神戸学院大学

大学紹介

大塚 成昭

(オオツカ シゲアキ)
大塚 成昭

1948年10月生まれ

所属
人文学部 人文学科
職名
教授

学歴・取得学位

  • 1971年 熊本大学 理学部 物理学科 (卒業)
  • 1978年 京都大学大学院 理学研究科 博士課程 地球物理学専攻 (単位取得満期退学)
  • 博士(理学)[1994年(京都大学)]

主な職歴

  • 1978年4月 神戸学院大学教養部講師
  • 1983年4月 神戸学院大学教養部助教授
  • 1995年4月 神戸学院大学人文学部教授、現在に至る
  • 1997年8月~2002年3月 神戸学院大学情報処理センター所長

所属学会

日本測地学会、日本地震学会

主な研究分野

固体地球科学(測地・地殻変動・地震・活断層)

主な研究課題

  • 活断層の破砕帯およびその近傍における地殻歪の挙動に関する研究
  • 六甲活断層地域における地震・地殻変動と湧水量変化に関する研究

競争的資金・科学研究費補助金

  • 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 分担 地域力再発見をめざす大学と地域との連携・協働により実践的研究 平成23年~平成25年

主な研究業績

  • 【論文】 2014年 「六甲高雄観測室の伸縮計で得られた歪変化の応答特性」 共著 東濃地震科学研究所報告 32,57-64
  • 【論文】 2013年 「東北地方太平洋沖地震前後の六甲の地殻変動」 共著 東濃地震科学研究所報告 31,27-33
  • 【論文】 2010年 「六甲高雄観測室における湧水量観測」 共著 東濃地震科学研究所報告 25,149-153
  • 【論文】 2009年 「六甲高雄・六甲再度観測室における地殻変動観測について」 共著 東濃地震科学研究所報告 23,133-138
  • 【論文】 2003年 「Crustal Strain observation for nine years with a laser strainmeter in Kobe, Japan」 共著 Journal of Geodynamics 35, 483-498
  • 【論文】 2002年 「Microseismicity Induced by Heavy Rainfall Around Flooded Vertical Ore Veins」 共著 Pure and Applied Geophysics 159, 91-109
  • 【論文】 2001年 「Tidal Strains Observed at a Station Crossing the Otsuki Fault, Kobe, Japan, before the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake」 共著 J. Geod. Soc. Japan 47, 441-447

審議会・委員会活動

  • 地殻活動研究委員会 委員 2011年~2017年

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 近畿の地震と活断層
  • 地殻変動連続観測と地震予知について
  • 断層破砕帯近傍における地殻歪変化の特徴について