1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 人文学部
  6. 熊田 俊二

情報の公表 - 教員総覧(人文学部)

熊田 俊二(クマタ シュンジ)

熊田 俊二(クマタ シュンジ)

1950年4月生まれ

所属
人文学部 人文学科
職名
教授

学歴・取得学位

大阪市立大学文学部 1974年(卒業)
大阪市立大学大学院文学研究科前期博士課程 1977年(修了)
文学修士〔1977年3月(大阪市立大学)〕

主な職歴

1977-1979 大阪府立柴島高等学校
1979-    神戸学院大学
1989-1991 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員

所属学会

日本英語学会、日本ルイス・キャロル協会

主な研究分野

日英語対照研究・認知意味論(プロトタイプ、スキーマ、多義語、不変化詞)

主な研究課題

プロトタイプ理論を中心とした英語基礎語彙の研究
前置詞、副詞の意味論
基礎語彙の日英対照研究

主な研究業績

  • 2015 句動詞と多義性について 単著 大学・研究所等紀要 pp.31-41
  • 2013 身体に関する表現の日英比較 単著 大学・研究所等紀要 pp.27-39
  • 2011 前置詞onとinについて 単著 大学・研究所等紀要 pp.33-43
  • 2005 接続詞before・afterの用法について 単著 大学・研究所等紀要 pp.31-39
  • 1998 前置詞ofの意味について 単著 大学・研究所等紀要 pp.127-136
  • 1996 空間を表す語とプロトタイプ(単行本)共著 あぽろん社 pp.83-97

講演など協力可能なテーマ及び実績

英語の基本的な語の意味理解と英語学習への応用について

自己PR・共同研究の提案等

外国語としての英語学習において、私たちはイディオムや前置詞などは理屈ぬきに暗記するものと諦めている。しかし、英語を母国語とする人たちがイディオム等をどのように認知し、処理しているかを調べてみると、私たちのするような暗記の仕方とは違うように思われる。母国語話者がイディオムや前置詞をどのように理解しているかを研究することで外国語学習への寄与、および母国語を含む言語活動そのものに対する認識が深まるようになればいいと考えています。

ページトップへ