1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 人文学部
  6. 水本 浩典

情報の公表 - 教員総覧(人文学部)

水本 浩典(ミズモト ヒロノリ)

水本 浩典(ミズモト ヒロノリ)

1949年8月生まれ

所属
人文学部 人文学科
職名
教授

学歴・取得学位

神戸学院大学法学部 1973年(卒業)
関西大学大学院 文学研究科修士課程 1975年(修了)
広島大学大学院 文学研究科博士後期課程 1980年(単位取得満期退学)
文学博士(1991年 広島大学)

主な職歴

  • 1991-1992 神戸学院大学 評議員
  • 1993-1995 神戸学院大学 教務部長
  • 1997-2006 人文学部長

所属学会

神戸ながた震災学習研究会、広島史学研究会、日本トイレ協会、正倉院文書研究会、続日本紀研究会

主な研究分野

史料学・書誌学・日本古代史・律令学・震災資料学(キーワード:令集解・令義解・避難所・トイレ)

主な研究課題

  • 日本古代の法制と古典籍の研究
  • トイレの文化史的考察
  • 阪神・淡路大震災避難所資料の研究

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C) 代表 阪神・淡路大震災と東日本大震災避難所資料の所在調査と比較に関する研究 2012年度〜2014年度
  • 基盤研究(B)海外 代表 日中連携による中国東北地方档案館保管日本関係未調査資料の学術調査 2008年度〜2011年度

共同・受託研究

  • ひょうご安全の日推進事業 代表 共同事業:学生による「神戸の教訓」・「現場のノウハウ」を発見し継承する試み ひょうご安全の日推進県民会議 2014年度

主な研究業績

  • 2002 令集解(『国史大系書目解題下巻』所収)(単行本) 吉川弘文館
  • 2001 影印本 紅葉山文庫本令義解(単行本) 東京堂出版
  • 1995 SHUUGE(令集解全文データベース) 京都大学大型計算機センター
  • 1992 令集解総索引(単行本) 高科書店
  • 1991 律令註釈書の系統的研究(単行本) 塙書房

審議会・委員会活動

  • 続日本紀研究会 代表 1995年〜1996年
  • 中国トイレ調査団 2000年
  • 日本トイレ協会シンポジウムパネラー 2002年
  • 広島史学研究会 評議員 2003年〜現在
  • 近代従軍日記研究会 代表 2007年〜2013年
  • 長田区民まちづくり会議 委員 2014年〜2016年
  • 震災資料研究会 代表 2014年〜現在に至る
  • 長田区 審査員 2015年

地域貢献活動

  • 2016年度 人・街・ながた震災資料室 協働で、「夜間中学校・丸山中学校西野分校を学ぶ」を展示発表
  • 2015年度 神戸市立地域人材支援センター 「まちの文化祭」に「長田区のお地蔵さん調査」を成果発表
  • 2014年度 旧ジョネス邸を次世代に引き継ぐ会 最後の所有者元最高裁判事山田作之助関係資料の寄託(最終的に、神戸学院大学が寄託受け入れ)保存
  • 2014年度 神戸市長田区本町筋商店街振興会及び神戸村野工業高校 商店街個店配置の「ゆるキャラロボット」の開発と「ゆるキャラロボット」及び「ゆキロ」の登録商標申請(受理済)
  • 2013年度 こうべ長田TMO 神戸長田・鉄板こなもん祭りに連携参加(2014年度も参加)
  • 2012年度 神戸市立駒ヶ林小学校 統廃合前の旧二葉小学校及び旧長楽小学校関係資料調査
  • 2011年度 人・街・ながた震災資料室 自治労が実施した「震災復興支援活動」に関して自治労中央本部元執行委員に対する聞き取り調査を合同実施
  • 2009年度 旧二葉小学校保存・活用検討委員会 旧神戸市立二葉小学校の保存と活用に関する検討委員会に参加(現在は、神戸市立地域人材支援センターに)
  • 2009年度 人・街・ながた震災資料室 阪神・淡路大震災時自治労が実施した「震災復興支援活動」に関する聞き取り調査を合同実施
  • 2008年度 神戸市長田区新長田地区商店街連合会 神戸長田潮汲み夏祭りに連携参加(〜2014年度まで継続実施)
  • 2008年度 神戸市長田区大正筋商店街 商店街の夏祭り「大縁日」に連携協力(〜2010年度まで)
  • 2007年度 神戸市長田区大正筋商店街 商店街の記憶を取り戻すイベント「震災前・震災当時・復興後」を共同主催
  • 2006年度 神戸市立板宿小学校 1泊避難所体験教育プログラム実施
  • 2004年度 人・街・ながた震災資料室 所蔵の震災資料の調査と目録作成(2006年度仮目録完成)

講演会実績

  • 2015年7月28日 兵庫県教育委員会事務局 講義「支援の心構え」 体験活動「避難所設置、仮設トイレの設置」
  • 2013年1月10日 兵庫県立須磨友が丘高等学校 模擬授業
  • 2012年12月6日 兵庫県立須磨友が丘高等学校 模擬授業

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 奈良・平安時代の法律と貴族社会
  • 大学の教室を飛び出し、地域のなかで「学ぶ」重要性
  • トイレからみた日本の文化
  • 地震災害時には、必ず「トイレ対策」が大切
  • 阪神・淡路大震災時の避難所資料から、近未来の南海トラフ地震を生き抜く「神戸の教訓」・「現場のノウハウ」を学ぶ
  • 震災資料から学ぶ地震災害時の避難所
  • 平安京は糞まみれの都だったのか

自己PR・共同研究の提案等

  • 地震災害時には、多くの「災害弱者」が顕在化し、その対策が重要になります。阪神・淡路大震災を経験した神戸の体験とノウハウを調査・研究し発信する協働研究をしたいと思っています。
  • また、日本の文化を考えるうえで、「トイレ」を抜きにしては語ることができない重要なジャンルであると思っています。建築学・心理学・考古学・歴史学・民俗学・教育学など様々な分野からアプローチができるのが、「トイレ」学です。皆さんと「トイレ」のウンチク学を勉強できる機会があればいいと思っています。
  • 阪神・淡路大震災の「記録」・「記憶」を、学生とともに学び未来に継承し活用する試み

担当科目

  • 女と男の文化
ページトップへ