1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 人文学部
  6. 土井 晶子

情報の公表 - 教員総覧(人文学部)

土井 晶子(ドイ アキコ)

1966年8月生まれ

所属
人文学部 人間心理学科
職名
教授

学歴・取得学位

1989年 神戸女学院大学文学部英文学科 卒業
2005年 神戸女学院大学大学院人間科学研究科博士後期課程 単位取得満期退学
2007年 博士(人間科学)

主な職歴

  • 1989年-1991年 全日本空輸(株)大阪空港支店
  • 2005年-2009年 神戸市立長田中学校/兵庫県立宝塚東高校スクールカウンセラー
  • 2005年-    神戸女学院大学非常勤講師
  • 2005年-    大阪労災看護専門学校非常勤講師
  • 2005年-2014年 国土交通省近畿運輸局 「こころの相談窓口」カウンセラー
  • 2005年-    (独)大阪産業保健推進センター産業保健相談員/メンタルヘルス支援センター相談員
  • 2006年-2009年 京都女子大学・京都女子大学短期大学部非常勤講師
  • 2009年-    神戸学院大学人文学部人間心理学科准教授
  • 2014年-    陸上自衛隊姫路駐屯地カウンセラー
  • 2015年-    神戸学院大学人文学部人間心理学科 教授

所属学会

日本心理臨床学会、日本人間性心理学会(第11期編集委員)、日本教育心理学会、World Association for Person-Centred and Experiential Psychotherapy and Counseling、International Positive Psychology Association、日本産業カウンセリング学会、日本産業精神保健学会、日本産業衛生学会、日本産業ストレス学会

主な研究分野

臨床心理学(フォーカシング、メンタルヘルス、ポジティブ心理学、グループ・アプローチ)

主な研究課題

  • 産業臨床、職場のメンタルヘルス、ポジティブメンタルヘルス
  • フォーカシングの理論と実践、フォーカシング指向心理療法
  • キャリアカウンセリング、キャリアデザイン
  • ポジティブ心理学に基づく自分の「強み」を活かしたセルフケア、リーダーシップ開発、対人援助職支援

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C) 代表 職場と教育現場のためのポジティブメンタルヘルス推進プログラムの開発と展開 2016年度〜2018年度
  • 基盤研究(C) 分担 セルフデザイン・リーダーシップ:個人の強みを活かすリーダー研修プログラムの開発 2013年度〜2015年度
  • 基盤研究(C) 代表 フォーカシングとグループ・アプローチを活用した対人援助職支援の研究 2011年度〜2013年度

共同研究・受託研究

  • 日本人間性心理学会自主プログラム助成 代表構成員 ファシリテーション研究会 日本人間性心理学会 2012年度

主な研究業績

  • 【著書】 2013年 フォーカシングはみんなのもの:コミュニティが元気になる31の方法 分担執筆 創元社 キャリアデザイン:「人生の色」ワーク、pp.106-109.
  • 【著書】 2012年 人間性心理学ハンドブック 分担執筆 創元社 p.204
  • 【著書】 2004年 ホールボディ・フォーカシング:アレクサンダー・テクニークとフォーカシングの出会い 共著 コスモス・ライブラリー(単行本)
  • 【学術論文】 2014年 産業保健スタッフのためのポジティブメンタルヘルス研修の試み 単著 『産業精神保健』(学術雑誌) 第22巻、第4号、pp、305-309
  • 【学術論文】 2014年 Institutional and individual forms of instrument violence: variations across culture and gender 共著 Journal of Arts and Social Sciences(学術雑誌) 1(2), 2-19.
  • 【学術論文】 2013年 College students' perceptions of intimate partner violence: A comparative study of Japan, China, and the United States. 共著 International Journal of Conflict and Violence(学術雑誌) 7(2), 261-273.
  • 【学術論文】 2006年 フォーカシング指向心理療法における「体験的傾聴」の特質と意義:語りに「実感」が伴わないクライエントとの面接過程から 単著 人間性心理学研究 (学術雑誌) 第23巻、第2号、pp.11-22.
  • 【学術論文】 2003年 How Getting in Touch with Feelings Happens: The Process of Referencing. 共著 Journal of Humanistic Psychology(学術雑誌) 43 (4), 87-101.

審議会・委員会活動

第一回アジア・フォーカシング国際会議 アドバイザー(準備委員) 2016年〜2017年
日本フォーカシング協会 国際交流グループ グループリーダー(協会執行部役員) 2008年〜2014年

講演会実績

  • 2016年9月13日 日本通運(株) 管理監督者のメンタルヘルス
  • 2016年7月22日 (財)明石市振興協会 ポジティブ心理学:やる気と元気を引き出すコミュニケーション
  • 2015年2月20日 明石市立高齢者大学あかねが丘学園 心のケア〜卒業後も健やかに
  • 2014年2月7日 明石市立高齢者大学あかねが丘学園 心のケア
  • 2012年10月1日 創元社 心理学セミナー「ライフデザイン・ワークショップ」
  • 2012年2月1日 三菱重工梶@元気が出るコミュニケーション
  • 2012年1月1日 NHK奈良放送局 ストレスをやり過ごすセルフケア
  • 2010年11月1日 日本産業カウンセラー協会 日本産業カウンセラー協会中部支部ワークショップ「フォーカシング指向エンカウンター・グループ」
  • 2009年12月1日 (財)明石市振興協会 神戸学院大学公開セミナー「職場のメンタルヘルス」講師

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • ポジティブメンタルヘルス:ポジティブ心理学・メンタルヘルス研修
  • 産業メンタルヘルス・ストレスマネジメント・セルフケア・ラインケア(一般および管理監督者対象)研修・講演
  • フォーカシング(アメリカ、The Focusing Institute認定Focusing Trainerとしてワークショップ、研修の実施)
  • エンカウンターグループのファシリテーターとしてグループワーク研修の実施
  • MBTI(マイヤーズ・ブリッグズ性格検査)を活用したライフデザイン・ワークショップ

その他

民間企業に勤務していた経験を活かし、企業向けのメンタルヘルス研修やカウンセリング活動、キャリア・デザインのワークショップを行っています。
マイナスを減らすことよりも、その人の「強み」や「持ち味」に着目するという「ポジティブメンタルヘルス」の観点から、可能性を自ら見出していくためのコミュニケーション研修・メンタルヘルス研修などを、体験型のワークショップ形式で実施しています。

ページトップへ