神戸学院大学

大学紹介

森下 美和

(モリシタ ミワ)
森下 美和

シーズ集

所属
グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 英語コース
職名
准教授

学歴・取得学位

  • 神戸大学大学院 総合人間科学研究科(コミュニケーション論専攻) 博士前期課程 修了
  • 神戸大学大学院 国際文化学研究科(グローバル文化専攻) 博士後期課程 修了
  • 博士(学術)[2011年3月(神戸大学)]

主な職歴

  • 2008年-  神戸学院大学経営学部 講師
  • 2013年-  神戸学院大学経営学部 准教授
  • 2014年-  早稲田大学情報教育研究所 招聘研究員 現在に至る
  • 2015年-  神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部 准教授 現在に至る
  • 2015年-  明治大学サービス創新研究所 客員研究員 現在に至る

所属学会

大学英語教育学会(関西英語教育学会/会計監査)、全国英語教育学会(関西支部研究企画委員)、 電子情報通信学会思考と言語研究会(幹事、会計)、日本英語教育学会(編集委員)、 ことばの科学会(外部査読者)、Cognitive Science Society(外部査読者)、 日本認知科学会(外部査読者)、外国語教育メディア学会

主な研究分野

心理言語学,英語教育学(キーワード:統語的プライミング、インタラクション)

主な研究課題

  • 日本人英語学習者の言語運用に関する心理言語学的研究
  • 語彙/統語処理の自動化を促進する学習・指導法
  • 通訳・翻訳と異文化コミュニケーション

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(B)(一般)連携 ICTによる観光資源開発支援:心理学的効果を応用した期待感向上 2017年度~2021年度
  • 基盤研究(C)連携 高度翻訳知識に基づく高品質言語サービスの研究 2017年度~2019年度
  • 基盤研究(C) 代表 英語コミュニケーションにおける統語的プライミングを利用した統語処理の自動化促進 2016年度~2018年度
  • 基盤研究(B)(一般) 連携 日本人英語学習者のインタラクション(相互行為)を通じた自律的相互学習プロセス解明 2015年度~2019年度
  • 基盤研究(A)(一般) 連携 学習による気づき・注意機能および相互的同調機能と第二言語情報処理の自動化プロセス 2014年度~2018年度
  • 挑戦的萌芽研究 連携 日本人英語学習者のリスニングと統語情報処理の自動化に関する心理言語学的研究 2012年度~2014年度
  • 基盤研究(C)(一般) 代表 日本人英語学習者のスピーキングにおける統語処理プロセスに関する心理言語学的研究 2011年度~2013年度

共同・受託研究

  • 神戸学院大学研究助成C 代表 災害時に備えた言語支援の在り方:関西在住外国人と訪日観光客へのインタビューに基づく調査 2016年度
  • 神戸学院大学教育改革助成金 代表 CALL教室を活用した「資格対策演習I」クラスにおける授業内調査 2015年度
  • 神戸学院大学研究助成C 代表 効果的な海外研修プログラム開発に向けた多角的英語力調査 2015年度
  • 神戸学院大学教育改革助成金 代表 EGC (English for General Communication) 教材の開発および効果の検証 2014年度
  • 神戸学院大学研究助成C 代表 英語コミュニケーション能力を伸ばす学習法・教材の開発のための疑問文運用能力調査 2014年度
  • 神戸学院大学研究助成C 代表 語順整序問題を使用した統語処理トレーニングの長期的効果:授業実践に基づく検討 2013年度
  • 神戸学院大学研究助成C 代表 統語処理のトレーニングが初級英語学習者のスピーキング能力に及ぼす影響:CALL教室を活用した授業実践に基づく考察 2012年度

主な研究業績

  • 【研究論文】 in press Production of wh-questions by Japanese EFL learners: Preliminary classroom data collection 共著 Linguistic Research 32 (Special Edition), 1-13
  • 【研究論文】 in press インタラクションはプライミングを引き起こすか:自然な対話における統語的プライミング効果の検証に向けて 単著 日本英語教育学会第46回年次研究集会論文集
  • 【研究論文】 2016年12月 日本人英語学習者の応答練習における語彙的プライミング:自然なインタラクションにおけるプライミング効果 共著 電子情報通信学会技術報告(信学技報)TL2016-64, vol. 116, No. 368 133-137
  • 【研究論文】 2016年6月 言語技術の言語評価への応用:多様な英語能力の測定 共著 電子情報通信学会技術報告(信学技報)TL2016-9 / NLC-9, vol. 116, No. 77 41-46
  • 【研究論文】 2014年1月 Question forms produced by Japanese EFL learners in dialogue contexts: A pilot study for a syntactic priming experiment  単著 The Journal of Language and Literature 33, 201-218
  • 【研究論文】 2013年3月 The effects of interaction on syntactic priming: A psycholinguistic study using scripted interaction tasks 単著 ARELE (annual review of English language education in Japan)  24, 141-156
  • 【研究論文】 2013年3月 The effects of lexical processing and proficiency on syntactic priming during sentence production by Japanese learners of English 共著 ARELE (annual review of English language education in Japan)  24, 189-204
  • 【研究論文】 2013年3月 短期海外研修プログラムが日本人英語学習者の音声言語処理能力にもたらす効果  単著 『英語教育研究』 第36号, 41-50
  • 【研究論文】 2012年5月 How training with syntactic structures affects syntactic priming during the language production of novice Japanese EFL learners 単著 Journal of the Japan Society for Speech Sciences 13, 41-63
  • 【研究論文】 2011年10月 How the difference in modality affects language production: A syntactic priming experiment using spoken and written sentence completion tasks 単著 JACET Journal 53, 75-91
  • 【著書】 2014年3月 外国語運用能力はいかに熟達化するか-言語情報処理の自動化プロセスを探る  共著 松柏社 113-135
  • 【実践報告】 in press ビジネス通訳クラスにおけるノートテイキング 単著 ことばの科学研究第18号

審議会・委員会活動

  • 社団法人大阪港振興協会 ポートアテンダント 2002年4月~
  • 一般社団法人日本秘書協会 CBS(国際秘書) 2001年12月~
  • 国土交通省 英語通訳案内士(兵庫県免許10759号) 1999年12月~

地域貢献活動

  • 2014年度 ESDに関するユネスコ世界会議 エクスカーション通訳(岡山県)
  • 2014年度 第32回高校生英語スピーチコンテスト 西播磨地区大会 審査委員長
  • 2013年度 ASEAN観光連盟国際会議 レセプション・商談会通訳(和歌山県)

講演会実績

  • 2015/7/8 第3回早稲田大学・同志社大学共同SDワークショップ 国際教育の展開における外部機関との連携・アウトソーシング

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 心理言語学の外国語学習への応用
  • TOEIC、TOEFL iBT、ビジネス英語関連の公開セミナー、集中講義など

自己PR・共同研究の提案等

心理言語学実験を通して、日本人英語学習者の言語処理について研究しています。研究から得られた知見を授業実践に活かし、さらに現場での経験を研究にフィードバックしていきたいと思っております。