〜2017年度
  • 特別研究員奨励費 代表 大正期における日本映画の形成過程に関する複合的要因の研究 2013年度〜2015年度
  • 挑戦的萌芽研究 分担 口頭芸ジャンルの盛衰史―メディア文化史記述における口承文芸研究の基礎領域化― 2012年度〜2014年度
  • 若手研究(B) 代表 無声映画期における映画館の興行形態についての基盤的研究 2010年度〜2012年度

共同・受託研究

  • 演劇映像学連携研究拠点公募研究 代表 演劇博物館所蔵の映画館資料に関する複合的カタロギング 早稲田大学演劇博物館 2016年度〜2017年度
  • 演劇映像学連携研究拠点テーマ研究 分担 演劇博物館所蔵映画フィルムの調査、目録整備と保存活用 早稲田大学演劇博物館 2009年度〜2013年度

主な研究業績

  • 論文 2016年7月 弁士の系譜―政治演説から無声映画へ― 単著 『比較日本文化研究』 (学術雑誌) 18号、pp.16-28
  • 論文 2014年2月 映画以前の視覚文化の諸相―日清戦争期の京都における幻燈と見世物― 単著 『立命館文学』(大学・研究所等紀要) 635号、pp.145-153
  • 論文 2012年3月 寄席の初期映画興行 単著 『日本伝統音楽研究センター研究報告8 近代日本における音楽・芸能の再検討II』(報告書) pp.47-55
  • 著書 2016年5月 浅草文芸ハンドブック 共著 勉誠出版(単行本)
  • 著書 2015年3月 〈異郷〉としての上海・大連・台北 共著 勉誠出版(単行本)
  • 著書 2014年2月 「演劇博物館所蔵映画フィルムの調査、目録整備と保存活用」(平成21年度〜25年度)成果報告 共著 早稲田大学演劇映像学連携研究拠点(報告書)
  • 著書 2013年4月 満洲映画(復刻版) 共著 ゆまに書房(単行本)
  • 著書 2012年3月 日本映画草創期の興行と観客 東京と京都を中心に 単著 早稲田大学出版部

地域貢献活動

  • 2016年度 第9回恵比寿映像祭 シンポジウム「シネマトグラフ日本伝来―稲畑勝太郎とリュミエール」
  • 2016年度 松永文庫 シンポジウム「地域文化としての映画」
  • 2013年度 すみだ学習ガーデン 講座「世界のなかの日活向島」
  • 2012年度 早稲田大学エクステンションセンター 講座「映画を学ぶ、映画から学ぶ」
  • 2010年度 朝霞市博物館 講座「キネトスコープがやってきた!」

講演会実績

  • 2012年10月 東京工芸大学芸術学部 青春の輝き 日活映画の100年
  • 2012年3月 ミシガン大学日本研究センター Modern Cities and Filmmaking in Japan Around 1910: Differences Between Tokyo and Kyoto

講演・取材可能なテーマ

  • 日本映画史
  • 歴史的、比較文化的なパースペクティブから日本映画をとらえた講演・取材が可能である。
  • ノンフィルム資料を中心とした映画資料の収集、保存、公開について講演・取材が可能である。

自己PR・共同研究の提案等

  • 博物館に勤務した経験から、フィルム、ノンフィルムを問わず、資料の分析を基本とした映画研究を心がけている。
  • 音楽学、演劇学、歴史学、民俗学、日本文学等の研究者と、これまで多数の共同研究の実績がある。
  • 非西欧圏における近代化と土着化という問題を取り上げ、多様な文化事象について比較分析をおこなう共同研究を提案したい。

担当科目

  • 地域文化研究A
  • 比較文化概論A
  • 比較文化研究A
  • 基礎演習
  • 比較文化専攻演習
  • 博物館情報・メディア論
ページトップへ